NISSAN STADIUM 日産スタジアム

文字サイズ

Stadium of Smiles ~笑顔のスタジアム~

Stadium of Smiles ~笑顔のスタジアム~

小倉 純二
日産スタジアム名誉場長
昭和13年8月14日生まれ
日本サッカー協会会長、FIFA理事、東アジアサッカー連盟会長を務める。
現在、日本サッカー協会最高顧問
22

東日本大震災から6年たちましたね!
2017.03.16

3月11日で、震災から6年たちましたが、まだ、12万人以上の方々が避難生活をされておられます。多くの方はご存知かと思いますが、福島県楢葉町、広野町地域に、サッカーのトレーニングセンターとして知られたJヴィレッジがありました。所有者は福島県です。
日産スタジアムで決勝が行われた2002年のFIFAワールドカップの招致段階から、「ワールドカップは、ヨーロッパやアメリカ大陸ばかりで開催されるべきではなく、世界中で開催されるべき!」として、日本の招致活動を助けてくださった英国の名選手ボビー・チャールトンさんが、Jヴィレッジと名付けてくれました。 日本代表選手の合宿や全国少年サッカー大会などが開催されて、「サッカーの聖地」とも言われ、年間50万人以上の利用者で賑わっていました。
東日本大震災発生時には、トレーニングセンターの生徒さん達の緊急避難がありましたが、建物自体には、大きな被害はありませんでした。原発事故の発生後は、Jヴィレッジ全体が、東京電力の前線基地となり、芝生のグラウンドは、砂利やアスファルトに変わり、機材置き場や駐車場となりました。合宿場は宿泊施設となるとともに、働く人達が食事する場所に変わりました。
復旧作業が進むにつれて、東京電力の部隊が原発の近くに移り、Jヴィレッジとしての復旧工事が始まりました。内堀福島県知事の積極的な努力があり、現在では、2018年夏には部分的に再開し、2019年4月に全面再開を目指しています。
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に備えて、日本の男女のオリンピック代表チームの合宿が計画されていますし、Jリーグは、2019年からJヴィレッジでプレシーズン大会の開催を計画しています。改めて、東日本大震災の復興とともに、Jヴィレッジが注目される日が近くなってきたと思っています。
横浜F・マリノスの東日本大震災支援は良く知られていますが、私達も、Jヴィレッジの進捗に関心を持ちつつ、被災された方々への思いやりを忘れないでいたいですね!


プライバシーマーク 本サイトに関わる著作権、その他一切の権利は公益財団法人横浜市体育協会に帰属します。本サイトの一部または全部について、無断転載、複製などの行為を禁止します。また、本サイトを利用することによって利用者が損害を受けるようなことが起きた場合、いかなる場合においても当協会は責任を負いません。他のサイトからこのホームページにリンクを張る場合は、事前に連絡をしてください。

PAGE TOP