NISSAN STADIUM 日産スタジアム

文字サイズ

NSAA

スタッフ&会員からのメッセージ
会員の声…G5:小瀬村 誠治さん (2007年3月29日入会)
天は二物を与えず
 『天は二物を与えず』という諺がありますが、今年の3月、私は何にも与えられていないことに気付きました。
 実は、一昨年50歳になったのをきっかけに健康管理を目的としてマスターズに参戦しましたが、次第に勝つことと記録を意識し始めました。しかし、100m走一つを見ても、高校生の時の記録14.5秒を超えることはできませんでした。
 そんな時(今年の3月)、高野先生が自ら指導されているNSAAの存在を知り、はじめは、陸上競技の聖地日産スタジアムで練習ができることに誘惑(つら)れて入会しました。アッ、文章が緊張している。文章もストレッチ、ストレッチ。
 今では優秀なスタッフに誘惑(つら)れて練習会に参加しています。今年の東京マスターズで自己ベストとなる13.67秒(-2.7)で100mを駆け抜けました。NSAAで練習を続ければ来シーズンは12秒台が出ると確信しています。
 練習会のキーワードは「二軸」、「肩甲骨」、「体幹バランス」、「すり足走」、そして「四肢滅裂」です。あッ「四肢滅裂」ではなく、「四肢同調」です。この「四肢同調」が最も重要で、高野先生が一流の指導者であるかどうかは、実は私たちの腕、ではなく脚にかかっています。
 優秀なコーチと仲間に恵まれれば

『練習ハ不可能ヲ可能ニス』です。

 ところで、私の解析では、世界陸上大阪の女子200m決勝において、アリソン・フェリックスのスタートは、明らかにNSAAで練習しているそれとはまったく違うように見えます。
スタート3歩(1.00秒)で上半身は起き、しかし、隣を走るベロニカ・キャンベルと比べても、その時点で見劣りしない加速力でした。その強さはどこにあるのでしょうか?
ちなみに、キャンベルは12歩(2.98秒)で上半身が起きています。
また、男子200m決勝において、タイソン・ゲイは11歩(2.88秒)でした。
明日、高野先生に聞いてみよット。

春よ来い、早く来い。

G5メンバー集合写真
和気あいあいと楽しく厳しく!?練習しています。
プライバシーマーク 本サイトに関わる著作権、その他一切の権利は公益財団法人横浜市体育協会に帰属します。本サイトの一部または全部について、無断転載、複製などの行為を禁止します。また、本サイトを利用することによって利用者が損害を受けるようなことが起きた場合、いかなる場合においても当協会は責任を負いません。他のサイトからこのホームページにリンクを張る場合は、事前に連絡をしてください。

PAGE TOP