今回は、日産スタジアムお馴染みの人気イベント、ワールドカップスタジアムツアーをご紹介します。2002年の日韓共催のFIFAワールドカップの決勝戦が行われた日産スタジアムには、当時の貴重な品々や写真等が数多く残されています。当時の感動や現在のスタジアムの様子を、いつまでも多くの方に体感していただこうと、年間約150日間開催されています。

見どころ満載のツアーですが、特に人気のあるスポットを中心にご紹介します。

この日は、生憎の雨模様だったのですが、日曜日とあってお客様が絶えませんでした。

スタジアムツアー1.jpg

午後1時半スタートのツアーには、2組の親子が参加してくださいました。

早速、72327人収容と日本一の規模を誇るスタジアムの大きさや、Jリーグベストピッチ賞に何度も輝いた美しい芝生に見とれていました。

この日のツアーガイドは、ベテランの平川元美さん(白いポロシャツの方)です。

立て板に水の名調子で、スタジアムの歴史やワールドカップの説明をしてくださいます。

その平川さんが次にご案内したのが2002年FIFAワールドカップで優勝を飾ったブラジルチームが使ったロッカールームを再現した本物のロッカールームです。

スタジアムツアー2.jpg

ロッカーの壁には、当時のブラジル代表チームの全選手の直筆サインが残され、レプリカユニフォームも掛けられています。

そのロッカールームの隣にあるのが、選手のウォーミングアップルームです。

スタジアムツアー3.jpg

壁には、本物と同じ大きさのゴール枠が描かれており、壁のシルエットは、2002FIFAワールドカップMVPのドイツ代表GKのオリバー・カーン選手です。子どもたちは大はしゃぎで、"ゴール"をめがけてを思い切りシュートは放ちました。

スタジアムツアー4.jpg

次にご案内したのは、FIFAワールドカップの誘致から開催までの記念の品々や日本代表の記念品等が数多く展示されている正面ホールです。

スタジアムツアー5.jpg

参加国のユニフォームも展示されています。

 また、今年6月11日に開催されたキリンチャレンジカップ2015の日本代表とイラク代表の全選手直筆サイン入りユニフォームや日本代表の歴代サイン入りユニフォームも展示しています。

 そしていよいよ、正面ホール前から、ワールドカップで使用したアンセムが流れる中ピッチに登場です。

スタジアムツアー8.jpg

子どもたちは、我先にとピッチに飛び出していきました。

スタジアムツアー9.jpg

改めて大きなスタジアムと美しい芝生のピッチに大感激です。

この後は、メインスタンドの中央にあるVIP席に移動します。

決勝戦でペレ、マラドーナ、プラティニが観戦されたシートもあります。

早速座って記念撮影です。

 スタジアムツアー11.jpg

と、このような約1時間のコースですが、まだまだ見どころが本当にたくさんあります。

紹介しきれなくてゴメンナサイ。

また、ツアーガイドの皆さんは英語をはじめ、ドイツ語・スペイン語・中国語等外国語が堪能な方ばかりなので、外国人のお客様も大勢いらっしゃいます。昨年度は、アメリカ・タイ・香港・ブラジル等外国人のお客様が合計600人近くいらっしゃいました。

今回は大急ぎでツアーコースの一部をご紹介しましたが、見どころ満載のワールドカップスタジアムツアーへ是非お越しください。

開催日程等詳しくはこちらのURLをどうぞ→http://www.nissan-stadium.jp/tour/index.php

ヘイケボタル通信34

 ヘイケボタル通信34です。 

 6月21日。この日は新横浜公園市民活動支援事業の一つ「新横浜公園ホタルプロジェクト」のホタル観察会が行われました。数日前から雨予報となっていて、開催が不安な中で当日を迎えましたが、雷注意報が出ていたため、水路での観察会は中止とし、屋内でホタルのお話、飼育ケースのホタル観察を行いました。

 まずは、「新横浜公園ホタルプロジェクト」の活動についての紹介です。新横浜公園ができる前の原風景の一つを復活させるために、NPO法人や学校、地域の方々と協力してやってきたこの活動とここ1年間の活動を主に紹介しました。昨年度からはホタルが住み着きやすい環境も進み、新横浜公園のヘイケボタルも多くの方から知られるようになってきました。

ヘイケボタル通信33 (1).jpg

 続いてホタルのお話です。「世界のホタルの種類」や「日本でよく見られるヘイケボタルとゲンジボタルの世界的に珍しい生態について」など、クイズ形式で分かりやすく説明し、実際に幼虫やさなぎの様子を確認しました。

ヘイケボタル通信33 (2).jpg

 そして、ヘイケボタルの成虫の登場です。ヘイケボタルは暗い所を好むため、暗幕で包んだ状態で教室に運び込まれ、部屋を真っ暗にして観察しました。写真に写らないため、ここでは写真はありませんが、約80匹の成虫がキラキラと光っていて、とてもきれいでした。

 そしてこの日のイベントは終了しました。残念ながら水路のホタル観察はできませんでしたが、6月20日の夜にスタッフがヘイケボタルを確認していますので、安全な日の夜に見に来れば、もしかしたら新横浜公園の水路を飛んでいるホタルを見ることができるかもしれません。

ホタル水路の位置.jpg

 関東も梅雨入りしました。ジメジメとした日が続き外出には不便ですが、植物にとっては恵みの雨が降り、嬉しい時期かもしれません。

 新横浜公園フォトギャラリー6月度更新ブログです。

 今回も公園利用者の方から写真を投稿していただいたのでご紹介します。先月に引き続きBorrachoさんからご投稿いただきました。

 写真は67日に撮影したものです。

田植えの後.jpg

 「田植えの後」というタイトルの写真ですが、この日は田植えイベントがありました。この写真は530日に別の田植えイベントの苗です。1週間しか経過していませんが、しっかりと根を下ろし、これからどんどん大きくなるでしょう。今後の苗の生長が楽しみですね。Borrachoさんは他にも、この日に植えた苗の写真や蝶の写真も投稿していただきました。いつもありがとうございます。

  

 続いては、524日に開催された「新横浜公園四季折々のいきもの観察会」で撮影された写真です。この写真は大将さんからご投稿いただきました。

いらっしゃい!オオヨシキリ.jpg

 年間を通して5回行われる観察会の初回となったこの日は、初夏になるとやってくるオオヨシキリの観察会を行いました。写真のタイトルは「いらっしゃい!オオヨシキリ」です。最初は木の陰に隠れていましたが、少しすると木のてっぺんに出てきて「ギョギョシーギョギョシー・・・」と大きく口を開けて鳴いていました。観察会の様子はこちらをご覧ください。

 8月には第2回・第3回の新横浜公園四季折々のいきもの観察会を開催します。案内チラシも出来上がっておりますので、是非ご確認ください。

 

 今月は9枚の写真を新たに展示しています。どこにどの写真が飾ってあるかは新横浜公園フォトギャラリーのマップとリストをご覧の上、お越しください。

 6月11日に開催されたキリンチャレンジカップ2015日本代表VSイラク代表は、日本代表が4-0で快勝しましたが、2002年6月に日本中が熱狂したFIFAワールドカップの決勝戦会場ならではの演出がありました。

 キックオフの1時間前、場内に流れてきたのが懐かしい2002年のFIFAアンセム。そして、大型スクリーンに映し出されたのが、13年ぶりに登場した2002FIFAワールドカップの公式マスコット「スフェリックスTM」3体(アトー、キャズ、ニック)でした。思いもよらないマスコット登場に会場からは大きな歓声が湧き上がりました。

 ワールドカップの後、マスコットたちはどこにいたのでしょう。実は日産スタジアムボランティアがマスコットを大切に管理していました。4月の就任後にこの事実を知り感激した小倉純二日産スタジアム名誉場長は、再登場の場をキリンチャレンジカップ2015と即決しました。

 試合当日、日本サッカー協会の皆さまの多大なるご配慮により、マスコットたちはピッチから観客席の皆さんへ愛想を振り舞いて会場を盛り上げ、見事にロシア大会を目指すサムライブルー(日本代表)にエネルギーを注入したのです。

マスコット登場.jpg

  『「カラッペ」と「カララ」(JFAマスコット)と一緒に登場したアトー、キャズ、ニック(左から)』


マスコット登場2.jpg

 『小倉純二名誉場長、ボランティア代表の安田さんとマスコットたち』

心地よい風が吹き、天候に恵まれた6月7日(日)、新横浜公園内の田んぼを中心として、「田植え」と「花植え体験」が開催されました。

このイベントは、新横浜公園市民活動支援事業の一環として、日産スタジアム運営ボランティアが主導により開催されました。当日は、18組のご家族が泥んこになりながら、初めての体験に盛り上がりを見せていました。田んぼには、どの場所に苗を植えるかが分かりやすいようにカラフルな目印も付けてありました。これならば縦と横の列が崩れないで植えることが出来ます。

花植え体験では園路脇の花壇に、ニチニチソウやコリウスの花苗を綺麗に咲くように丁寧に植えました。

031.jpg

050.jpg

田植えの様子

034.jpg

035.jpg

038.jpg

泥に足がはまった時の、足の抜き方もしっかり教えていただきました!

しかし・・足が抜けずに泥んこになってしまいました。

054.jpg

田植え後は、今年のお米に対する想いも記入

030.jpg

花植えの様子

トリミング済み.jpg

最後はみんなで集合写真

 ご参加されたご家族のみなさん、日産スタジアム運営ボランティアのみなさんお疲れ様でした。

今回植えた苗が、秋ごろには黄金色の稲穂に育っていることを願いながら、成長の過程を見守りましょう。その頃には、新横浜公園恒例の案山子も登場します。その光景が待ち遠しいですね。

前の5件 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20