芝生観察日記 第88話

芝生観察日記の第八十八話です。

令和元年6月5日(水)

<~ Road to 2019&2020 ~>

 

 令和になって初めての芝生観察日記となります。

 

 日産スタジアムは5月26日のJリーグ翌日から4週間の芝生養生期間として、今秋開催されるラグビーワールドカップに向けた芝生作りのためにF・マリノスさんを始め、多くの関係者の理解と協力によって特殊な作業を行っています。

 

 昨年ハイブリッド芝に張替えを行い、テストマッチと位置付けられて10月27日に開催されたブレディスローカップ時の芝生の状態が、ラグビーの統括団体であるワ-ルドラグビーに大きな懸念を抱かせてしまい、以前の観察日記でも記したように今年1月より組織委員会、横浜市、日産スタジアムに国内外のコンサルティングチームを加えたワーキングチームを結成し、定期的に検討会を開催しています。

 

 主題は、ワールドカップに向けた芝生の改善策の検討です。

 

 そのワーキングの中で必須作業として決定したリノベーションを5月27日、28日に2日間かけてフィールド全面に実施しました。既に1週間が経過してしまいましたが、その時の様子を報告します。

 

 過去20年間、ハイブリッド芝に変更するまではリノベーションという言葉はブログや観察日記で登場したことはないと思います。

 

 リノベーションという言葉自体は、ビルやマンションなどの改修等で使われるため皆さんも馴染みがあるのではありませんか。

 

 しかし、芝生の管理作業においては、大規模な改修時に芝生を剥がす際に一部で使うことがあるようですが、通常の管理作業で聞いたことはありません。恐らくハイブリッド芝特有の言葉でしょう。

 

 そのため、私たちも今回が初めての経験となり、機械の設定から仕上がり面の共有までワーキングメンバーの中でも色々な意見があり、全員の意見がまとまるまで中々作業が進展しませんでした。

 

 特にワールドラグビーの意を受けた外国のコンサルチームと考え方を共有するのは至難の業でした。

作業中.jpg

刃.jpg 回転刃

 

 上の写真がリノベーション作業風景です。KOROフィールドトップメーカー(通称:FTM)を使用して行います。厚さ5㍉の刃が20㍉(刃と刃の間隔は15㍉)2列付いたリール式の回転刃が高速で回転して、芝生の表層7㍉の深さまで筋状に芝生を削り取るイメージです。削り取った芝生は右側に接続されているベルトコンベヤーにて並走するトラック吐き出して回収していきます。

実施前.jpgリノベーション実施後.jpg

 

 写真はリノベーション実施前と実施後の比較ですが、同じように作業を行っても芝生の状態によって筋の付き方や削り取られる芝生の割合が変わります。ちなみに今回の設定は、25%切除でしたが、外国チームからは50%での切除を要求されました。ちなみに50%だとこんな感じになります。

50%.jpg 

 しかし、これから梅雨入りして日照時間が減り、湿度の増加と多雨という芝生にとっては難しい季節を迎える日本で、4週間では芝生が回復しないという私たちの経験値や環境を説明して理解を得ました。 

 

 既に作業から1週間が経過しました。残る養生期間は3週間ですが、梅雨入りの声も聞かれるようになり、しびれる日々が続いています。

 

 6月22日には、Jリーグが控えています。好調を維持しているF・マリノスの選手達に迷惑は掛けられません。最善を尽くして回復を目指します。

 

 また、途中経過をご報告します。

U字スロープ脇花壇植え替え

 新横浜公園中央広場花壇の植え替えについて先日のブログで紹介しましたが、今回は5月29日に植え替えたスロープ花壇の花について紹介します。

 U字スロープ脇の花壇は、中央広場花壇同様この春までパンジーが植わっていました。役目を終えたパンジーを抜き取り、サンパチェンスを植えました。夏~秋にかけてはサンパチェンスが公園に彩ってくれます。

 2019.5 .31(1).jpg

2019.5 .31(2).jpg

 サンパチェンスは非常に水を多く必要としますが、水をたくさん与えると非常に大きくなります。現在は植えたばかりで花も少なく、花同士の間隔も広く見えますが、あっという間に大きくなり、花壇の土が見えなくなるまで大きくなります。ぜひ成長過程を見に公園へお越しください。

 このU字スロープ脇の花壇には宿根草も植えてあり、その植物も次々と花を咲かせています。ヒューケラは花が咲き、アガパンサスも間もなく花が咲きそうです。サンパチェンスと共に他の植物もお楽しみください。

 2019.5.31 (3).jpg

ヒューケラ

 2019.5 .31(4).jpg

アガパンサス

2019.5.31 (5).jpg

令和元年5月29日(水)

 

新横浜公園の2号水路にハナショウブが咲き始めました。


 

 昨年の11月に新羽小学校や太尾小学校に加えて新横浜町内会の子供会の皆さんにハナショウブの苗200株の植え込みをして頂きました。

 

 植えたのは白と紫の2色。現在白が一足先に咲き始めました。まだ植えて間もないため弱々しい状況ですが、順次白と紫の花を咲かせてくれることを楽しみたいと思います。

ハナショウブ0529_1.jpgハナショウブ0529_2.jpg 

 

 新横浜公園では、「ブルー&ホワイトガーデンプロジェクト」というコンセプトをもとに北側園地での花と緑による魅力づくりに取り組んでいます。

 

 ブルーは横浜の青い海、ホワイトはその海上に広がる白い雲をイメージしています。

 

 今後もハナショウブの植栽範囲を広げていくとともに、これまで取り組んできた藤棚、アジサイ、ヤグルマギクを始め、青や白を基調とした草花により公園の魅力を演出していきます。

 

 是非、新横浜公園に足を運んでみてください。

ハナショウブ2号水路.jpg

 2002FIFA ワールドカップ™の決勝戦会場(ファイナルスタジアム)であり、横浜F・マリノスのホームスタジアムである日産スタジアムの芝生を体感できるツアーを開催しました。このイベントは2008年より毎年この時期に開催しておりますが、ラグビーの試合に備え「ハイブリッド芝」となってからは初の芝生体験ツアー開催となりました!

 

(ハイブリッド芝:天然芝と人工芝を組み合わせた芝生のことです。日産スタジアムのハイブリッド芝への張替え工事についてはこちらのブログこちらの動画にてご紹介しております。ぜひご覧ください!!)

 

2019芝生体験ツアー_1.jpg 

 スタンドのVIP席で日産スタジアムのヘッドグリーンキーパーから芝生のお話しを聞いた後、普段関係者の方しか立ち入ることができない記者会見場や特別観覧席(スカイラウンジ)、Jリーグや国際大会等で選手が実際に使用しているロッカーなどを見学しました。

 

2019芝生体験ツアー_2.jpg特別観覧室(スカイラウンジ)も体験!

 

 2002FIFAワールドカップアンセムに合わせてピッチに選手になった気分で入場していただきました。

 

 芝生の上では、それぞれ思い思いの楽しみ方で天然芝の感触を味わっていました。

2019芝生体験ツアー_3.jpg 

  今回、参加者の方々には芝生の苗づくり体験もしていただきました。芝生は張替え工事前に採用していた「ティフトン419」という品種を植え、同じく張替え工事前に実際にスタジアムに入れていた土を使用しました!ご自宅でお手入れをしていただき「ミニ日産スタジアム」ができるといいですね。

2019芝生体験ツアー_4.jpg2019芝生体験ツアー_5.jpg芝生の苗を入れています

 

 参加者の方々からは、「とても楽しく貴重な体験でした」「芝生を歩くのがこんなに気持ち良いなんて、最高です」「サイコー!」などの感想をいただきました。

 

 今後も日産スタジアムで楽しんでいただける企画を行ないます。HP・メールマガジン等でお知らせしますので、ぜひご確認ください。

観察日 : 2019年 5月20日(月)

場 所 : 大池、バタフライガーデン付近

植 物 : クワの実

動 物 : アオサギ、キタテハ、キアゲハ

記事作成: 阿部裕治(NPO法人鶴見川流域ネットワーキング)

 

 天気予報では、夜から雨が降り始め、翌日はかなり強くなりそうな状況。多目的遊水地に鶴見川の水が流入すると、数日公園内への立ち入りが規制されるため、急遽観察に出かけました。

 

 亀の甲橋の上から大池を見ると、水面がほぼ黄緑色。4月のときよりもヒシが大分目立つようになってきました。公園内に入り、大池沿い歩きながら観察。1ヶ月前にいたコガモやハシビロガモ、ツグミといった冬鳥の姿はもう見られず、常連のカワウ、アオサギ、カルガモや、飛びながらピィーと鳴いているカワセミの声が聴かれました。アオサギは3羽いましたが、写真を撮った1羽はお食事タイムだったようで、水面を睨みつけアメリカザリガニやウシガエルと思われるカエルを食べていました。

DSCN5473.jpgヒシで水面が黄緑色に見える大池

 

DSCN5500.jpg捕食するアオサギ

 

 この時期、園内に生えているクワの木にはたくさんの実がなっています。生もジャムもおいしいクワの実。今も見つけると手が出ますが、小学生の頃、帰り道で友達とよくもまぁあんなにというほど食べまくっていたのを思い出します。

※新横浜公園内での採集は禁止されていますよ!

DSCN5508.jpgクワの実

 

 バタフライガーデンでは、吸蜜にきているモンシロチョウと一休み?しているキタテハを見つけました。キタテハは、オルレアの白い花にとまっていたため映えてとてもきれいでした。すぐそばの水路に生えているハナウドは、花が終わって種子ができ始めており、キアゲハの幼虫がもぐもぐタイム中。オルレアとハナウドどちらもセリ科植物ですが、キアゲハの幼虫はハナウドに多くついていたので、長年お付き合いのある在来のセリ科植物のほうが産卵されやすいんでしょうね。

 

 これからの時期、厳しい暑さや天候が不安定な日は無理をせず、安全第一で自然観察を楽しみましょう!

DSCN5528.jpgキタテハ

 

DSCN5531.jpgハナウドの種子を食べるキアゲハの幼虫

 キタテハほか場所.jpg

前の5件 18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28