ページの先頭へ

2002 ワールドカップメモリー

2002 WORLD CUP MEMORY

2002年6月4日
日本初戦!ベルギー戦を1万2千人が大画面で応援!

サポーターの大きな声援が横浜国際総合競技場で沸き上がる!!

ワールドカップ模様の東ゲート 日本代表サポーター

2002年6月4日 ベルギー戦に日本代表を応援しようと、サポーター1万2千人が横浜国際総合競技場に訪れました。
サポーターらは、太鼓の音に合わせトルシエジャパンに熱い声援を送っていました。
GKの楢崎選手が「赤い悪魔」の異名をとるベルギー選手のシュートをセーブすると、何度も「ナラサキ」コールが沸き起こりました。FWの鈴木選手や MFの稲本選手がゴールを決めると、拳を振り上げ、隣の人と抱き合って喜ぶシーンも見られました。
この大画面で応援する「パブリックビューイング」は、6月14日のチュニジア戦にも行われることになっていましたが、この時点で定員がいっぱいになり応募が締め切られました。日本サポーターの盛り上がりと心意気が感じられました。

2002年6月4日 キックオフ:18時

イラスト提供:サッカーダイジェスト