NISSAN STADIUM 日産スタジアム

文字サイズ

2002 ワールドカップメモリー

2002 ワールドカップメモリー

2001年12月5日
エクアドルが6/13 クロアチアとの戦いの舞台を視察

代表チームの実務責任者 ルナ・エドムンド氏が来訪!

エドムンド氏(右から2番目)

東北新幹線の停電のため、予定より1時間遅れで当競技場に到着したエクアドル代表チームの実務責任者ルナ・エドムンド氏。新幹線のトラブルにあったにも関わらず、終始にこやかで西田善夫場長やJAWOC横浜支部職員の説明に、興味深く耳を傾けていました。
エドムンド氏は、フィールドの広さを確かめるように入念に歩きまわり、芝の状態を確認していました。その他にもウォーミングアップルーム、ロッカールームなどを見ていかれました。
視察後、エドムンド氏は、「芝の質は国内の競技場によく似ている。収容人数、施設のすばらしさを含め、決勝にふさわしい。この競技場で試合ができることを誇りに思う。」と賛辞を述べられました。
エクアドルのワールドカップ出場は、初めて。長く南米の「サッカー小国」と位置づけられてきましたが、ハイレベルの予選で堂々の2位。このときのFIFA世界ランクは37位。国土は日本の4分の3の面積で、人口は1,240万人(1999年)。

プライバシーマーク 本サイトに関わる著作権、その他一切の権利は公益財団法人横浜市体育協会に帰属します。本サイトの一部または全部について、無断転載、複製などの行為を禁止します。また、本サイトを利用することによって利用者が損害を受けるようなことが起きた場合、いかなる場合においても当協会は責任を負いません。他のサイトからこのホームページにリンクを張る場合は、事前に連絡をしてください。

PAGE TOP