NISSAN STADIUM 日産スタジアム

文字サイズ

施設概要

施設概要

スタジアムヒストリー

日産スタジアム(旧名称:横浜国際総合競技場)は、国土交通省(当時建設省)が事業を進める「鶴見川多目的遊水地」の上部を利用して、横浜市が横浜総合運動公園整備事業の中で、その公園の中核施設として建設されたものです。平成6年1月に競技場建設に着手し、平成9年10月に竣功、10年3月にオープンしました。

1981年(昭和56年)~

1981年 ●建設省が遊水池計画策定
1984年 ●建設省が用地買収着手
1989年
2月
●新横浜に国体の主会場となる総合競技場計画を市会で発表
1990年
6月
●教育委員会事務局に総合競技場整備室を設置
3月 ●神奈川国体(平成10年)秋期大会主会場に決定
1991年
6月
●2002 FIFA ワールドカップTM 日本招致委員会設立
1992年
1月
●横浜市が用地買収に着手

建設前の風景
建設前の風景
6月 ●所管を緑政局横浜総合運動公園整備室へ移管
●収容人員が7万人に決定
7月 ●2002 FIFA ワールドカップTM 国内開催候補自治体に立候補
1993年
1月
●横浜総合運動公園整備事業を都市計画決定
    2002 FIFA ワールドカップTM国内開催候補地に決定
4月 ●2002 FIFA ワールドカップTM 招致横浜市委員会設立
1994年
1月
●横浜国際総合競技場着工

建設工事当初
建設工事当初
1996年
5月
●2002 FIFA ワールドカップTM 日韓共催を決定
12月
●2002 FIFA ワールドカップTM 開催地決定

平成8年建設風景
平成8年建設風景
1997年
3月
●横浜市公園条例が改正(横浜国際総合競技場の名称・料金が決定)
1997年
4月
●競技場の管理運営を(財)横浜市スポーツ振興事業団へ委託

芝下のヒーティングパイプ工事
芝下のヒーティングパイプ工事
10月 横浜国際総合競技場竣功

1998年(平成10年)

3月 ●横浜国際総合競技場がサッカー・ダイナスティカップ でオープン。
 日本 vs 韓国 (59,380人)

競技場初ゴールの中山選手
(写真提供:神奈川新聞)
競技場初ゴールの中山選手
●Jリーグオープニングゲーム
    横浜マリノス vs 横浜フリューゲルス  (52,083人)
4月 ●スポーツコミュニティプラザ・オープン
●ウイダー日英学生ラグビー対抗戦(15,500人)

日英学生ラグビー
 (写真提供:神奈川新聞)
日英学生ラグビー
5月 ●キリンカップ・サッカー1998開催
    日本 vs チェコ  (66,930人)

熱狂するサポーター
(写真提供:神奈川新聞)
熱狂するサポーター
6月 ●補助競技場竣功
7月 ●多目的運動広場(暫定)竣功
8月 ●Jリーグ・オールスター開催
   J-WEST vs J-EAST  (60,566人)
9月 ●最後のJリーグ横浜ダービー
    フリューゲルス vs マリノス  (53,598人)
10月 ●補助競技場,多目的運動広場の暫定供用開始)
●「かながわ・ゆめ国体」開催(6日間-157,627人)

かながわ・ゆめ国体開会式
(写真提供:神奈川新聞
かながわ・ゆめ国体
11月 ●身体障害者スポーツ大会 「かながわ・ゆめ大会」開催
(2日間-135,856人)

かながわ・ゆめ大会聖火リレー
(写真提供:神奈川新聞)
かながわ・ゆめ大会聖火リレー

1999年(平成11年)

6月 ●キリンカップ・サッカー1999開催
  日本 vs ペルー  (67,354人)
7月 ●新横浜公園レストハウス完成
8月 ●2002 FIFA ワールドカップTM の決勝戦会場に決定
●初のコンサート開催
    (B'z-2日間140,000人)

B’zコンサート
B’zコンサート

2000年(平成12年)

3月 ●国際総合競技場VIP席、記者席に庇設置
6月 ●キリンカップサッカー2000
    日本 vs ボリビア(65,073人)

キリンカップサッカー
(写真提供:神奈川新聞)
キリンカップサッカー
8月 ●スポーツコミュニティプラザ来場50万人達成
9月 ●太洋技建スーパー陸上競技大会(39,458人)

スーパー陸上競技大会
国際陸上競技大会
●シドニー五輪サッカー放映
  (クローズドサーキット   4日間45,130人)
12月 ●Jリーグチャンピオンシップ   
    横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ (41,595人)

2001年(平成13年)

1月 ●アクセンチュアドリームサッカー
    日韓オールスターズ vs 世界オールスターズ
  (46,740人)

アクセンチュアドリームサッカー
アクセンチュアドリームサッカー
3月 ●横浜国際総合競技場の観客席の増席
  (70,564席→72,327席)
5月 ●新横浜パフォーマンス(3日間   350,000人)
6月 ●コンフェデレーションズカップ準決勝
   日本 vs オーストラリア
  (48,699人)
●コンフェデレーションズカップ決勝
   日本 vs フランス  (65,335人)

コンフェデレーションズカップ
コンフェデレーションズカップ
9月 ●太洋技建スーパー陸上競技大会
15日(45,458人)

ハンマー投げ
ハンマー投げ
12月 ●「2001J.LEAGUE   AWARDS」にて「J1ベストピッチ賞」を受賞

西田場長とプレゼンターの中村選手
(写真提供:Jリーグフォト)
西田場長と中村選手

2002年(平成14年)

4月 ●キリンチャレンジカップ2002
17日   日本 vs コスタリカ(1-1)
 (64,788人)

観客席に巨大Tシャツ出現
6月 ●FIFAワールドカップ2002
   9日   H組ファーストラウンド
  日本 vs ロシア
  (1-0)  (66,108人)
   ※日本ワールドカップ初勝利
 
サポーターでいっぱいになった南ゲート
サポーターでいっぱいになった南ゲート
●FIFAワールドカップ2002
11日   E組ファーストラウンド
  アイルランド vs サウジアラビア
  (3-0)  (65,320人)

ワールドカップ仕様に装飾された東ゲート
ワールドカップに装飾された東ゲート
●FIFAワールドカップ2002
13日   G組ファーストラウンド
  エクアドル vs クロアチア
  (1-0)  (65,862人)

エクアドルとクロアチアのサポーター
エクアドルとクロアチアのサポーター
●FIFAワールドカップ2002   決勝戦
30日   20時キックオフ   
ドイツ vs ブラジル
     (0-2)  (69,029人)

優勝して歓喜に満ちるブラジル
優勝して歓喜に満ちるブラジル
8月 ●2002 INAS-FIDサッカー世界選手権大会   決勝戦
25日   イングランド vs オランダ゙
  (2-1)  (24,670人)

手を挙げて喜び優勝のイングランド
優勝したイングランドチーム
●コンサート開催「B’z   LIVE   GYM   2002」
30日・31日  (2日間144,000人)
9月 ●ポケットバンクスーパー陸上競技大会
16日  (27,513人)

スタート前の緊張の一瞬
スタート前の緊張の一瞬
12月 ●第23回トヨタ ヨーロッパ/サウスアメリカ カップ
3日   レアル・マドリード(スペイン) vs オリンピア(パラグアイ)
  (2-0)  (66,070人)

優勝したレアルマドリード
優勝したレアルマドリード

2003年(平成15年)

4月 ●   「2002FIFAワールドカップTM 記念展示オープン式典の開催」
「ワールドカップスタジアムツアーのオープン」 24日

モニュメント前で式典来賓の記念撮影
6月 ●第87回日本陸上競技選手権大会
6日~8日 (3日間:40,275人)

200mを日本最高記録で優勝した
末續慎吾選手(写真提供:フォートキシモト)
8月 ●横浜F・マリノス   J1   1stステージ優勝
2日  横浜F・マリノス vs ヴィッセル神戸
  (3-0)  (59,728人)

優勝して歓喜にわく横浜F・マリノス
●横浜F・マリノス vs レジーナ
  (1-2)  (54,335人)
●コンサート開催「スマップ」
23日・24日  (2日間140,000人)
●コンサート開催「サザンオールスターズ」
30日・31日  (2日間140,000人)
9月 ●スーパー陸上競技大会2003横浜
23日  (39,373人)  
11月 ●横浜F・マリノス   J1   完全優勝
29日   横浜F・マリノス vs ジュビロ磐田
  (2-1)  (43,283人)  
12月 ●東アジアサッカー選手権2003決勝大会
10日
第1試合   中国 vs 香港   
  (3-1)  (17,400人)
第2試合   日本 vs 韓国
  (0-0)  (62,633人)
 
試合前の日本代表選手
日本代表選手
●第24回トヨタ ヨーロッパ/サウスアメリカ カップ
14日   ACミラン(イタリア) vs ボカ・ジュニアーズ(アルゼンチン)
  (1-1)  (66,757人)

優勝したボカ・ジュニアーズ
優勝したボカジュニアの選手たち

2004年(平成16年)

5月 ●「新横浜公園スケボー広場」オープン   5日(初日利用者延べ200人)

オープン記念式典 参加者約100人
スケボー広場オープン記念式典
6月 ●横浜F・マリノス J1 1stステージ優勝(3ステージ連覇)
26日   横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ  (1-0)  (52,961人)
サポーターと優勝を喜び合う様子
7月 ●キリンカップサッカー2004
13日   日本 vs セルビア・モンテネグロ
  (1-0)  (57,616人)
キーパー川口選手
●コンサート開催「ロックオデッセー」
24日・25日  (2日間130,000人)
8月 ●ファミリーマートドリームマッチ
8日   横浜F・マリノス vs レジーナ  (2-1)  (35,751人)
●「しんよこフットボールパーク」オープン
22日(オープン初日無料開放利用者472人)
フットボールパークオープン初日の様子
9月 ●コンサート開催「ミスターチルドレン」
11日・12日  (2日間130,000人)
●スーパー陸上競技大会2004横浜
23日  (49,810人)
スーパー陸上・室伏選手他
11月 スポーツ振興事業団設立20周年記念エンジョイ!スタジアムラン
13日(参加者450人)
スタジアムランスタートの様子
12月 ●Jリーグチャンピオンシップ   
5日   横浜F・マリノス vs 浦和レッドダイヤモンズ
(1-0)  (64,899人)
チャンピオンシップ優勝トロフィー
●第25回トヨタ ヨーロッパ/サウスアメリカ カップ
12日   FCポルト(ポルトガル) vs オンセ・カルダス(コロンビア)
(0-0   PK8-7)  (45,748人)
●キリンチャレンジカップサッカー2004
16日   日本代表 vs ドイツ代表
(0-3)  (63,023人)

2005年(平成17年)

1月 ●キリンチャレンジカップ2005
29日   日本代表 vs カザフスタン代表   (4-0)   (46,941人)
3月 ●ネーミングライツ導入により施設名称変更
日産スタジアム←横浜国際総合競技場
日産フィールド小机←小机競技場
日産ウォーターパーク←スポーツコミュニティプラザ
7月 ●コンサート開催「ゆず」
23・24日  (2日間120,000人)
コンサート開催「ゆず」
8月 ●コンサート開催「SMAP」
6・7日  (2日間140,000人)
●2006FIFAワールドカップドイツ  アジア地区最終予選
17日   日本代表 vs イラン代表   (2-1)   (66,098人)
9月 ●スーパー陸上競技大会
19日  (42,800人)
スーパー陸上競技大会
10月 ●第36回  ジュニアオリンピック陸上競技大会
28・29・30日  (33,979人)
12月 ●FIFAクラブワールドチャンピオンシップ  トヨタカップ2005
15日 準決勝
リヴァプールFC(イングランド ヨーロッパ代表) vs デポルティーボ・サプリサ(コスタリカ 北中米カリブ海代表)
(3-0)  (43,092人)

18日 3位決定戦
デポルティーボ・サプリサ vs アル・イテハド(サウジアラビア アジア代表)(3-2)

同日 決勝
サンパウロFC(ブラジル 南米代表) vs リヴァプールFC
(1-0)  (66,821人)
FIFAクラブワールドチャンピオンシップ トヨタカップ2005

2006年(平成18年)

4月 ●新横浜公園指定管理者に、横浜市スポーツ振興事業団・横浜マリノス・管理JV共同事業体がなる(指定期間:平成22年3月31日まで)。
5月 ●第1回日産スタジアムサイクルパークフェスティバル開催
28日  (2,500人)
第1回日産スタジアムサイクルパークフェスティバル
8月 ●北側園地の「投てき練習場」、「野球場」、「運動広場」、「第2レストハウス」オープン 
1日
●コンサート開催「SMAP」
12・13日  (2日間140,000人)
9月 ●スーパー陸上競技大会
24日  (32,150人)
10月 ●キリンチャレンジカップ2006
4日  ガーナ代表 vs 日本代表(1-0)   (52,437人)
●サイクルパークフェステイバル 
24日  (2,200人)
●第37回 ジュニアオリンピック陸上競技大会
27・28・29日  (43,474人)
12月 ●FIFAクラブワールドカップ2006開催
14日 準決勝
FCバルセロナ(スペイン ヨーロッパ代表)vs クラブ・アメリカ(メキシコ 北中米カリブ海代表)
(4-0)  (62,316人)

17日 3位決定戦
アル・アハリ(エジプト アフリカ代表) vs クラブ・アメリカ(2-1)

同日 決勝
インテルナシオナル(ブラジル 南米代表) vs FCバルセロナ
(1-0)  (67,128人)
FIFAクラブワールドカップ2006

2007年(平成19年)

1月 ●NSAA(日産スタジアムアスレティクスアカデミー)開校
3月 ●キリンチャレンジカップ
24日  日本代表 vs ペルー代表
(2-0)   (60,400人)
キリンチャレンジカップ
4月 ●横浜市スポーツ振興事業団は横浜市体育協会へ統合。新横浜公園指定管理者は、横浜市体育協会・横浜マリノス・管理JV共同事業体となる。
7月 ●「インラインスケート広場」オープン
25日
9月 ●コンサート開催「ミスターチルドレン」
8・9日  (2日間130,000人)
●スーパー陸上競技大会
30日  (23,746人)
スーパー陸上競技大会
10月 ●サイクルパークフェステイバル
6日  (2,700人)
サイクルパークフェステイバル
●第38回ジュニアオリンピック陸上競技大会
26・27・28日  (40,884人)
12月 ●FIFAクラブワールドカップジャパン2007
13日 準決勝
ACミラン(イタリア ヨーロッパ代表) vs 浦和レッズ(アジア代表)
(1-0)  (67,005人)

16日 3位決定戦
浦和レッズ vs エトワール・サヘル(チュニジア アフリカ代表)(2(4)-2(2))

同日 決勝
ACミラン vs ボカ・ジュニアーズ(アルゼンチン 南米代表)
(4-2)  (68,263人)
FIFAクラブワールドカップジャパン2007

2008年(平成20年)

1月 ●インターナショナルフットボールフェスティバルを開催
20日  しんよこフットボールパーク
インターナショナルフットボールフェスティバル
2月 ●第1回日産スタジアム駅伝大会を開催
23日  日産フィールド小机を中心に、新横浜公園内園路
第1回日産スタジアム駅伝大会
3月 ●スタジアム10周年を迎える
4月 ●「テニスコート」「壁打ちテニスコート」オープン
17日
6月 ●2010FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選
2日  日本代表 vs オマーン代表
(3-0)   (46,764人)
●TAKE ACTION2008+1MATCH
7日  JAPAN STARS vs WORLD STARS
(2-2)(63,143人)
TAKE ACTION2008+1MATCH
8月 ●コンサート開催「サザンオールスターズコンサート」
16・17・23・24日  (4日間265,000人)
コンサート開催「サザンオールスターズコンサート」
9月 ●コンサート開催「B'z」
20・21日  (2日間140,000人)
10月 ●サイクルパークフェスティバル開催
11日  (2,800人)
●横浜元気!!スポーツ・レクレーションフェスティバル2008開催
12・13日  (2日間58,269人)
●第39回ジュニアオリンピック陸上競技大会
24・25・26日  (3日間33,108人)
第39回ジュニアオリンピック陸上競技大会
12月 ●FIFAクラブワールドカップジャパン2008
18日  5位決定戦
アルアハリ(エジプト/アフリカ代表) vs アデレード・U(オーストリア/AFCチャンピオンズリーグ準優勝)(0-1)

同日  準決勝
ガンバ大阪(日本/アジア代表) vs マンチェスター・U (イングランド/欧州代表)(3-5)
(67,618人)

21日  3位決定戦
パチューカ(メキシコ/北中米カリブ海代表) vs ガンバ大阪(日本/アジア代表)(0-1)

同日  決勝
リガ・デ・キト(エクアドル/南米代表) vs マンチェスター・U (0-1)
(68,682人)

2009年(平成21年)

2月 ●2010FIFAワールドカップ南アフリカアジア最終予選
11日  日本代表 vs オーストラリア代表
(65,571人)
2010FIFAワールドカップ南アフリカアジア最終予選
●第2回日産スタジアム駅伝大会
21日  (3,200人)
6月 ●2010FIFAワールドカップ南アフリカ アジア最終予選
10日  日本代表 vs カタール代表 (1-1)
(60,256人)
8月 ●コンサート開催「GLAY」
15・16日  (2日間109,600人)
コンサート開催「GLAY」
10月 ●サイクルパークフェスティバル
3日  (2,700人)
●キリンチャレンジカップ2009
10日  日本代表 vs スコットランド代表 (2-0)
(61,285人)
●横浜元気!!スポーツ・レクリエーションフェスティバル
12日  (25,949人)
横浜元気!!スポーツ・レクリエーションフェスティバル
●第40回ジュニアオリンピック陸上競技大会
23・24・25日 (40,797人)

2010年(平成22年)

2月 ●第3回日産スタジアム駅伝大会
20日 (3,052人)
第3回日産スタジアム駅伝大会
6月 ●スケボー広場リニューアルオープン
25日  約7,000m2(公園全体面積 70.4ha)
スケボー広場リニューアルオープン
7月 ●高野進と千葉真子のNSAAランニングクリニック
8日(176人)
高野進と千葉真子のNSAAランニングクリニック
8月 ●コンサート開催「EXILE」
5日・6日(2日間120,000人)
コンサート開催
●コンサート開催「X-JAPAN」
14日・15日(2日間 130,000人)
9月 ●キリンチャレンジカップ2010
日本代表vsパラグアイ代表 (1-0)
4日(65,157)
キリンチャレンジカップ2010
●コンサート開催「EXILE」
11日・12日(2日間 126,00人)
10月 ●アンカー日産スタジアムサイクルパークフェスティバル
2日(2,900人)
スポーツレクリエーションフェスティバル
●スポーツレクリエーションフェスティバル
11日(23,247人)
●第41回ジュニアオリンピック・第94回日本選手権リレー
22・23・24日(41,500人)
第41回ジュニアオリンピック・第94回日本選手権リレー

2011年(平成23年)

2月 ●第4回日産スタジアム駅伝大会
19日(3,380人)
第4回日産スタジアム駅伝大会
3月 ●大型映像装置リニューアル
13日(高輝度LED式大型映像装置2基)
第4回日産スタジアム駅伝大会
4月 ●東日本太平洋沖地震チャリティーイベント芝生でプレーしよう!
16日・17日・23日(3日間 627人)
第4回日産スタジアム駅伝大会
6月 ●新横浜公園第3レストハウスオープン
3日(男子、女子更衣室 コインロッカー各30口)
第4回日産スタジアム駅伝大会
●キリンチャレンジカップ2011
 日本代表vsチェコ代表(0-0)
7日(65,856人)
第4回日産スタジアム駅伝大会
7月 ●かけっこチャレンジ2011

9日(521人)

第4回日産スタジアム駅伝大会
●新横浜公園 草地広場オープン
25日(面積:22,000m2)(公園全体面積 70.4ha)
第4回日産スタジアム駅伝大会
9月 ●コンサート開催(ミスターチルドレン)
3日・4日(2日間 130,000人)
第4回日産スタジアム駅伝大会
10月 ●アンカー日産スタジアムサイクルパークフェスティバル
1日(3,082人)
第4回日産スタジアム駅伝大会
●スポーツレクリエーションフェスティバル
10日(30,805人)
第4回日産スタジアム駅伝大会
●第42回ジュニアオリンピック・第95回日本選手権リレー
10日(30,805人)
第4回日産スタジアム駅伝大会
11月 ●ウタジアム!!vol.0
23日(469人)
第4回日産スタジアム駅伝大会
12月 ●FIFAクラブワールドカップジャパン2011
15日・18日(134,464人)
第4回日産スタジアム駅伝大会

2012年(平成24年)

1月 ●松田直樹メモリアルゲーム
22日(40,475人)
第4回日産スタジアム駅伝大会
2月 ●第5回日産スタジアム駅伝大会supported byファイテン
18日(4,952人)
第4回日産スタジアム駅伝大会
5月 ●第34回チビリンピック2012
5日 (32,000人)
 
●コンサート開催(L'Arc-en-Ciel)
11日12日 (2日間 136,000人)
 
7月 ●2002 FIFAワールドカップ10周年記念事業 JFAサッカーフェスタin横浜
1日 (9,000人)
 
●新横浜公園「遊具広場」オープン
5日 (面積 約5,100m²)
 
9月 ●コンサート開催(矢沢永吉)
1日 (65,000人)
 
●新横浜公園「ドッグラン」オープン
26日 (面積 約3,000m²)
 
●アンカーサイクルパークフェスティバル
29日 (3,406人)
 
10月 ●スポーツレクリエーションフェスティバル 陸上タイムトライアル
8日 (856人)
 
●第43回ジュニアオリンピック・第96回日本選手権リレー
26日27日28日 (3日間 42,604人)
 
11月 ●FC MEN JAPAN FIGHT VO2 K-POP KIZUNA CONCERT 開催
23日 (28,564人)
 
12月 ●FIFAクラブワールドカップ ジャパン2012
6日 1回戦(開幕戦)
サンフレッチェ広島 vs オークランド・シティーFC(ニュージーランド)
(25,174人)
13日 準決勝
CFモンテレイ(メキシコ) vs チェルシーFC(イングランド)
(36,648人)
16日 3位決定戦
アルアハリ(エジプト) vs CFモンテレイ(メキシコ)
同日 決勝
SCコリンチャンス(ブラジル) vs  チェルシーFC(イングランド)
(68,275人)
 

2013年(平成25年)

1月    
2月 ●第5回日産スタジアム駅伝大会supported byファイテン
16日(4,252人)
第5回日産スタジアム駅伝大会
3月 ●第22回よこはま国際ちびっこ駅伝
9日(25,000人)
第22回よこはま国際ちびっこ駅伝
4月    
5月 ●第35回チビリンピック2013
5日(32,000人)
第35回チビリンピック2013
●第92回関東学生陸上競技対校選手権大会
25日-26日(2日間 20,561人)
第92回関東学生陸上競技対校選手権大会
6月 ●コンサート開催(AKB48)
8日(70,000人)
コンサート開催(AKB48)
7月 ●第1回日産スタジアムトライアスロン
15日(1,448人)
プレシーズンマッチ 横浜F・マリノスVSマンチェスターユナイテッド
●プレシーズンマッチ 横浜F・マリノスVSマンチェスターユナイテッド
23日(65,372人)
8月 ●コンサート開催「ももいろクローバーZ」
4日(60,000人)
●コンサート開催「サザンオールスターズ」
10日-11日(2日間140,000人)
●コンサート開催「東方神起」
17日-18日(2日間 144,000人)
9月 ●キリンチャレンジカップ2013 日本代表vsガーナ代表 (3‐1)
10日(64,525人)

アンカー日産スタジアムサイクルパークフェスティバル
●コンサート開催「B‘z」
21日-22日(2日間140,000人)
●アンカー日産スタジアムサイクルパークフェスティバル
29日(3,649人)
10月 ●スポーツレクリエーションフェスティバル
14日(2,000人)
●第44回ジュニアオリンピック・第97回日本選手権リレー
25日-27日(3日間12,500人)
11月    
12月    

2014年(平成26年)

1月    
2月    
3月 ●第23回よこはま国際ちびっこ駅伝
8日(25,000人)
第23回よこはま国際ちびっこ駅伝
4月    
5月 ●JA全農チビリンピック2014
5日(30,000人)
●第93回関東学生陸上競技対校選手権大会
24日-25日(2日間19,954人)
6月 ●2014FIFAワールドカップブラジル パブリックビューイング
日本代表vsコートジボワール代表(1-2)
15日(11,773人)
2014FIFAワールドカップブラジル パブリックビューイン
日本代表vsコートジボワール代表(1-2)
7月 ●第2回ビギナーズトライアスロンin日産スタジアム
13日(1,466人)
第2回ビギナーズトライアスロンin日産スタジアム
●コンサート開催(ももいろクローバーZ)
26日-27日(2日間124,923人)
8月 ●第30回全国小学校陸上競技交流大会
23日-24日(2日間17,500人)
第30回全国小学校陸上競技交流大会
9月 ●キリンチャレンジカップ2014
日本代表VSベネズエラ代表(2‐2)
9日(64,007人)

●アンカー・日産スタジアム サイクルパークフェスティバル
27日(4,386人)
10月 ●横浜スポーツ・レクリエーションフェスティバル
13日(2,200人)
横浜スポーツ・レクリエーションフェスティバル
11月 ●第45回ジュニアオリンピック・第98回日本選手権リレー
10月31-11月2日(3日間39,844人)
第45回ジュニアオリンピック・第98回日本選手権リレー
12月 ●第94回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝
ガンバ大阪VSモンテディオ山形(3-1)
第94回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝ガンバ大阪VSモンテディオ山形(3-1)

プライバシーマーク 本サイトに関わる著作権、その他一切の権利は公益財団法人横浜市体育協会に帰属します。本サイトの一部または全部について、無断転載、複製などの行為を禁止します。また、本サイトを利用することによって利用者が損害を受けるようなことが起きた場合、いかなる場合においても当協会は責任を負いません。他のサイトからこのホームページにリンクを張る場合は、事前に連絡をしてください。

PAGE TOP