ページの先頭へ

2002 ワールドカップメモリー

2002 WORLD CUP MEMORY

2001年12月6日
クロアチアが当競技場及び市内ホテルを視察

スレブリッチ事務局長が横浜で2回試合をしたいと明言!

スレブリッチ事務局長(左側の人)

2002年6月13日に1次リーグのG組でエクアドルと対戦する、クロアチアのゾリスラブ・スレブリッチ サッカー協会事務局長が視察に訪れました。
2001年12月6日午前10時40分ごろに到着したスレブリッチ事務局長を、木村重治副場長らが40分かけて場内を案内しました。ピッチの上では雨の中、自分の足で走り回って感触を確かめるほどの熱の入れ方でした。他にもウォーミングアップルーム、ロッカールームなどを視察しました。
同氏は、視察後施設を「すばらしいの一言。」と絶賛し、「希望としてはここで2回試合をしたい。」と決勝進出への意気込みを語っていました。
クロアチアのワールドカップ出場は2回目。前回のフランス大会では3位になった強豪チーム。今回の欧州予選でもベルギー・スコットランドとの競い合いを制して連続出場を決めた。このときのFIFA世界ランクは19位。国土は日本の約7分の1の面積で、九州とほぼ等しい大きさです。