今月の見どころ

オオバン

クイナ科

 オオバンは、新横浜公園では冬の間に訪れる野鳥です。全身が灰黒色で、くちばしから額にかけて白い模様に赤い虹彩が特徴的です。

 足指が長く、ヒレ状の水掻きを持っていて泳ぎが上手く、潜水して水草などを採取します。

 基本的には群れを作ることが多く、夜間には群れで集まり水面で眠ります。

 

 「キョン、キョン」とか、「キュッキュー」などと甲高い声を出します。

公園のどこで見れるの?

大池

新横浜公園では、60羽ほどの群れとなり、大池でエサを探している姿をよく見られます。
暖くなると、少しずつ北へ飛び立っていきます。

もっと知りたい!

9月下旬から5月上旬にかけて大池で観察できる水鳥です。
水面の植物の破片や種などを食べますが、集団で上陸して草を食べる姿も見られます。すこしづつ近づくと、一定の距離を保って移動するのが可愛らしいです。夢中で草を食べているのかと思いきや、しっかり周囲も警戒しているんですね。

NPO法人鶴見川流域ネットワーキング 阿部裕治

みんなのレポート募集中!

新横浜公園でオオバンを見かけた方、観察された方のレポート(感想)を募集します。
・お寄せいただいたレポートはこのページで紹介させていただきます。
・お名前は掲載しません。(イニシャルまたは匿名とさせていただきます。)
・写真を送付いただければ掲載も可能です。
・下記のメールアドレスまでお願いします。

【応募先】
公園管理局 [email protected]

みなさんからのレポートをお待ちしています!

ツグミ

ヒタキ科

 ツグミは、冬にシベリア方面から飛んでくる野鳥です。

 川や耕地など、開けた所に生息するため、新横浜公園でも冬の間よく見られる鳥です。小さな虫をついばんでいる姿がよく見られます。鳴くことが少なく、「口をつぐんでいる」ところからツグミと名付けられたとされています。

公園のどこで見れるの?

大池

新横浜公園では、草地広場や野球場など広い範囲で見られます。

もっと知りたい!

大きさはムクドリほどで、目の上の白い模様が特徴的です。
新横浜公園では、同じ冬鳥でもコガモは9月下旬頃から見られますが、ツグミは少し遅く11月頃から5月上旬にかけて見られます。人の少ない草地広場に点在し、地面をつついて採食している様子が観察できます。

NPO法人鶴見川流域ネットワーキング 阿部裕治

みんなのレポート募集中!

新横浜公園でツグミを見かけた方、観察された方のレポート(感想)を募集します。
・お寄せいただいたレポートはこのページで紹介させていただきます。
・お名前は掲載しません。(イニシャルまたは匿名とさせていただきます。)
・写真を送付いただければ掲載も可能です。
・下記のメールアドレスまでお願いします。

【応募先】
公園管理局 [email protected]

みなさんからのレポートをお待ちしています!

準備中です!お楽しみに!!

準備中です!お楽しみに!!

準備中です!お楽しみに!!

準備中です!お楽しみに!!

準備中です!お楽しみに!!

準備中です!お楽しみに!!

準備中です!お楽しみに!!

準備中です!お楽しみに!!

準備中です!お楽しみに!!

準備中です!お楽しみに!!

新横浜公園で見ることができる生き物を紹介しています。

新横浜公園 生き物図鑑へリンク
ページの先頭へ戻る

PAGE TOP