ラグビーコラム第12回~第14回

新横浜公園メールマガジンにて6月14日(金)~11月8日(金)まで毎週金曜日配信予定の「ラグビーコラム」をまとめて記事にしました。今後も随時まとめていきますので是非ご覧ください。
  

【第12回テーマ:「出場国紹介(4)アイルランド」】

ラグビーワールドカップでは過去最高成績がベスト8ですが、2019年8月26日時点の世界ランキングは4位。今大会優勝候補の一角として臨みます。

アイルランド島は、地図上ではアイルランド共和国と北アイルランド(イギリス)に国が分かれていますが、ラグビーでは一つのチームとして戦います。このようなチームとなっている理由はアイルランドが国として南北に分かれる前からアイルランドラグビー協会が存在していたからです。

2018年は世界の最優秀選手・チーム・コーチ賞を総なめしており、絶対王者ニュージーランドも撃破しているアイルランド歴代最強の呼び声高いチームです。特に注目は2018年世界最優秀選手に選ばれた司令塔のジョニー・セクストン(ポジション:スタンドオフ)です。パスは自由自在でランが得意。キックの精度は非常に正確で距離も出せます。つまり何をしても超一流の選手です!

ラグビーワールドカップ2019 TMでは日本代表と同じプールAに所属しています。日本代表にとってはグループ最強の強敵となることでしょう。

 

横浜国際総合競技場では、9月22日(日)アイルランドVSスコットランドが行われました!

 

 

【第13回テーマ:「出場国紹介(5)南アフリカ共和国」】

南アフリカ代表はかつてメンバーのほとんどが白人であったことから「アパルトヘイト(人種隔離政策)の象徴」としてみられていました。人種の壁を超える契機となったのは1995年初の自国開催に導き、当時大統領であったネルソン・マンデラであることは周知の事実です。

ラグビーワールドカップでは過去1995年と2007年大会で優勝しており、今回は3大会ぶりの優勝を目指します。2019年9月2日時点の世界ランキングは5位です。

代表の愛称は「スプリングボクス」。アフリカ南部に生息し、驚異的な跳躍力を持つガゼルに似た哺乳類からとっています。愛称のとおり驚異的な身体能力を強みとしています。

今大会でももちろん優勝候補とされています。注目選手は南アフリカ代表初の黒人キャプテンとなったシヤ・コリシ(ポジション:フランカー)です。個性豊かな南アフリカ代表をまとめる「人種融和の象徴」といえるでしょう。

 

横浜国際総合競技場では、9月21日(土)ニュージーランドVS南アフリカが行われました!

 

 

【第14回テーマ:「出場国紹介(6)ニュージーランド」

先週に引き続き、ラグビーワールドカップ2019TMに出場する国をご紹介していきます。第6か国目は「ニュージーランド」です。

ラグビーに詳しくない方でも「オールブラックス」という愛称は耳にしたことがあるでしょう。「ブラック」の名の通り、黒いユニフォームがニュージーランド代表の象徴となっています。世界のどの国よりも高い勝率(7割を超える!)を誇り、どの国にも勝ち越しています。文字通り最強であり、かつ世界のスポーツの歴史上最も成功しているチームと言われています。

ラグビーワールドカップでは1987年・2011年・2015年に優勝しており、今大会では史上初の3連覇を目指します。2019年9月8日時点の世界ランキングは1位です。

試合前の踊り「ハカ」は必見です。ニュージーランド先住民族であるマオリ族伝統の踊りであり、相手チームは静かにその舞踊を見守るのがマナーとされています。大迫力のため「ハカ」を見るために観戦に来る方もいらっしゃるほどです。

 

 横浜国際総合競技場では、9月21日(土)ニュージーランドVS南アフリカが行われました!

 

次回より「日本」チームを紹介していきます。ぜひご覧ください。

 

 ラグビーコラムは新横浜公園メールマガジンにて連載中です。ぜひご登録ください!メルマガ登録画像.jpg 

ご登録はこちらから!!

観察日 : 2019年 9月26日(木)

場 所 : 大池周辺

動 物 : ツマグロヒョウモン、ヒメアカタテハ

植 物 : コスモス、ヒガンバナ

記事作成: 横山大将(NPO法人鶴見川流域ネットワーキング)

 

 日中の暑さも少し和らいできました。園内各所には、ヒガンバナが咲き始め、大池の周辺ではコスモスも色とりどりの花を咲かせています。

花.jpgきれいな花を咲かせたヒガンバナとコスモス

 

 その花々に、オレンジ系のチョウたちがやってきていたので、ゆっくり観察をしてみました。まず目の前に飛んできてくれたのは、ツマグロヒョウモンというタテハチョウの仲間です。

DSCF4229_ツマグロ♂.jpgツマグロヒョウモン(♂)

DSCF4238_ツマグロ♀.jpgツマグロヒョウモン(♀)

 

 ツマグロヒョウモンは、メスの(はね)の先端が黒くなるため、この名前があります。対してオスの翅は全体的に(ひょう)(もん)の柄があります。幼虫はパンジーやビオラといったスミレの仲間を食草とするため、都心部でも多く見られます。オスは、吸蜜をしつつ縄張りをもって、パートナーの当来を待ちます。運良くメスもやってきて、雄雌両方を見ることができました。

 

 よくよく見てみると、ツマグロヒョウモンに似ていますが、色合いが少々違うチョウも混じって飛んでいました。ヒメアカタテハです。

DSCF4233_ヒメアカタテハ.jpgヒメアカタテハ

 

 ヒメアカタテハは、成虫で越冬するタテハチョウの仲間で、幼虫はヨモギを食草とします。そのため、ツマグロヒョウモンと同様に、都心部でも比較的多く見られます。こちらを警戒しているのか、少し飛んでは止まり、また少し飛んでは止まりを繰り返し、様子をうかがっているようでした。

 

 これらの見分けができると観察がずっと楽しくなりますね。これから徐々に涼しくなってきます。体調を崩さないように注意して、フィールドワークをお楽しみください!

ツマグロヒョウモンほか場所.jpg


ラグビーワールドカップ2019TMが開幕しました!横浜国際総合競技場(日産スタジアム)では、すでに2試合行われ、両試合とも6万人を超す多くの来場者で会場は盛り上がりました。

新横浜駅から新横浜公園(日産スタジアム)に来るときに、ほとんどの人が通る東ゲート橋ですが、東ゲート橋の11本の街灯にはそれぞれハンギングバスケットが掛けられ、一年中季節の花で彩られています。

ラグビーワールドカップ2019TMの開幕前に花の植え替えを行いました!

2019.9 .22(1.5).jpg

赤やピンクの大きな花:フォーチュンべゴニア

赤い葉っぱに白く丸い花:アカバセンニチコウ

垂れ下がっている手のひらのような形の緑の葉:アイビー

濃いピンク色の三角の花:セロシア

斑入りの細い葉:ミスキャンタス

上記の5種類で秋らしい色に仕上げてあります。

まだまだラグビーワールドカップ2019TMも始まったばかりです。ぜひご来場の際は花もお楽しみください。

新横浜公園では東ゲート橋以外の場所にも、国内外から来場される多くのお客様を色とりどりの花々で迎えるおもてなし花壇を設置しています。是非、ご来場の際には花もお楽しみください。

ラグビー開催日は、観戦チケットがないと東ゲート橋が規制されているため、ラグビー観戦のお客様以外はご覧になれませんが、普段はどなたでもご覧になれます。

2019.9 .22(1).jpg

「新横浜公園月見ヨガ」初開催!

2019年9月14日(土)満月の夜に新横浜公園で初となる月見ヨガを開催しました。

写真①.jpg

場所は草地広場。広場を広く使い、好きな場所にマットを引いて、楽しんでいます。

講師には日本フィットネス協会ディレクターである山田多佳子先生をお招きし、19時より、1時間しっかりと体を動かしました。

写真②.jpg

開催当日の天候はくもり時々晴れ、時折、月も顔を出し、月見ヨガの名にふさわしいコンディションの中、実施することができました。

写真③.jpg写真④.jpg

気温は約20度。心地よい風が吹く中、みなさん気持ちよさそうにヨガを楽しんでいます。

写真⑤.jpg

写真⑥.jpg

隣の人とペアを組んだり、全員で取り組んだり、色々な動きを取り入れてます。

最後に照明を消して、心と体をリフレッシュ。みなさん満足した表情で帰っていかれました。

今回初開催となった「新横浜公園月見ヨガ」ですが、参加した方の満足度は高く、また参加したいと多くの声をいただきました。

今回参加されなかった皆様も、次回開催の際には、ぜひご参加ください。

ラグビーコラム第9回~第11回

新横浜公園メールマガジンにて6月14日(金)~11月8日(金)まで毎週金曜日配信予定の「ラグビーコラム」をまとめて記事にしました。今後も随時まとめていきますので是非ご覧ください。
  

【第9回テーマ:「出場国紹介(1)フランス」】

ラグビーワールドカップ2019™に出場する国をご紹介していきます。第1か国目は「フランス」です。

ラグビーワールドカップでは過去準優勝が3度!(1987年・1999年・2011年)悲願の初優勝に挑みます。2019年7月現在の世界ランキングは8位。常に世界のトップレベルを走っているチームです。

代表の愛称は「レ・ブルー(Les Bleus)」。意味はそのまま「青」。青をチームカラーとしています。ちなみにサッカーフランス代表の愛称も「レ・ブルー」です。

プレーの特徴は全員が連携して次から次へとパスを繋いで前進することを伝統としています。次から次へと人が現れボールを常に動かしている様から、シャンパンの泡がはじける様子に例えて「シャンパンラグビー」と言われています。型にはまらない、ひらめきを重視するラグビーでサプライズをやってのけるフランス代表に注目です!

 

 横浜国際総合競技場では、10月12日(土)17時15分K.O.(予定)イングランドVSフランスが行われます!

 

【第10回テーマ:「出場国紹介(2)スコットランド」】

ラグビーワールドカップでは過去最高成績が4位!(1991年)今大会悲願の初優勝に挑みます。2019年8月現在の世界ランキングは7位。過去ワールドカップで日本とは3度対戦しており、前回大会では日本に唯一の土をつけた宿敵です。

代表の愛称はありませんが、エンブレムに「アザミ(キク科)」が入っています。ちなみにアザミはスコットランド国花でもあります。

注目選手はチームを率いるグレイグ・レイドロー主将(ポジション:スクラムハーフ)です。状況判断力とプレースキックのレベルは世界屈指と言われています。(イケメンなのも要チェックです!)

 

 横浜国際総合競技場では、9月22日(日)16時45分K.O.(予定)アイルランドVSスコットランド・10月13日(日)19時45分K.O.(予定)日本VSスコットランドが行われます!

ラグビーワールドカップ2019™では日本代表と同じプールAに所属しています。8強を目指す日本代表にとって絶対に負けられない戦いとなることでしょう。

  

【第11回テーマ:「出場国紹介(3)イングランド」】

イングランドはラグビー発祥の地と言われています。

ラグビーワールドカップでは過去2003年大会で優勝しており、4大会ぶりの優勝を目指します。2019年8月現在の世界ランキングは5位です。

代表の愛称は正式なものではありませんが「レッドローズ」です。白いジャージに「赤いバラ」のエンブレムが印象的なことから、レッド(赤い)ローズ(バラ)と呼ばれるようになりました。ちなみに、イングランドのA代表は「サクソンズ」という愛称も持っています。これは、イングランドという国の基礎を築いたとされる「アングロ・サクソン民族」が由来となっています。

自国開催の2015年大会ではまさかのプール戦敗退。

大きく沈んだチームを引き上げたのが2015年のラグビーワールドカップで日本代表を率いて南アフリカ代表を破り、世界を驚かせたエディー・ジョーンズHC。2017年にはテストマッチ18連勝を達成。世界タイ記録に並ぶほどの快進撃で、チームを甦らせました。

 

 横浜国際総合競技場では、10月12日(土)17時15分K.O.(予定)イングランドVSフランスが行われます!

 

 ラグビーコラムは新横浜公園メールマガジンにて連載中です。ぜひご登録ください!メルマガ登録画像.jpg 

ご登録はこちらから!!

前の5件 14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24