NISSAN STADIUM 日産スタジアム

文字サイズ

NSAA

スタッフ&会員からのメッセージ
大会に出場するためには??
この暑い夏、いかがお過ごしでしょうか?
夏と言えば、スポーツの祭典が数多く開催される時期ですね。
多くの話題を振りまいた、甲子園(全国高校野球選手権大会)や、沖縄で開催されたインターハイ(全国高等学校総合体育大会)、好記録が続出した全中(全国中学校体育大会)、など、テレビや新聞はスポーツ一色だったと思います。

そんな様子を見て、「私も活躍したい!!」と思った方も少なくないのではないでしょうか?
さて、今回はそんな皆様に、活躍するための舞台、そう、『大会』に出場するための方法をお教え致します。
NSAAは陸上競技のアカデミーなので、陸上競技に限定しておりますのでご了承ください。
それでは、ご覧下さい!!

ステップ(1) 大会に申し込もう!

●陸上競技場で開催される大会

1.小学生
基本的には出場したい大会があれば自由に申込できます。
事前に何かに個人で登録する必要はありません。
ただし、小学1年生〜3年生は出場できる大会が少ないです。
主に4年生から試合に出場できます。
NSAAでは関東小学校陸上競技連盟にチーム登録しているので試合の情報などは入ってきますが、横浜近隣に限られているので地域の体育協会や陸上競技協会に直接問い合わせて、大会要項などを取り寄せるのがベストです。
個人で申し込むことも所属するクラブチームでまとめて申し込むことも出来ます。

大会要項などの書類を取り寄せたら、申込用紙に必要事項等を記載し、要項にしたがって申し込みます。(郵送やメールが多いです)

2,中学生以上
まずは、日本陸上競技連盟に登録(陸連登録)することが必要になります。
ほとんど全ての競技会が日本陸連公認の競技会になります。
陸連登録しなくても試合に出ることは可能ですが、出場可能な試合には限りがあり、記録は非公認になります。
例えば、陸連登録をせずに100mで世界記録(9秒58)を越えたとしても、それは世界記録として認められません。
主に学校の部活やクラブチーム単位で陸連登録を行いますが、チームに所属していなくても個人で陸連登録することも可能です。
NSAAでも陸連登録を行っており、現在約20名の会員様がNSAA所属で陸連登録をし、大会に出場しています。

なお、NSAAのみで陸連登録をした場合、各連盟(中体連、高体連、学連など)が主催する各競技会に出場することは出来ません。各連盟が主催する各競技会に出場するためには、各学校の部活において陸連登録をすることが必要になります。
部活動がない学校の場合で各連盟が主催する大会に出場したい場合は学校の先生に問い合わせましょう。臨時で部活動を作ってくれる場合もあります。

また、中学生のみ、中学校と他のチーム(NSAAのようなチーム)で陸連に重複登録することが可能です。
メリットとして、中学校単位で中体連主催の大会に出場することも出来れば、NSAAのようなクラブチーム単位で学校の垣根を越えた仲間同士でリレーを組んだりして試合に出場することが出来ます。
ただし、同一の大会に同一人物が2つの所属にまたがって出場することは出来ません
(例:個人種目は中学校の所属、リレーはNSAAの所属)

大会への申込は基本的にチームの連絡責任者が行います。NSAAに関しても同様ですが、事前に連絡さえ頂ければNSAA所属の会員様は個人で申し込んで頂くことも可能です。
主に地域の陸上競技協会や近隣の大学(大学で競技場を持っているところは記録会を実施していることもあります)に問い合わせることで大会の情報を得ることが出来ます。

大会要項などの書類を取り寄せたら、申込用紙に必要事項等を記載し、要項にしたがって申し込みます。(郵送やメールが多いです)

また、35歳以上になるとマスターズ陸上というものがあり、これは日本陸上競技連盟とは一線を画しているものになります。競技成績に関係なく誰でも参加ができる陸上として各地域で普及をしています。
マスターズ陸上競技連盟と日本陸上競技連盟の重複登録も可能で、TPOに合わせた陸上を楽しむことが出来ます。
NSAAの会員様の中にも、マスターズ陸上でご活躍されている方が多くいらっしゃいます。

規模が大きくなればなるほど、出場のために標準記録が設けられることがあります、頑張って突破しましょう!

●ロードレース(マラソン大会など)

年代による申込方法等の違いはありません。
ロードレースは陸上競技場での競技会と異なり、日本陸連公認のものとそうでないものがあります。
基本的に、ロードレースに出場する場合、陸連登録はしていなくても全く問題ありません。
ただし、陸上競技場での競技会と同様、日本陸連公認のロードレースでもし日本記録を越えたりした場合、陸連登録をしていれば公認されますが、していない場合は非公認となります。
ほとんどの市民ランナーの皆さんは陸連登録をせずに自由に楽しく走っていると思います。

ロードレースに関しては全国各地で数多く行われていますので、雑誌やインターネットを用いて検索をすれば大会情報がたくさん見つかります。
あとは、それらの情報に従って申し込みます。

ステップ(2)さぁ、大会当日!!

まずは大会本部に向かいます。
ここで大会出場に必要なナンバーカードなどを受け取ります。
ロードレースなどのマラソン大会は、申し込んだ後に郵送などでナンバーカード引換券のようなものが送られてくることが多いですので、大会当日は必ずカバンの中に入れて行きましょう!
ロードレース以外の陸上競技の大会に関しては、引換券のようなものを用いることは少なく、大会本部の受付にて直接受け取る形になります。
個人で申し込んでいる場合はその本人が、団体で申し込んでいる場合はその責任者が受け取りに行くことが基本です。
大会本部にて氏名、もしくは所属名を伝えましょう。

出場費用は、事前に振込や現金書留などで支払うケースがほとんどですが、ごく稀に当日支払うケースもあります。
大会によって仕様が異なりますので、必ず大会要項は熟読しましょう。

ステップ(3)さぁ、もうすぐ本番!!

プログラムには、競技開始時間が掲載されています。
自分の種目の時間に合わせてウォーミングアップをし、準備を整えます。
しかし、ここで注意しなければならないことがあります。
競技開始時間にスタート場所に行くことよりも、まずは選手招集時間に招集場所に行き、点呼を受けなければなりません。(ロードレースの場合はない場合もあります)
これを怠ると、ほとんど100%失格になります。
ですので、必ずプログラムをしっかり読み、自分の該当する時間と場所をチェックし、ウォーミングアップの前に下見をすると良いでしょう。

点呼を受けたら、係の人が誘導してくれます。
集中して頑張りましょう!!

※その他に注意すること

大会当日は緊張していることがほとんどです。
しかも初めて来る会場であったりすることもあるでしょう。
そういう時は、まず必ず会場の下見をしましょう。
お手洗いの場所、水飲み場の場所、自動販売機の場所、選手招集場所など、チェックする項目は必要に応じてたくさんありますので、しっかりと心構えをしましょう。

いかがでしたでしょうか?
ただ単に大会1つでも、いくつかのステップを踏むことで皆さんはスタートラインに立つことが出来るのです。
部活動に所属している方は、なかなかステップ(1)のような細かい決まりを知らないことが多いかと思います。
しかし、ここ最近は色々な場所でスポーツをすることが出来る機会が増えています。そういった中で、間違えた登録などしてしまっては、周りの人に少し迷惑をかけてしまうこともあるかもしれません。
基本的には責任者の方がルールを把握しているので問題はないと思いますが、ちょっとした豆知識としていかがでしょうか?
また、NSAAで陸上をしてみたいなと思っている方、このようにNSAAでは、陸上の大会に正式に出場することが出来、実際に県大会や関東大会まで進出している会員様もいらっしゃいます。
技術や力に差は当然ありますが、目指す目標の方向性は皆さん一緒です。

NSAAには体験コースもございます。
ぜひ、一度NSAAに足を運ばれてはいかがでしょうか?

NSAAでは、会員の皆様へ、走ること以外にも運動に有益な情報を提供しています!!

お問合せ先はこちら
NSAA事務局
TEL:045-471-8460
FAX:045-471-8461

プライバシーマーク 本サイトに関わる著作権、その他一切の権利は公益財団法人横浜市体育協会に帰属します。本サイトの一部または全部について、無断転載、複製などの行為を禁止します。また、本サイトを利用することによって利用者が損害を受けるようなことが起きた場合、いかなる場合においても当協会は責任を負いません。他のサイトからこのホームページにリンクを張る場合は、事前に連絡をしてください。

PAGE TOP