NISSAN STADIUM 日産スタジアム

文字サイズ

NSAA

正しい水分補給のしかた!
みなさんこんにちは!
春真っ盛りのこの季節、学校によっては運動会間近かという方も多いのではないでしょうか。

昨年、『運動会応援プロジェクト』と題して、

勝ちメシはこれだ
靴の履き方、選び方
プロの勝ち方!ビクトリーロード!!

これらの3題をお伝えしたかと思いますが、新年度に入り、ますます運動会に対する疑問が増えた、というお声をチラホラ耳にいたします。

そこで、今回は復活、『運動会応援プロジェクト』
第4弾!!

運動の時って喉が渇くこと、多いですよね。
たくさん運動すると、汗をいっぱいかきます。
汗として流れ出た水分を補うのは、口からの補給以外に方法がありません

正しい補給方法なんて、みなさん考えたことありますか?

そこで、今回は「正しい水分補給のしかた!」

どうぞご覧ください!

NSAAティーチングスタッフ 三浦 学


常温、5~15℃に冷やしたものが最適です。
⇒飲み物の温度が持つ目的は、身体内に溜まった熱を放散させることです。よって、このくらいの温度が適しているでしょう。

ミネラル分が必要です
⇒発汗などにより身体から失われたミネラル分を補給することが、水分補給の大きな目的です。よって、炭酸飲料やカロリーゼロ飲料、お茶、紅茶、コーヒーなどは、スポーツには不向きです。身体内の組成に近い成分のスポーツドリンク(市販のスポーツドリンクを半分に薄めたものが目安)が最適です。
具体的には、塩分濃度0.1~0.2%、糖度3~5%が最適と言われています。
塩分は、ミネラル分の補給と身体への吸収力を高める働き、糖分は吸収を良くする作用と飲みやすさ、と言ったそれぞれの効果があります。



運動直前(30分くらい前)に、250ml~500ml程度を数回に分けて飲む(ガブ飲みはNG!!)

1回に、1口~200ml程度まで(軽く潤す程度がベスト)

発汗等によって減った体重分を補う量を、数回に分けて飲む(ガブ飲みはNG!!)

水分補給のタイミングの、最大のポイントは…、

喉が渇いたな、と思う前に飲む!!


水分補給に関すること、身近なことでも案外知らなかったということが多かったのではないでしょうか。

単なる液体でも、持っている力は絶大です。
正しく飲むか否かが、スポーツパフォーマンスの差にも影響してきます。

特に運動会は朝から晩まで、長丁場です。
そういった中で、いかに適切な水分補給をすることが、1日中ベストパフォーマンスを発揮し続けるコツになるでしょう。

正しい水分補給の方法が身に付くと、スポーツ以外の場面でも応用が効きますし、広く言えば健康的な栄養補給の1歩になりますね。

春に運動会を迎える皆さん、頑張ってください!

そして、これを見たお父さん、お母さん。お子さんのカバンの中には、この「正しい水分補給のしかた!」でご紹介したスペシャルドリンクを入れてあげてくださいね!

NSAAでは、会員の皆様へ、走ること以外にも運動に有益な情報を提供しています!!

参考文献 WEBサイト
「熱中症、熱射病、日射病のHP」
http://www.heat.gr.jp/condition/supply.html





プライバシーマーク 本サイトに関わる著作権、その他一切の権利は公益財団法人横浜市体育協会に帰属します。本サイトの一部または全部について、無断転載、複製などの行為を禁止します。また、本サイトを利用することによって利用者が損害を受けるようなことが起きた場合、いかなる場合においても当協会は責任を負いません。他のサイトからこのホームページにリンクを張る場合は、事前に連絡をしてください。

PAGE TOP