919(月祝)、「新横浜公園四季折々のいきもの観察会」の3回目の観察会が行われました。

 今回は「生きものにぎわう新横浜公園」と題し、2部構成のプログラムです。

 第1部は「新横浜公園を散策しながらの自然観察」です。

 今回自然観察をする場所は、新横浜公園の一般利用者は入れない場所です。この観察会のために特別に許可を取りました。

 講師は特定非営利活動法人鶴見川流域ネットワーキング(TRネット)さんです。ハチやヘビに遭遇したときの注意事項などを説明した後、早速観察場所へ向かいました。

観察場所へ向かう.jpg 

 参加者の皆さんに虫取り網と虫取りかごを渡して「バイオブリッツ」を20分ほど行いました。

 「バイオブリッツ」とは、決められた時間内にいろいろな種類の生きものをできるだけ捕まえて、最後に何が捕れたか確認し、解説しながら紹介する観察会方法です。

 みなさん網を上手に使って虫を捕まえていました。

虫捕りに夢中.jpg 

 短い時間にもかかわらず、見つけた生きものはなんと46!!

いきもの結果発表.jpgトノサマバッタ.jpgトノサマバッタ

 捕まえた生きものはすべてTRネットさんの解説がありました。どんなところにいるのか?どんな鳴き声なのか?何を食べるのか?丁寧な解説に参加者の皆さんも夢中になって聴いていました。

TRネット解説.jpg 

 第2部は「新横浜公園の生物多様性についての講義」です。

 慶応義塾大学名誉教授の岸由二先生によるスライドを使った屋内でのお話です。

岸先生のお話(1).jpg 

 6億年前の地球全体の生物の話から始まり、新横浜公園のいきものに関する「現状・危機・希望」についてお話いただきました。新横浜公園とは「多目的遊水地」であり、生物多様性保全をすすめるための潜在的な可能性が大いにあるということ。また子どもや一般市民がそれぞれ自分に関係あることなんだという認識を持ち、新横浜公園の可能性を生かしきることが生物多様性に繋がっていくというお話を写真を使い、分かりやすく説明していただきました。参加者からは「いきものがこんなに豊富な場所だとは知らなかった。」など、新横浜公園だけでなく新横浜周辺の生物多様性を知っていただけたようです。

岸先生のお話(2).jpg 

 この四季折々のいきもの観察会は年間で全5回行われる予定です。詳しい内容や日付は専用ページをご参照ください。そして、このイベントは、奈良造園土木株式会社にご協賛いただいています。

 今回は観察会のために公園内で捕まえたいきものを一時的にカゴに入れておりますが、その後逃がしております。みなさまも公園内で捕まえたいきものは放してあげるなど配慮し、大切にしていきましょう。

観察日 : 2016年 10月2日(日)

場 所 : バタフライガーデン周辺

生きもの: ツバメシジミ・ベニシジミ・コバネイナゴ・オオカマキリ

記事作成: 横山大将(鶴見川流域ネットワーキング)

  この日は、久々に気温が高い晴れた日になりました。10月とはいえ、こんな日なら昆虫たちの動きも活発になっているだろうと公園内を散策しました。予想通り、園内のあちらこちらでタテハチョウの仲間や、バッタ類が多く見られました。中でも、北側園地の野球場近くにあるバタフライガーデンには多くの昆虫たちが集まってきていました。花の蜜を吸いに来たもの、葉っぱを食べに来たもの、それらの昆虫を捕食しに来たものなどなど、多様な昆虫が見られました。今回はその一部を紹介します。 

 まずは、ベニシジミです。公園や、ちょっとした緑地でも見る機会の多い、美しいオレンジ色の(はね)をもつシジミチョウの仲間です。これよりも少し大きなツバメシジミというシジミチョウも見られました。後翅の先端に燕尾のような突起があることからこの名前がついたとされています。しかし、残念ながら、鳥に(ついば)まれたのか突起が欠けてしまっている個体も多かったです。バッタ類では、イネ科の植物を食べにやってきたコバネイナゴが多数見られました。主にこれらの小型昆虫が多かったですが、大型の捕食者であるオオカマキリも数頭見ることができました。写真の個体は、キンケハラナガツチバチというハチの仲間を捕食していました。限られたスペースでこれだけ多くの生きものを見ることができ、改めて生きものたちにとってのオアシスなんだなぁと実感しました。

ベニシジミ.jpgベニシジミ

ツバメシジミ.jpgツバメシジミ

コバネイナゴ.jpgコバネイナゴ

オオカマキリ.jpgオオカマキリ(捕食中)

ベニシジミほか場所.jpg

観察日 : 2016年 9月27日(火)

場 所 : 減勢池(大池(仮称))

生きもの: オオバン、バン

記事作成: 阿部裕治(鶴見川流域ネットワーキング)

  今年もこの鳥たちがやってきました。「オオバン」です。主にユーラシア大陸に広く分布し、日本では全国的に見られます(北海道は夏鳥。沖縄は越冬)。この新横浜公園では、9~5月くらいまで見ることができる冬鳥です。黒い体で額が白く、見分けはとても簡単です。白い額板(鳥類の一部にみられるくちばしから額にかけて伸びた板状の部分)は、幼鳥よりも成鳥が大きく、繁殖期にはより大きくなるようです。あしゆびに水かきがついているため、水上生活が得意ですが、ここでは大群で上陸して草を食べている姿もよく見かけます(近づくと一斉に水に入ります)。

  オオバンのそばには「バン」もいました。バンも全国的に見られますが、北海道、東北では夏鳥で、額板が赤いのが特徴です。3羽のうち2羽は幼鳥で、久しぶりにオオバン、コ(子)バンを同時に見ることができました(縁起が良かったのである願いごとをしました(笑)。子バンは、虫を追っかけているようで、ヒシの上をタッタカ走って食事に夢中でした。

  オオバンの到来で、今年も冬が近づいてきているんだなと実感。この冬はどんな冬鳥がやってきてくれるか、楽しみですね。

オオバン.jpgオオバン

バン.jpgバン(左:成鳥、中・右:幼鳥)

オオバン・バン場所.jpg

皆さん こんにちは!

9月10日()に、日産スタジアムで、ジャパンラグビートップリーグ、東芝ブレイブルーパス対キヤノンイーグルスの試合が開催されました。

 

日産スタジアムでは、18年ぶりとなるラグビーの試合でした。トップリーグは初めての開催ということで、スタジアム職員も緊張と期待で胸を膨らませていました。

なお、多くの若い世代にもラグビーを知ってもらいたいという気持ちを込めて、神奈川県内在住または在学の小中高生対象に自由席への無料招待が行われました。


ラグビーゴール.jpg

いつものサッカーゴールではなく、ラグビーゴールが設置されたピッチはとても新鮮ですね。サッカーの競技エリアは105m×68mですが、今回のラグビーの競技エリアは112m×68mでしたので、人工芝で拡張しました。

拡張.jpg

当日は、スタジアムピッチ見学ツアーや、元ラグビー日本代表・リオデジャネイロオリンピック女子セブンズ代表によるトークショー等のイベントも開催されました。

普段は中に入ることが出来ないピッチレベルで、選手のお話を聞いたり記念写真を撮って喜ぶ姿が見られました。

見学ツアー.jpg

18時、いよいよキックオフ。

選手が一列に並び緊張感溢れる姿は、どのスポーツに於いても感動的なシーンの一つですね。

キックオフ.jpg

         (左)東芝 (右)キヤノン

観戦された皆様も、ぶつかり合う選手の気迫と日本最大のスタジアムの迫力に圧倒されたのではないでしょうか。

プレー中.jpg

驚いたのは、場内アナウンスと大型スクリーンによる分かりやすく丁寧なルール説明です。

ラグビーを初めて観戦されたお客様は、ルールを理解しながら観ることができたと思います。他の競技ではなかなか無い対応に、感動されたお客様もたくさんいらっしゃったのではないでしょうか。

 

試合の展開は東芝の優勢から始まり、途中キヤノンに逆転されるも、東芝が意地を見せ勝利。東芝21―19キヤノンの大接戦でした。

そして観客動員数なんと、11,223人!!!・・・「いい、日産」。なーんて。

冗談はさておき、今シーズンのトップリーグの試合で、1番の動員数でした。これは日産スタジアムとしても、とても嬉しいことですね。


横浜国際総合競技場・日産スタジアムは、ラグビーワールドカップ2019の決勝戦会場に決定しています。今から準備を重ねて、選手を始め、ご来場される世界中の皆様に喜んでいただけるスタジアム作りをしていきます。スタジアムが満員になる光景が見たいですね。世界に誇れるスタジアムが用意できるように、努力します。

2019のぼり.jpg

日産スタジアムでは今年もまだまだたくさんのスポーツイベントが開催されます。スタジアムから望む、高く澄み渡る秋の空。鰯雲を眺めながらのスポーツ観戦は格別です。

是非、皆さまのご来場を、心よりお待ちしています。



いよいよ2週間後に迫った「アンカー 日産スタジアム・サイクルパークフェスティバル」の開催に向け、フラッグマーシャルを務めるスタジアムボランティアの皆さんが集まり、事前講習会が開催されました。

※フラッグマーシャルとは・・・本サイクルパークフェスティバルでは、コース上の各ポスト(ポイント)にてレース旗を振り選手に対して重要なメッセージを送る係員をフラッグマーシャルと呼んでいます。

 サイクルパークフェスティバルは年に1度だけ日産スタジアムを走れる自転車のお祭りとして、今年で12回目の開催となり、すでに800組2,000名近くの方がエントリーしています。

9月24日(土)のサイクルパークフェスティバル当日は、キッズレースを除き、日産スタジアムを含む新横浜公園内を走行するため、フラッグマーシャルを務めるスタジアムボランティアの役割はとても重要となっています。

マーシャル1.jpg

まず、マーシャル長より、フラッグマーシャルの役割や心得についての講義を受けました。

P1130350.jpg

次に、走者から判りやすいようにフラッグを振る練習です。逆8の字を描くように振るのがポイント!

P1130355.jpg

最後は、広い新横浜公園内のコースで状況を共有するためにとても重要な無線機の練習です。話し方や操作方法について学びました。

9月24日(土)の「アンカー 日産スタジアム サイクルパークフェスティバル」では、レースに参加される方だけではなく、当日ご来園・ご来場いただいた方にも楽しんでいただけるようなサブイベントも開催予定です。ぜひ、皆様のお越しをお待ちしています!

前の5件 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15