芝生観察日記 第90話

芝生観察日記の第九十話です。

令和元年11月27日(水)

<~ Road to 2019&2020 ~>

 

 ラグビーワールドカップ2019™ 第一報

 

 9月20日に開幕して約6週間に亘って熱戦が繰り広げられたラグビーワールドカップ2019™が閉幕しました。

 

 日本代表の歴史的な勝利に沸き、日本中がラグビーに熱狂しました。

 

 <~Road to 2019&2020~>という題名で昨年からラグビーワールドカップ2019™と来年に控えた東京2020に向けた芝生の管理について書き綴ってきましたが、この大会における独占使用期間中はスタジアム内の映像等を露出することが制限されていたため芝生観察日記も更新できずにいましたが、ようやく大会が終わり独占使用期間も解除されたので3回に分けてお伝えしていきます。

グラウンドスタッフ.jpg 

 今年は長梅雨の影響により暖地型の芝生の生育が鈍く、寒地型芝生から暖地型芝生へのトランジション(切替)が想定通りにいきませんでした。

 

 今年の梅雨は、記録的な低温、日照不足、長雨という例年以上に暖地型の芝生にとっては最悪の条件が揃ってしまいました。そのような悪条件下で、寒地型の芝生が7月に入っても衰退する気配はなく、逆に暖地型の芝生がなかなか表面に出てこられませんでした。結果として、梅雨が明けて気温が一気に上昇したことで寒地型の芝生は急激に衰退してしまいましたが、直ぐに暖地型の芝生が出てくることはなく、砂が露出して芝生がない部分も目立つ状態となりました。

 

 日産スタジアム(横浜国際総合競技場)で行われたワールドカップの試合は、9月21日に行われたニュージーランド代表VS南アフリカ代表の試合に始まり、11月2日に行われた決勝戦までの6試合でした。

 

 本来は10月12日にプール戦、イングランド代表VSフランス代表戦の7試合が予定されていましたが、ご存知の通り台風の影響で中止となったため6試合となりました。

 

 どの試合も6万人を超える注目のカードばかりでした。約6週間に亘る大会期間は常にコンディションを維持しなければならず、ラグビーの国際統括団体であるワールドラグビー(WR)からは、この大会の成功は決勝戦会場である日産スタジアムの芝生に懸かっているとプレッシャーを掛けられる日々でした。

 

 そのため、昨年末よりWRが指名した外国のコンサルティング会社を含めて芝生のワーキングを定期的に行いながら、芝生のコンディションは常に監視されてきました。結果として、8月初旬に行われたワーキングにおいて決勝戦を含む7試合に耐えられる芝生に至っていない部分があるとの評価が下り、急遽大面積の補修を行うこととなりました。実に大会開幕の4週間前のことです。

 

 世界レベルの試合を7試合、最高の状態で整備するという大義は誰も経験したことがないので、我々も内心悔しさを堪えながらも大会を成功させることが何よりも重要であったためワーキングの決断を受け入れました。

ワーキング.jpg 

 芝の補修は8月17日のJリーグ翌日から急ピッチに進められ、8月30日に完了しました。この段階で大会まで3週間というタイミングでした。当初の計画では、9月21日の第一戦は暖地型芝に寒地型芝をオーバーシードした状態で迎える予定でした。しかし、芝補修をして根付きが甘い芝生に直ぐオーバーシードすると来年の芽出しに影響するという認識でワーキング内の総意が得られたため、9月のプール戦2試合は暖地型芝のみで迎え、2試合を終えた時点でオーバーシードを行うことにしました。

フィールド拡張作業.jpgフィールド拡張全景.jpg 

 大会3週間前となる9月2日よりインゴールを含むプレーエリア以外の整備が始まりました。日産スタジアムは陸上競技用のウレタントラックがあるため、プレーエリアとなるハイブリッド芝以外の部分を天然芝と人工芝で覆わなければなりません。

 

 ウレタントラックを人工芝で覆うことは従来から実施していますが、今回はハイブリッド芝の外周囲約2,800㎡に天然芝のビッグロールを張りました。これは、WRが認めた公認の人工芝か天然芝の何れかで覆うことを選択することとなっていましたが、横浜市では選手がより安全・安心にプレーできるようにと天然芝で覆うことを選択しました。同様の手法は熊本、大分、東京でも採用されました。

 

 土が無いウレタン上に天然芝を張って2ヶ月維持するというのは今大会が初の試みではないでしょうか。この技術は今後日本における様々なイベントやスポーツ大会の場面で活用される気がします。

 大会前フィールド全景.jpg 

 これが、拡張して大会前のフィールド全景です。今大会に向けて周囲の人工芝も新たに導入されました。

 

 さて、9月20日に東京スタジアムで華々しく始まった大会は、日本代表が見事開幕戦を勝利で飾り、大会の盛り上がりを後押ししました。

 

 翌21日には日産スタジアムでの開幕戦となるニュージーランド代表VS南アフリカ代表戦が63,439人の大観衆の中で開催されました。

 

 当日の天気は曇り。この試合に向けて芝の刈高は暖地型芝に合わせて15㍉としました。WRから大会時の芝の刈高について25㎜~35㎜という基準が示されていましたが、実際これは寒地型芝が主流のヨーロッパ基準であり、暖地型芝だけでこの高さを維持するのは難しく、選手にとっても良い状態とは言えないでしょう。

9月21日試合前前景.jpg自走芝刈り.jpg 

 これが日産スタジアムでの開幕戦となったニュージーランド代表VS南アフリカ代表戦前のフィールド全景です。暖地型芝だけで迎えると決めた際、懸念された要因の一つに刈込みの際に描かれるモーイングパターン(刈込みデザイン)がありました。寒地型芝に比べてどうしても芝丈が短い分、綺麗な刈目が付き辛いのです。

 

 今大会は、写真のようにWRオフィシャルのモーイングパターンで全会場統一されていたので他の会場との比較が分かり辛かったかもしれません。このモーイングパターンは見た目の印象も大きいですが、芝の状態を見極める基準にもなり、他の会場の状態がどうかというのが非常に気になりました。

9月21日試合後の状況.jpg9月21日試合後の状況(近景).jpg9月21日試合後の傷.jpg 

 これは試合後のスクラムが組まれた場所の状況です。試合をご覧になられた方は芝が飛び散り、大丈夫なのかと思われた方もいると思いますが、暖地型芝特有の傷み方であると同時に、ハイブリッド芝化されているため、抉れたり、凹んだりすることもなく試合翌日に芝を刈ると綺麗になってしまいました。

9月22日試合前全景.jpg 

 これは、翌22日に開催されたスコットランド代表VSアイルランド代表戦前のフィールド全景です。

 

 当日の天候は、曇りから生憎の雨となり、芝生のダメージが懸念されましたが、前日の試合同様に目立つ傷は残らず、芝刈り後には綺麗な状態になりました。何とか最初の山を無事に乗り切ることができました。WRや試合を終えた選手からの苦情や問い合わせもなく、ホッとしたのも束の間で、翌日から10月以降の試合に向けた寒地型芝の播種が始まりました。

 

 その様子は、第二報で報告します。  

観察日 : 2019年 11月19日(火)

場 所 : 大池

生きもの: オオタカ、アオサギ、オカヨシガモ、オオバン、タシギ、カンムリカイツブリ

記事作成: 阿部裕治(NPO法人鶴見川流域ネットワーキング)

 

 夜中は台風を思わせる強い雨風でしたが、明けてみると何事もなかったかのように晴れ上がっていました。

 

 天候の変化があったときは、何かおもしろい観察ができるのではないかと期待します。亀の甲橋から公園内に向かおうとすると、さっそく事件が起こりました。4羽ほどのオオバンを追ってタカが鶴見川へ。オオバンは川面に着水しました。タカは獲物を狩ることなく水面すれすれを飛翔。排水門下手付近の木にとまったので、オオタカと分かりました。200mほど離れており、写真は下のような具合で精一杯だったため、もう少し近くで撮影しようと歩いていたところ、飛び立たれてしまいました。鳥の撮影、残念無念。あるあるですね。

DSCN9452.jpgオオタカ

 

 公園内に入り、観察を再スタート。いつもは水辺にいる姿を見ることが多いアオサギですが、今日はそういう気分じゃないのか、遊水地の堤防の上から高みで見物しているようでした。大池は、10月末の観察よりハシビロガモの数が増え、換羽もすすんできている様子。休息しているのは数羽で、ほとんどは頭を水に突っ込んで採食していました。オカヨシガモは、30羽ほど。若干遅れているのかなと心配していましたが、今シーズンも無事に訪れてくれました。

DSCN9496.jpg堤防の上から池の様子を見ているアオサギ

DSCN9470.jpgオカヨシガモの群れ

 

 次の写真も大池で撮影しました。おなじみのオオバンは、パッと目につきますが、もう1羽、かくれんぼの名人?名鳥がいるのですが分かるでしょうか? 正解は、この観察日記でも何回か登場しているタシギです。枯れ草に体を沈めて潜んでいたら、まず分からないですよね。

 

 続いては潜りの名手、カイツブリの仲間のカンムリカイツブリ。国内で見られる5種のうち最も大きく、多くは冬鳥として渡来します。顔に幼鳥のときの黒い模様がまだ残っていますね。やっと撮影の準備ができてシャッターを押すと、図ったかのように水に潜っていなくなってしまい苦戦しましたが、ねばってなんとか撮れました。

 

 これから本格的な冬のシーズンに入ります。水辺での観察は、より寒さを感じることがありますので暖かい服装、装備で観察を楽しみましょう!

DSCN9533.jpgオオバン(黒)ともう1羽  どこにいるでしょうか?

DSCN9543.jpg正解はタシギでした。

DSCN9510.jpgカンムリカイツブリ

場所カンムリカイブツリほか.jpg

観察日 : 2019年 11月9日(土)

場 所 : 第2運動広場周辺、大池周辺

生きもの: モズ、ケラ(はやにえ)、ヨコヅナサシガメ

記事作成: 横山大将(NPO法人鶴見川流域ネットワーキング)

 

 朝晩の冷え込みが一層厳しくなり、冬がやってきたことを実感する今日このごろです。今回は、私の中での「冬といえば」の生きものをご紹介したいと思います。園内を歩いていると、スズメより少し大きく尾羽の長い鳥が私の前を横切っていきました。目で追いかけ、カメラで見てみると、大好きな「モズ」がいました。

DSCF4394.jpgモズ

 

 何度かこのブログにも登場している鳥ですが、相変わらず橙色がきれいで目を奪われます。ですが、モズがいるということは今年も"はやにえ"の被害者もいるのではと思い、大池沿いの木の枝先を見てみました。すると、素晴らしく(?)状態の良い「ケラ」の"はやにえ"が見つかりました!

DSCF4390.jpgモズの"はやにえ"(ケラ)

 

 人によっては、閲覧注意の画像かもしれませんが、はやにえがあるということは周辺地域にはやにえになった生きものが生息しているということです。ちなみにケラは、大きな括りでいうとバッタの仲間にあたる昆虫ですが、神奈川県のレッドデータブックでは「要注意種」に選定されていて、減少傾向にあり、あまり見かける機会は多くありません。

 

 最後に、クヌギが植えられている地点を観察してみました。気温が低いため、スズメバチ類やコガネムシ類は見られませんでしたが、樹皮の隙間に黒い光沢のある昆虫が集団で見られました。カメムシの仲間の「ヨコヅナサシガメ」です。

DSCF4393.jpg集団越冬するヨコヅナサシガメ

 

 本来、中国から東南アジアに生息するカメムシの仲間ですが、日本で最初に確認されたのは、昭和初期といわれており、貨物に混じって九州に入ったとされています。他の小昆虫に吻を刺して捕食しますが、不用意につかもうとすると稀に人間も刺される事があるそうなので、見かけた際は触らないことをオススメします!

 

 冬本番、これから更に寒くなっていきます。冬鳥の観察のシーズンになりますが、体調管理を十分にして、フィールドワークをお楽しみください!

ヨコヅナサシガメほか場所.jpg

ラグビーコラム第22回(最終回)

 新横浜公園メールマガジンにて6月14日(金)~11月8日(金)まで毎週金曜日配信の「ラグビーコラム」を記事にしました。今回が最終回です。是非ご覧ください。

 

 ここ横浜国際総合競技場では9月21日から11月2日まで、43日間にわたりラグビーワールドカップ2019TMが6試合開催されました。

 

 本コラムでは現場での裏話をご紹介します。

 

 当競技場開催のスポーツイベントとして最多の入場者数70,103人を記録した決勝はもちろんですが、最大のハイライトは10月13日の日本対スコットランドではないでしょうか。

 

 10月12日台風19号(ハギビス)の影響により開催予定であったイングランド対フランスは中止となり、12日時点では13日の試合開催可否についても全くわからない状況でした。報道などでご存知のかたも多いと思いますが、横浜国際総合競技場の1F部分へ鶴見川からの流入があり、13日0時頃まで15時間ほど川の水が流れ込みました。安全確認後に復旧作業が早急にできるよう、スタジアムに泊まり込みで対応にあたりました。13日当日は関係者一同「とにかくできることをやりきろう」という気持ちを心に秘めていたと思います。水が引いた後の水溜まりや泥の除去作業、破損があった箇所の修繕作業などを「One Team」で遂行しました。試合中、運営本部ではトライをする度に拍手が起こりました。着任4年目にして試合経過(結果)によって拍手が起こることは初めての経験でした。それほどこの試合を開催することができたことをスタッフ一同、感慨深く感じていたのではないでしょうか。

 

 もう一つご紹介します。

 

 準決勝終了後にイングランドチームスタッフより「ほうきとチリトリを持ってきてほしい」とのご依頼がありました。用具を選手ロッカールームまでお持ちしたところ、スタッフではなく選手自ら清掃をしている姿がありました。選手全員が退出後ロッカールームを確認すると、ゴミは全てゴミ箱の中に入れられ、とても綺麗にご利用いただいておりました。ラグビー憲章にあるように「品位(INTEGRITY)」を持ってスタジアムスタッフを「尊重(RESPECT)」していただいたエピソードではないかと思います。

 

 今後も安心・安全なスタジアム運営に努めてまいります。スタジアムでお待ちしております!

 

事業課 田中

 

 最新ニュースやイベント情報をメールでお届けします。新横浜公園メールマガジンにぜひご登録ください!

メルマガ登録画像.jpg 

ご登録はこちらから!!

観察日 : 2019年 10月31日(木)

場 所 : 大池

生きもの: コガモ、キンクロハジロ、カワウ、チョウゲンボウ/ オオヨシキリの巣

記事作成: 阿部裕治(NPO法人鶴見川流域ネットワーキング)

 

 10月12日に通過した台風19号では、新横浜公園が含まれる鶴見川多目的遊水地に鶴見川の水が流入し、約94万m3を貯留しました(遊水地の総貯水量は390万m3)。翌日はラグビーワールドカップ2019™の日本対スコットランド戦だったことから、遊水地としての機能も注目されたのではないかと思います。平成15年の運用開始から、21回目の流入となりました。台風前の大池は、水面が枯れたヒシで覆われている状況でしたが、台風後はほとんどなくなっていました。

 

DSCN7040.jpg台風19号前の様子(10月9日)

IMG_0661.jpg観察日の様子(10月31日)

 

 秋が深まりカモの種類や数が増えてきているか楽しみにしていましたが、10月上旬の観察と大きく変わらず、カモの仲間はコガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、カルガモの4種。オオバンは徐々に増えてきており、25羽見ることができました。

 

 大池対岸の岸辺では、カワウが翼を大きく広げていました。「ほら、私を見て」と言っているわけではなく、羽は水をはじかないので乾かす必要があるんですね。一方、カモの仲間は、尾羽のつけ根辺りにある尾脂腺から出る脂を羽毛にぬりつけることで水をはじくことができるので、カワウのように羽を乾かす仕草はありません。

 

DSCN9247.jpg排水門付近で休むコガモ

DSCN9309.jpg休息中のキンクロハジロ 目はぱっちり

DSCN9321.jpg羽を乾かすカワウ

 

 観察も終盤にかかり、もう一つ何か出てくれないかなと見渡していると越流堤の上空を飛翔するチョウゲンボウを発見。河川ライブカメラの上に降りたため、写真を撮ろうとしたところ飛び立ってしまい、肉眼で姿を探していると今度は水位計の上にとまりました。獲物をとらえてきて何かを食べているようで、スコープでじっくり見ているとカマキリでした。草むらにいるカマキリを捕獲するとは流石の動体視力ですね。

 

DSCN9341.jpgカマキリを食べるチョウゲンボウ

DSCN9346.jpg食後の様子(雄:頭は青灰色)

チョウゲンボウ・カワウほか場所.jpg 

 

 今回は、オオヨシキリの巣についてもお知らせしたいと思います。オオヨシキリは、初夏に渡来し、水辺のアシ原等で繁殖。秋になると南に渡りをする夏鳥です。一夫多妻性で、巣はアシの茎を支えにしておわん型のものを作り、5個程度の卵を産みます。カッコウに托卵される鳥としても有名です。

 

 新横浜公園では、水路の一部をオオヨシキリエリア(下地図黄枠)としてアシ原を維持管理し、繁殖を支える場としています。昨シーズン、巣の確認は1つでしたが、今回は2つ(下地図×印)確認することができました。無事に巣立ってくれていたらとても嬉しいですね。大池越流堤側にもアシ原があるため、おそらくこちらでも数個体が繁殖しているのではないかと思います。来年もたくさんのオオヨシキリがやってきて、繁殖場として利用してほしいですね。

 

オオヨシキリ多目的遊水地060617.jpgオオヨシキリ

オオヨシキリの巣場所.jpg黄色:オオヨシキリエリア  赤×:今年オオヨシキリの巣を確認した場所

DSCN9142.jpgDSCN9143.jpgDSCN9144.jpgオオヨシキリの巣

台風19号による流入後だったため、巣は泥だらけ。

草の茎や葉だけではなくビニールひものような人工物も使っていました。

前の5件 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20