先日、中央広場ローズガーデンのオベリスク(つるバラの台座)を交換しましたが、そのオベリスクに新しいバラを植えました。

 今回植え付けたバラは「アンジェラ」という品種のバラです。花付きが良く、コーヒーカップのように花の形がカーブしているカップ咲きで、花の色は桃色です。バラの中では比較的病気にも強い種類です。

 バラの植え付けをこの寒い時期に行うことは、あまり適していません。成長が鈍いこの寒さに加え、植え付けのため、根や茎を切りストレスがかかってしまうからです。そのため、少しの間、寒さを和らげることを目的に不織布を巻いています。また、植え付け直後は乾燥しているため、当分散水にも気を付けなくていけません。

1_204中央広場RG.jpg

 アンジェラは4株植え付けています。このバラは横浜市市庁舎に植栽されていたもので、バラを元気に保つために、バラ同士の株間を確保するために間引きをしたバラをいただきました。

 温かくなって成長し、花を咲かせるのが楽しみです。

2_地図.jpg

 小机競技場ローズガーデンよりも前、公園開設当初からあった中央広場ローズガーデンにはモッコウバラなどのつる性のバラも植わっています。つる性のバラは、狭い範囲で綺麗に仕立てるためにオベリスクという台座を使っていますが、そのオベリスクが経年劣化により破損してしまったため、オベリスクの交換を行いました。

 

 前回オベリスクを設置してから5年ほど経過したことで、その間に伸びたバラのつるがオベリスクに絡みついています。

1_5年.jpg

 まず初めに、オベリスクを外すためバラを剪定し、新たなオベリスクと交換しました。今回はオベリスクを交換するため、バラを剪定していますが、冬季のバラの生育が鈍るため強めに切っても傷みにくく、新芽をつける前であるため、剪定するには適しています。      

 新しいオベリスクを設置した後は、バラのつるが今後もオベリスクに巻き付くように、紐で結びつける誘引作業も行いました。ご存知だと思いますが、バラにはたくさんのトゲがありますが、さすがバラの専門家は上手に作業しますね。

2オベリスク.jpg

 今はまだ花を咲かせていませんが、温かくなった春以降に花を咲かせます。新横浜公園に来る一つの楽しみとして、ローズガーデンもお楽しみください。

3_全景.jpg

4_地図.jpg

芝生観察日記 第116話

芝生観察日記の第百十六話です。

令和三年2月9日(火)

<~ Road to 2019&2020 ~>

 2月4日、立春の日に例年より18日早く「春一番」が関東地方に吹きました。

 まだ氷点下となる朝もあり、体感的に春を感じる肌感覚ではありませんが、暦の上では春です。私たち人間が本格的に春を実感するのは桜が咲く頃なのでしょうが、芝生には一足先に春が訪れています。

 先週末の6日(土)、7日(日)で今年初めてのサッチング掛けとエアレーションを実施しました。

 まずは、8日ぶりに刈高15㍉で刈込みを行い、その後を追ってサッチングを掛けました。今回は、今年初のサッチングなので-3㎜(地際より3㎜上げた高さで刃が回転する設定)でサッチングリールを設定しました。

1_手刈り.jpg 今回はトランジションが目的というより、長い間養生シートで保温され、ライグラスが密度を増やして蒸れ気味だったので密度を梳くことと、表層に堆積したサッチを除去することを目的とする設定でした。今後、気温が上昇してライグラスの活性が更に上がっていけば±0㎜(地際ギリギリの高さで刃が回転する設定)でトランジションを目的として定期的に行うようになります。

2_サッチ.jpg

 判り辛いかもしれませんが、写真は回収されたサッチの状況です。蒸れた黄化葉が目立ちます。

 そして翌7日(日)には、十字タインを使ってエアレーションを行いました。

3_十字タイン.jpg 今回は久しぶりに十字タインを使いました。写真のように十字型のタインが芝生にそのまま十字に穴を空けます。いつも使う円柱状のムクタインより空隙率が大きく、穴が比較的長く残るのが特徴です。日産スタジアムではハイブリッド芝の基布による抵抗があるため、鋭利な剣状の刃を持つ十字タインで基布を確実に貫通するのに用います。

4_15ミリ.jpg

 写真のように、刈高15㎜ですが作業後にもしっかり穴が確認できます。芝生が覆い被さっているため十字には見えませんが。

5_ローラー.jpg

 エアレーション後は、ローラーで転圧して細かい不陸を修正します。機械のタイヤ跡や昨シーズンの利用でできた凸凹を整地して今シーズンの開幕に備えます。

6_液肥.jpg

 最後に液体の酸素供給剤や土壌改良剤など穴を空けたタイミングで効果が期待できる資材を散布して一連の作業は完了です。

 この後、再び養生シートを掛けて1週間程度養生します。

7_セレブレーション.jpg

 写真は厳冬期にも関わらず、冬越ししたセレブレーションが休眠せず緑度を維持しているのが確認できました。立春を過ぎたとは言え、さすがに萌芽するとは考え辛いので、長らくシートで保温されて霜にも当たっていないため元々耐寒性に優れた性質があるセレブレーションが、たまたま冬越しできる環境だったのでしょう。

 しかし、本来はしっかり休眠して春まで養分を蓄えておいて欲しいのですが、こうして緑度を維持したまま春を迎えてしまうと養分不足で体力を消費してトランジションに影響する不安があります。そのため冬の間も肥料を完全に切ることはできません。       

 まだ、芝生の根が動き出すには少し時間が掛かるので、今回の作業による効果が確認できるのはもう少し先になります。

 一雨ごとに気温が上がり、春が近づいていきます。今後は作業頻度も徐々に増えて行くので、また報告します。

観察日 : 2021年 2月1日(月)

場 所 : バタフライガーデン周辺、修景池周辺、テニスコート周辺

生きもの: オオカマキリ、チョウセンカマキリ、カワセミ、ムクドリ、モズ

記事作成: 横山 大将(NPO法人鶴見川流域ネットワーキング)

 

 あっという間に1月が終わり、2月となりました。風は身にしみる冷たさですが、天気は良好なので早速観察をしていきます。バタフライガーデンの植物を見ながら大池方面に向かってゆっくりと歩いていきます。すると、植栽された木の枝に大小気になるコブのような膨らみが2つ。近寄って見てみるとカマキリの卵鞘(らんしょう)でした。大きな方は新横浜公園生きもの観察日記350でも登場した「オオカマキリ」(今回確認したのは別地点)、小さく細長い方は「チョウセンカマキリ」のものです。

s-カマキリ卵鞘.jpg

カマキリの卵鞘(赤丸内:オオカマキリ/青丸内:チョウセンカマキリ)

s-DSCN1397_縮小_オオカマキリ別日.jpgs-チョウセンカマキリ  20201016 新横浜公園 1-b号水路  1.jpg

 オオカマキリの成虫(別日撮影)     チョウセンカマキリの成虫(別日撮影)

 普通、「カマキリ」というと「チョウセンカマキリ」を指すようですが、新横浜公園と公園周辺だと「オオカマキリ」のほうが見かける機会が多い気がします。見た目もよく似ていますが、成虫になると後翅(こうし)の模様が違ったり、前脚の付け根の色が違ったりと、見た目で簡単に種類がわかるようになります。ちなみに、カマキリ類は卵鞘の形でも種類を調べること(種同定)ができます。今回確認できたのは上記の2種ですが、他にもよく見られるカマキリ類として、「コカマキリ」と「ハラビロカマキリ」がいます。「コカマキリ」は「チョウセンカマキリ」の卵鞘を更に小さく細くしたような見た目、「ハラビロカマキリ」は「オオカマキリ」の卵鞘くらいの長さで「チョウセンカマキリ」の卵鞘くらいの細さです。機会があれば参考にしてみてくださいね!ただ、個体差もあるので、その点はご注意を・・・。暖かくなってカマキリが見られるのが楽しみです。

 大池沿いを歩いていきますが、ここ最近で紹介されていない生きものは特にいない様子です。少し疲れたので、大池と修景池を仕切る水門下のベンチで休憩を・・・と、その時です。修景池に橙と青緑色の鳥がやってきました。「カワセミ」です。

s-DSCN1712トリミング.jpg

鮮やかな色合のカワセミ 

 エサの小魚を探しに来たようです。水面を気にしているようでしたが、周辺の広場や園路に多くの人がいたからか、落ち着かない様子であたりをキョロキョロと見回していました。結局、魚は獲らず、大池の方へ飛び去っていきました。

 公園内をほぼ踏破したので、撤収しつつもう少し観察をしていくことにしました。水路に張り出した木の枝に、オレンジ色の嘴(くちばし)がとても目立つ鳥が2羽並んで丸くなってとまっています。「ムクドリ」です。

 

s-DSCN1744トリミング.jpg

1羽分の間を空けてとまるムクドリ

(ソーシャルディスタンス・・・ではないと思います) 

 ビル街などでもよく見かける鳥ですが、新横浜公園では、写真のように日向ぼっこをしていたり、エサを獲ったり、草地で仲間同士遊んでいたりと、街なかで見るのとは少し違う彼らの一面を見ることができるので、個人的には楽しみの1つだったりします。

 最後に、テニスコート脇の木にとまっていた「モズ」です。最後の最後に好きな鳥を見られて大変満足でした。

s-DSCN1781トリミング.jpg

こちらをじ~っと見ているモズ

 まだまだ寒い日が続きますが、体調管理や新型コロナ対策等、健康には十分すぎるくらいにお気をつけてお過ごしください!

s-map.jpg

観察日 : 2021年 1月27日(水)

場 所 : 大池付近、草地広場

動 物 : ハシボソガラス

植 物 : オオイヌノフグリ、セイヨウタンポポ、ホトケノザ

記事作成: 阿部裕治(NPO法人鶴見川流域ネットワーキング)

 

 お昼まで雨予報でしたが、雨雲レーダーを見ると降らなそうな様子だったため、予定通り観察に出ることにしました。まずは大池から。カモの種類は、先月の観察と変わらずハシビロガモ、オカヨシガモ、コガモ、ミコアイサ、カルガモでしたが、数がとても少ない。草の奥の方に隠れていたり、周辺の川や池などに移動しているのでしょうか。一方、人がいない草地広場はツグミ天国。20羽ほどが地面にいて、とことこ歩き、止まっては地面を突いて土の中の生きものを食べていました。

 修景池近くを歩いているとき、水路の中からハシボソガラスが何かをくわえて、出てきました。ザリガニかな?と思い、よく見るとウシガエルでした(写真ではわかりにくくすみません)。 そうこうしているうちに大池を越えて飛んでいきました。

 s-IMG_0862.jpg

水路からウシガエルをくわえてきたハシボソガラス

 

  園内を歩いていると、土がぼこぼこ盛り上がっているのが目につきます。草が生い茂っているときは、気づきにくいですね。人が掘って山を作ったものでなければ、モグラ塚でしょう。モグラがトンネルを掘り、土が地面の上に持ち上げられたものです。鶴見川流域にも広く分布しているアズマモグラかと思われます。

 s-IMG_0812.jpg

水路のそばにたくさんのモグラ塚

  

 少し気温が上がったためか、地面をよくみるとオオイヌノフグリやセイヨウタンポポ、ホトケノザなどの花も咲いていました。春が待ち遠しくなりますね。

 s-IMG_0830.jpgs-IMG_0832.jpg

       

 

 

 

 

オオイヌノフグリ             セイヨウタンポポ

 s-IMG_0824.jpg

ホトケノザ

 

 現在、亀の甲橋下付近にある突堤が2月末まで開放されています。先端付近の岸辺ではカモが休息していることもありますので、そのときはゆっくり、静かに観察しましょう。詳細はこちらをご確認ください。 水際突堤の冬季臨時開放について

 

 s-IMG_0692.jpgs-IMG_0699.jpg

    

 

 

 

 

水際突堤の入口             先端付近の様子

   

s-map.jpg

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11