芝生観察日記 第78話

 芝生観察日記の第七十八話です。

 

 平成29年10月10日(火)代表戦でフィールド上に・・・?

 

 皆さんこんにちは。大変ご無沙汰になってしまい、申し訳ありません。

 

 先日、2年ぶりに日本代表戦(日本vsハイチ)が行われました。試合は3-3のドローに終わってしまい、少し残念な結果となってしまいましたが、結果以上に『うん?』『何だ?これは?』と多くの方が思われた出来事があったと思います。

 それは、ホーム側センターサークル脇に謎の文字(下段写真)

遠目八の字.jpg

遠目には八の字状に見える傷跡

ターン跡.jpg     ターン跡は擦り切れて裸地化した部分も

 

 実はこれ、前日の公式練習で出来てしまった傷跡なのです。選手たちがウォーミングアップで隊列を組んで数十分間グルグルと走り続けたため、擦り切れてしまった跡です。選手たちも徐々にスピードを上げて走るためターンする角は場所によって芝生がほとんどなくなってしまった部分もありました。

 

 ご存知の方も多いと思いますが、日産スタジアムの芝生は『夏芝』と『冬芝』を併用して使用しています。現在の芝生はベースとなっている『夏芝』も緑色を呈していますが、9月上旬に蒔いた冬芝の種子が生え揃い始めて徐々に表面が『冬芝』で覆われ始める時期になっています。とは言うものの、まだ芽吹いてから1ヶ月ほどしか経過していない冬芝のため、選手たちのターンに耐えられず擦り切れてしまいました。ちぎれてしまった芝生は回収し、刈込みも行いましたので、表面は綺麗になりましたが、減ってしまった芽数は増やすことができず、照明の光が当ることで黒ずんで見えてしまったということになります。直線的なダッシュだけであれば、その部分を張り替えてしまうことも出来たのですが、八の字状に曲線で擦り切れてしまったため、張り替えることもできず。あのような形で皆さんの目に触れる結果となってしまいました。

 

 でも、ご安心ください。週末のJリーグ(横浜FMvs大宮アルディージャ戦)では、この傷跡が目立たなくなっていたと思います。何をやったかといいますと、『張替え』を実施しました。別に用意してある状態の良い芝生と入替えを行って傷跡が判らないようにしたのです。

 

 前記したように、曲線状の傷だったので、全部綺麗に張り替えることはできませんでしたが、特にすり切れの激しい部分は綺麗な芝生に差し替えを行いました。本来は利用に耐えられる強い芝生を造らなければならないところなのですが、やむを得ず張替えという最終手段を駆使して改善を図りました。

 

 これからも皆さんに喜んで頂ける芝生の提供に努めたいと思いますので、暖かく見守って頂ければ幸いです。

芝張り替え後.jpg芝張替え後。曲線なのでくの字になっています。

10.14Jリーグ当日.jpg   10/14Jリーグ戦当日のセンターサークル脇かなり判らなくなったと思います。

観察日 : 2017年 10月3日(火)

場 所 : 減勢池、第二レストハウスそばのスロープ

生きもの: オオバン、コガモ、トノサマバッタ

記事作成: 阿部裕治(鶴見川流域ネットワーキング)

 

 9月下旬以降、池を覆っていたヒシが落ちはじめ、水面が大分見えるようになってきました。カルガモやバンといった(りゅう)(ちょう)に加えて、カモなど渡りの鳥を見かける機会も多くなってきています。

 

 今年も早速やってきました。オオバンです。額が白いのが特徴で、幼鳥よりも成鳥の方が大きく目立ち、年齢を重ねる毎に発達具合が変わると言われています。

 

 排水門付近では、コガモを10羽確認できました。オスはまだエクリプスと呼ばれる雌と同じような地味な色合いですが、これから求愛のために派手目な羽色に変わっていきます。

 DSCN0851.jpg

オオバン(クイナ科) 

DSCN0894.jpg

    コガモ(カモ科)

 

 晴れて気温も上がってきたため、第4回の生きもの観察会で実施できなかったバッタ釣りにも挑戦しました!場所は、第二レストハウスのそばにある堤防へ上がるスロープ。道具は簡単で、6cmくらいに切った枝をタコ糸で結んだだけ。枝をメスだと思って飛び乗ったオスが釣れます。

 

 1匹目、茶色いトノサマバッタを見つけ、期待して枝をそばに落としてみるとすぐに飛んで逃げてしまいました。すぐ2匹目を発見。今度は緑です。枝をそばに近づけると一瞬興味をもちかけた動きを見せましたが飛び乗らず。。三度目の正直なるか、3匹目は茶色です。枝を落とし、ピクッと興味を持ったので、チョンと少し動かすと飛び乗りました!釣れたバッタは、多少手で棒を降っても逃げません。子孫を残そうとオスも必死です。10月いっぱいまでは晴れた温かい日であればできるかと思いますのでぜひ挑戦してみてください。

DSCN0871.jpg

2匹目、興味を持ったが釣れず 

DSCN0872.jpg

3匹目、飛び乗りました!

DSCN0876.jpg

釣れました!

トノサマバッタほか場所.jpg

 

101日(日)今回で通算3回目の開催となる「全国統一かけっこチャレンジ2017」を素晴らしい秋晴れのなか、日産スタジアムで開催いたしました。

日本陸上連盟第1種公認の陸上競技場トラックで、公式競技会と同じ写真判定装置を使用して50m・100mのタイムを計り、記録証と自分のゴールシーンの写っている写真判定映像がもらえるイベントです。

 

当日は5歳から76歳まで980名の方に参加していただきました。北は栃木県、南は福岡県からもエントリーがありました。

1001-1.jpg

1001-2.jpgまずは50m走からスタート!

最年少の5歳の子供たちはまっすぐ自分のレーンを走ることができるのかスタッフも心配でしたが、ゴール目指して一生懸命走っている姿が微笑ましかったです。

 

 

1001-3.jpg

 

 

1001-4.jpgレース後半は大人の出番です!

日産スタジアムの大きさと、競技会同様の演出で久しぶりに緊張された方も多かったと思います。足が少しもつれて思うように前に進めなかった方もいらっしゃいましたが、皆さん全力疾走で頑張っていました。

 

 

1001-5.jpg 日産スタジアム会場独自の演出である大型ビジョンによる映像は、全レーススタートからゴールまでをカメラで撮影しました。

1001-6.jpg サブイベントとして、2010年アジア室内陸上陸上競技選手権大会の走り幅跳びで金メダルを獲得した

猿山力也選手によるかけっこ教室も開催され、多くの方が熱心に指導を受けていました。

 1001-7.jpg

 トラックの脇に設置した100m走の世界記録を表示した電子パネルの前では、ウサイン・ボルト選手のお決まりポーズで記念撮影をしている方もいらっしゃいました。

 

1001-8.jpg

 最後は自分の名前とタイムが入った記念の記録証と自分のゴールシーンが写っている写真判定映像を受け取って皆さん笑顔でスタジアムを後にしました!

 1001-9.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日もスタジアムボランティアさん40名の方々に受付や案内、記録証配布などのお手伝いをしていただき、多くの皆様が笑顔あふれるイベントを円滑に運営することができました。ありがとうございました。

 9月30日(土)に北側園地の田んぼで稲刈り・かぼちゃ取りと生き物探しをおこないました。このイベントは、新横浜公園市民活動支援事業として活動している「鶴見川舟運復活プロジェクト」と「新横浜町内会」の2団体が共催のイベントです。

 6月に同プロジェクトで田植えをおこなった稲は、今年の冷夏や台風にも負けず、金色の稲穂をつけました。

 

 集合した後、まずはお化けかぼちゃの収穫へ。

スタート.jpg

 去年は収穫できませんでしたが、今年はこんなに大きなかぼちゃが取れました!

 こどもたちもびっくりしながら代わる代わる触っていました。

かぼちゃ集合.jpg

 その後は、お待ちかねの稲刈りです。やり方を教わり、大人の方に見守られながら、慎重に鎌を使い丁寧に刈り取っていきました。

稲刈り.jpg

 この日を無事迎えられたのも、当日の準備はもちろん、日々の稲の管理をしてくださったプロジェクトメンバーの方々の尽力があればこそ!

稲刈り準備.jpg

 稲刈りの合間には、田んぼの近くで見つけたカエルやバッタ、蝶などの生き物のお話もあり、大人も子どもも秋の一日を満足できたのではないでしょうか。

 生き物観察.jpg

 今年取れたもち米の量は、例年通り60~70kg程度とのことです。今回収穫したもち米は、来年の1月に新羽町内のほうでお餅つきをする予定です。

 ご参加いただいた皆様ありがとうございました!

 930(土)、「新横浜公園四季折々のいきもの観察会」(協賛:株式会社春秋商事)の4回目の観察会が行われました。

 

 今回は昆虫と植物がテーマです。昨年を越える昆虫・植物に出会えるよう、参加者の皆さんは気合十分の様子でした!

 

 講師は特定非営利活動法人鶴見川流域ネットワーキング(npoTRネット)さんです。ハチに遭遇したときの注意事項などを説明していただきました。また、今回は特別講師として慶応義塾大学名誉教授の岸由二先生にお越しいただきました。

IMG_2221.jpgIMG_2228.jpg

慶応義塾大学名誉教授 岸由二氏

  

 どんないきものに出会えるのか期待を持ちつつ、早速公園内での観察会のスタートです。

IMG_2233.jpg

 公園内に植えてあるオニグルミの木を見つけました。一般的にクルミというと、茶色いカラに覆われた姿を想像しますが、木についている状態は青い果肉に覆われていて、ブドウの房のようでした。とてもあの硬いカラが中にあるとは思えません!

IMG_2247.jpg

オニグルミの木を観察中

IMG_2252.jpg

オニグルミの実

 続いて、新横浜公園内にて実施している「水路の多自然型管理」について岸先生より解説していただきました。こちらでは、昔の自然にもどす方式ではなく、安全や外観にも配慮して、同時に生物多様性を高めてゆく多自然型の管理をすすめています。アシやオギ、タチヤナギの群落などを積極的に配置し、オオヨシキリやクワガタ、カブトムシなどが来るようにしています。

 

 具体的にどのような活動をしているのかはこちらのブログをご参照ください。

IMG_2261.jpg

水路の多自然型管理について解説中

 

IMG_2266.jpg

 

 次にバイオブリッツを行ないました。「バイオブリッツ」とは、決められた時間内にいろいろな種類のいきものをできるだけ多く捕まえて、何が捕れたか確認し、解説しながら紹介する観察会方法です。


 みなさん網を上手に使って虫を捕まえていました。

IMG_2283.jpg

 

 30分という短い時間にもかかわらず、見つけたいきものはなんと68種!!(昨年は46種でした)

昆虫は32種見つけることができ、目標の30種を超えることができました!

IMG_2331.jpg

 

 捕まえた全てのいきものについて、npoTRネットさんの解説がありました。どんなところにいるのか?どんな鳴き声なのか?何を食べるのか?丁寧な解説に参加者の皆さんも夢中になって聴いていました。

IMG_2324.jpgIMG_2297.jpg

クマバチ

IMG_2302.jpgエンマコオロギ

IMG_2337.jpgヒメアカタテハ

IMG_2339.jpgカナヘビ

 

 この四季折々のいきもの観察会は年間で全5回行われる予定です。次回の開催は123日(日)です。鳥をテーマに「今年もカモがやってきた!身近な冬の鳥を観察しよう」を開催します。皆様のご参加をお待ちしております。そして、このイベントは、株式会社春秋商事にご協賛いただいています。

 

 

 今回は、観察会のために公園内で捕まえたいきものを一時的にカゴに入れておりますが、その後逃がしております。みなさまも公園内で捕まえたいきものは放してあげるなど配慮し、大切にしていきましょう。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11