観察日 : 2019年 5月13日(月)

場 所 : 修景池、園内水路周辺

生きもの: クサガメ、ミシシッピアカミミガメ、オオヨシキリ

記事作成: 横山大将(NPO法人鶴見川流域ネットワーキング)

 

 10連休のゴールデンウィークも終わり、天気の良い初夏の日々が続いており、熱中症に注意しながら毎日を過ごしています。暖かくなってきたこともあり、生きものたちの動きも活発になってきました。

 

 今日は、園内の水路から見て回ることにしました。公園の調査に入っていた先輩に会い、草地広場付近の水路にカメがいたとの情報をいただいたので様子を見に行ってみました。すると、草陰にクサガメの子どもがいました。

クサガメ.jpgクサガメ

 

 新横浜公園では他のカメに混じって甲羅干しをしているのが見られるクサガメですが、水路で今回のような子ガメに出会う機会も稀にあります。もし見かけた際は、池に移動する途中だったりするので、そっと見守ってあげてください。その後、修景池に移動し、石の上を見てみると、こちらではミシシッピアカミミガメが甲羅干しをしていました。

ミシシッピアカミミガメ.jpg甲羅干しをするミシシッピアカミミガメ

 

 この個体は、普段新横浜公園で見かけるミシシッピアカミミガメよりはかなり小さく、甲長15cmほどでした。前肢の爪が長いためオス個体のようでした。気持ちよさそうに甲羅干しをしており、こちらに気がついても一向に逃げようとしませんでした。

 

 最後に水路沿いに1周歩いてから公園を出ようと思い、第1運動広場付近の水路を通りかかったときに水路の方から「ギョギョシ!・ギョギョシ!」と大きな鳥の鳴き声が聞こえてきました。夏鳥のオオヨシキリです。

オオヨシキリ.jpgさえずるオオヨシキリ

 

 草陰に隠れたり、木の梢でさえずったりと、なかなかその姿を見せてくれませんでしたが、少し粘って待っていると、やっと出てきてさえずっている姿を見せてくれました。昨年は園内で巣が見つかりましたが、今年は巣を作ってくれるでしょうか?楽しみですね!

 

 夏が徐々に近づいてきました。熱中症に気をつけながら、新横浜公園でのフィールドワークをお楽しみください!

クサガメほか場所.jpg

中央広場花壇の花植え

新横浜公園中央広場の花壇の植え替えを実施しました。

昨年秋に植えたパンジーはこの春まで咲き誇り、役目を終えました。そして先日、春から秋までの長い期間を楽しめる花を植えました。植えたのはペンタスとペチュニアです。

 

2019.5.17中央広場花壇1.jpg

ペンタス(アカネ科)

 2019.5.17中央広場花壇2.jpg

ペチュニア(ナス科)

 

ペンタス2色、ペチュニア6色ですが、赤を基調とした色で秋までに大きく育ちます。

2019.5.17中央広場花壇3.jpg

  

5月に入り、早くも夏日を記録するほど初夏の陽気が続いています。花壇の花たちは水を吸って秋まで成長します。私たちも、しっかりと水分を取って暑い夏を乗り越えましょう。

2019.5.17中央広場花壇4.jpg

小机競技場ローズガーデン開花

 小机競技場ローズガーデンのバラが咲き始めました。

 前回のブログでバラの蕾(つぼみ)の写真を投稿しましたが、その蕾が咲き始めましたのでいくつか紹介します。

 小机ローズガーデン(開花)19.5 (1).jpg

 純白の花を咲かしている「スーザン・ウィリアムズ・エリス」。花は小輪ですが、多くの花びらが密集する「ロゼット咲き」です。花びらが開いてくると大きく見えます。芳香は強いです。

 

小机ローズガーデン(開花)19.5 (2).jpg

 濃いピンク色の花を咲かせている「セント・セシリア」。花は中輪で花を横からみるとカップのように咲く「カップ咲き」です。芳香は中香です。

小机ローズガーデン(開花)19.5 (3).jpg

 深紅の花を咲かせている「ムンステッド・ウッド」。花はロゼット咲きの中輪で、芳香は強香です。

 バラの季節は始まったばかりです。まだ蕾の方が多く、これから6月まで咲き続けます。中央広場のバラも良く咲いています。是非新横浜公園にお越しいただき、バラの姿や香りを楽しんでください。

 

明治安田生命J1リーグ第9節鹿島アントラーズ戦翌日の4月29日(月祝)に、平成最後となる日産スタジアム"選手と体験ツアー"を当スタジアムと横浜F・マリノスとのコラボレーションイベントにより開催しました。今回は「エジガル ジュニオ選手」・「マルコス ジュニオール選手」を迎えてのツアーです!本ツアーで初めてとなる外国籍選手になります。(もちろん通訳もいます!)

 

入場すると早速、参加者のみなさまをデジタルサイネージがお出迎えしました。縦2m・横3.6mほどの迫力のディスプレイです!

画像1.jpg

参加者の皆様はVIP席に座り、グリーンキーパーによる芝生のここだけの話に耳を傾けていました。 

画像2.jpg

その後、記者会見の部屋に移動しました。

ここで、横浜F・マリノスの「エジガル ジュニオ選手」・「マルコス ジュニオール選手」が登場。参加者ひとりひとりとハイタッチでお出迎えしました。

画像3.jpg

記者会見の部屋では「試合前はどのように過ごしますか」や「日本食は好きですか」など様々な質問が出ました。

質問した方は、この日のために覚えてきたポルトガル語で「オブリガード」(ありがとう)とお礼を返していました。

画像4.jpg

ここで選手からのサプライズです!選手とじゃんけんをして勝ち抜いた方に昨日使用したJリーグの試合球に選手がサインしたボールをプレゼントしました。

画像5.jpg

じゃーん、けーん、ぽいっ!!

続いて選手になりきってピッチ入場し、選手を中心に集合写真を撮りました。

画像6.jpg

次にみなさんお待ちかねの選手プレー体験です。選手と一緒にリフティングやフリーキックの壁になっていただきました。 

画像7.jpg

両選手によるリフティング

画像8.jpg

マルコス選手フリーキック

今年度は、あと2回「選手と体験ツアー」の開催を予定しております。「いつ開催されるか?・どの選手が参加するのか?」を楽しみに思い浮かべながらお待ちください。詳細が決定しましたら、皆様にお知らせいたします。

また、日産スタジアムでは、今後も選手と共にスタジアムを体験できる企画を行ないます。 実施の際は、HP・メールマガジン等でお知らせしますので、ぜひご参加ください。

観察日: 2019年 4月24日(水)、25日(木)

場 所: 大池

動 物 : コサギ、ハシビロガモ、ツグミ、カワラヒワ、キジバト

記事作成: 阿部裕治(NPO法人鶴見川流域ネットワーキング)

 

 新年度になったと思ったらもう4月下旬。今年も早く月日が過ぎていきそうです。前回の3月中旬から約40日ぶりの観察になりました。天気予報では、朝方まで雨で徐々に回復ということでしたが、着いて早々雲行きがあやしい。雨雲レーダーを確認すると大きな雨雲が迫ってきていました。できるところまで頑張ろうと思い、投てき練習場付近から観察を開始。排水門の方向を見るとコサギやカワウ、コガモ、カルガモ、ハシビロガモ、ミシシッピアカミミガメがいてとても賑やかでした。

 

 コサギは2羽のうち1羽は婚姻色で目の先と足の指が赤っぽくなっていました。婚姻色が出ていない個体と一緒に撮れたので違いははっきりですね。ハシビロガモはもう北へ移動しているかと思っていましたが、3ペア確認することができ、とても仲がよさそう。無事に繁殖地へ渡って子育てをし、来シーズンもたくさん越冬しにきてほしいですね。そうこうしていると、雨の降りが強くなりはじめてきたため、30分程度の観察であえなく退散。明日出直すことにしました。

DSCN5120.jpgコサギ(右が婚姻色が出ている個体) 

DSCN5123.jpgハシビロガモ(2ペア)

 

 昨日の二の舞にならないよう雨雲レーダーをしっかり確認して出てきたのですが、観察をスタートしようと思ったら霧雨。どうやら今年度、私は雨男のようです。レーダーには雨雲が表示されていないため、とりあえず観察を決行しました。人のいない草地広場は、ツグミ広場になっていて、11羽が(くちばし)で地面をつついてミミズや虫などの餌をとっているようでした。広場のそばにある水路の様子を見ているとバシャバシャ!と水しぶきが飛んだため双眼鏡で確認すると、ここではツグミが水浴びをしていました。水深は、2㎝程度の場所なので水浴びにはもってこいですね。ツグミの水浴びで思い出しましたが、今年の1月10日、水路の水面にしっかり氷が張った寒い日の大池で、発見してから1分近くじ―っと水に浸かっているツグミがいたので驚きました。

DSCN5160.jpg水浴びするツグミ

DSCN4089.jpg水に浸かるツグミ(1月10日)

 

 第2運動広場近くの草地では、カワラヒワやキジバトがせっせと餌を食べていました。食べていたのはイネ科植物であるスズメノカタビラの穂の部分。飛ばれないように、少し遠めから写真を撮り、じりじりと寄っていきましたがこちらを気にする様子もなく、無我夢中でした。

 

 断続的な霧雨から、お昼近くになると晴れ間が出てきて気温がぐっと上がり、蒸し暑さも感じられました。初夏へ向かう新横浜公園の自然。次はどんな生きものとの出会いがあるでしょう。

DSCN5291.jpgDSCN5187.jpgスズメノカタビラを食べているカワラヒワ(写真上)とキジバト(写真下)

 

コサギほか場所.jpg

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11