芝生観察日記 第123話

芝生観察日記の第百二十三話です。

令和四年2月8日(火)

 

 暦の上では、立春を過ぎ、春となるわけですが、10日頃には大雪予報も出ており、今年はまだまだ真冬並の天気が続きそうです。

 そんな陽気ですが、今週末12日(土)には、Jリーグの幕開けを告げる「FUJIFILM SUPER CUP 2022が開催されます。日産スタジアムでは、2017年以来の開催となります。

 残念ながら我らがF・マリノスは出場することはできませんが、中立地として「川崎フロンターレ」と「浦和レッズ」の選手の皆さんが、最高のプレーができるように準備を進めています。

 特にピッチの作業は、10日の大雪予報に備えて前倒しして行っていきます。

ゴール設置2.jpg

 今年になって初めての本格的なサッカーの試合となるため、まずは埋設式のサッカーゴールの設置を行いました。

レーザー距離計2.jpg 日産スタジアムでは、Jリーグ開幕前や国際大会の前には、ゴールポストが規定の高さ2.44mをクリアしているかレーザーの計測器で測り、差異がある場合はポストの高さの修正を行います。稀に、メジャーを持ち出して実際に計測するマッチコミッショナーの方が居られるので念には念を入れています。あまりにも差異が大きい場合は、芝生を部分的に剝がして調整しますが、今回は微調整で済みました。

全景2.jpg この冬は、当初寒暖の差が激しく、オーバーシードした冬芝の生育が思うようにいきませんでしたが、その後は比較的天気が安定し、気温は低めだったものの長期間保温シートを掛けることができたので冬芝のコンディションも良い状態となっています。

芝生接写2.jpg

 後は、雪次第となりますが、本当に予報通りに大雪となれば、みんなで除雪する覚悟はできています。

 蹴春到来!冬季オリンピックも盛り上がっていますが、Jリーグも始まりますよ。

 お正月恒例の「新横浜公園 凧揚げの日」を開催しました。昨年は緊急事態宣言下で中止としたため、2年ぶりです。開催を待ち望んでいたところ一昨日に雪が降り、新横浜公園でも大きな雪だるまを作れるくらい積雪がありました。願いは届き、昨日からは晴れて、当日は草地広場の雪はすっかり溶けて日差しのある暖かな日となりました。

DSCN7943.jpg

  日産スタジアムボランティアが凧作り、凧揚げ、正月遊びのお手伝いをしてくれます。障子紙と竹ひごを使った、脱プラスチックの「凧作り」をしました。凧に好きな絵を描いて作ります。風があまり吹いていなかったのですが、みなさん走ったり、上手に風をとらえて揚げていました!

DSCN7938トリミング.jpg

新横浜公園キャラクターの「芝犬」を描いてくれました

 

IMG_4290.jpg

今年の干支の寅、上手ですね

DSCN8041.jpg

羽根つき「そ~れっ」

 

DSCN8061.jpg

けん玉「こうやるんだよ」

 

DSCN8080.jpg

大きなコマが回ったね!

 

DSCN8053トリミング.jpg

ボランティアさんお手製の牛乳パック竹とんぼ

 

DSCN7930トリミング.jpg

田んぼからアマビエかかし達も遊びに来ていました 

 IMG_4348.jpg

 ご参加いただいたみなさま、ボランティアさんありがとうございました。草地広場は、凧揚げの日以外でも凧揚げにご利用いただけます。ほかのご利用者様や木に凧を掛けないよう気をつけてお楽しみください。

芝生観察日記 第122話

芝生観察日記の第百二十二話です。

令和四年1月17日(月)

 

 令和四年最初の芝生観察日記となります。

 15日、今年最初の利用となるラグビーリーグワンディヴィジョン1第2節「横浜キヤノンイーグルス vs コベルコ神戸スティーラーズ」の試合が行われました。

 横浜キヤノンイーグルスにとっては、ホストゲーム初戦となる負けられない一戦です。

 スタンドには、日増しに感染者数が増すコロナ禍にも関わらず、しっかりした感染対策の下、11,233人の観客が詰めかけました。                                                            

s-ピッチ全景.jpg

 試合当日は、快晴となり氷点下の厳しい朝でした。日中も気温の上がり方は鈍く、キックオフの14時半でも10℃を少し超える程度の底冷えする天候でした。

s-ゴールポスト.jpg 日産スタジアムでラグビーが開催されるのは、2019年のワールドカップ以来となります。

 17mのラグビーポールも決勝戦以来となりますが、改めて見ても大きいですね。

 試合は、横浜キヤノンイーグルスが55対21の圧勝で、過去の対戦成績で分が悪かったコベルコ神戸スティーラーズを破り、開幕から2連勝を飾りました。

 s-試合前センター.jpg        

 当日のピッチコンディションは、年明け5日に22㍉で刈込みを行って以来、この試合のために刈込みは行わなかったので凡そ25㍉程度の草丈であったと思います。

 サッカーと比べて、ボールを転がすのが主の競技ではないので、芝の葉先が綺麗に揃っていることより、選手の体への負担を軽減するため弾力とスクラムを組んだ際に足元をしっかり支えてくれる強度が求められます。そのため草丈を長くして、芝生の弾力を増させると同時に強度を強くするのが狙いです。

 今回の刈らない対応が功を奏してか、試合前の表面硬度は80.5ポイントと理想的な値でした。

 とはいえ、ワールドカップの時はハイブリッド芝でしたが、現在は天然芝に戻っているため強度的な部分では若干不安もありました。

s-南スクラム箇所1.jpgs-スクラムダメージ接写.jpg

 写真は、スクラムが組まれた場所のダメージ状況です。細かい傷は目立ちますが、スパイクが横ずれしたような傷跡もなく、強度はまずまずだったと思います。

 個々の傷も、深く抉れたり、陥没するような傷は少なく、試合を通じてスクラムを組む場面が少ない試合だったので想定以上に良い結果で終われたと安堵しています。

 2月に入るとJリーグが開幕します。今年は、その開幕を告げる「FUJIFILM SUPERCUP2022」が2月12日に予定されています。

 ラグビーによる傷は、その頃までには目立たなくなるよう養生管理を行っていきます。

 サッカーとラグビーが共存するためには、的確な管理作業は勿論ですが、コンディション的にお互いの試合に影響が出ないように綿密なスケジュール調整が欠かせません。

 4月には、横浜キヤノンイーグルスの試合がもう1試合予定されています。前後のスケジュール調整をしっかり行い、サッカーとラグビーが共にベストコンディションで迎えられるように我々の試行錯誤は続きます。

 今年も、どうぞよろしくお願い致します。

観察日 : 2022年 1月7日(金)

場 所 : 投てき練習場付近、大池

生きもの: シジュウカラ、カワラヒワ、ジョウビタキ、ツグミ、オオバン、ハシビロガモ、ミコアイサ、アオサギ、コサギ、カワウ

記事作成: 阿部裕治(NPO法人鶴見川流域ネットワーキング)

 

 夕方には4㎝。1月6日午前から降りはじめた雪。しっかり積もりました。これは写真を撮りに行かなければと、翌日の予定を急遽変更して、観察を行うことにしました。

 7日朝、新横浜公園は一面真っ白。これほどの雪は、2018年1月22日以来でしょうか。雪景色の新横浜公園も美しいですね。

 IMG_2768.jpgIMG_2744.jpg

 亀の甲橋から草地広場方向を撮影        富士山まで雲ひとつなし

IMG_2771.jpgIMG_2846.jpg

朝日を浴びる樹冠(じゅかん)の雪が綺麗       雪と日産スタジアム

 

 投てき練習場付近から観察をスタートすると、早速木の上の方からシジュウカラやカワラヒワの声が聞こえてきました。両種とも5、6羽ほどおり、シジュウカラはハンノキの実を食べ、カワラヒワはアキニレの実を食べていました。

 少し進むと地面にジョウビタキの雄を発見。先月の観察日記で紹介した個体と同じかもしれませんね。今回は、雪が残る地面でピラカンサの赤い実を食べている場面が撮れました。ピラカンサの実は、あまり鳥に好まれていないようですが、この時は2個食べていました。

 観察していると、近くの木の枝が動いたため、目を向けてみると、ツグミが1羽とまっていました。例年、11月くらいから見られるようになるのですが、今シーズンは確認できてなく心配していました。無事、新横浜公園にも姿を見せてくれて一安心です。

IMG_2787.jpgIMG_2813.jpg

   採食中のカワラヒワ          ピラカンサの実を食べるジョウビタキ

   嘴(くちばし)に雪がついていますね。

 IMG_2808.jpg

冬鳥のツグミ

 

 冬の大池は、いつもカモやオオバンなどの水鳥でにぎわっていますが、今日は姿が見えません。池に近づくと、それもそのはず、水面が広く凍っていました。池の様子を観察しながら、修景池付近へ。すると、水面を歩いている黒い鳥が1羽。オオバンです。氷上のオオバンは初めて見ました。水中で水を掻くのに特化した弁足(べんそく)は、氷の上では吸盤のような役割にもなるのではと、一瞬予想しましたがはずれ。たまにズルっと滑りながらも頑張って歩いていました。

 IMG_2797.jpgIMG_2795.jpg

一面結氷               凍っている様子

 

IMG_2859.jpg

氷の上を歩くオオバン

 

 越流堤前まで来ると、水面の氷はなくなり、ハシビロガモやミコアイサ、アオサギ、コサギ、カワウなどの野鳥がいました。やはり、凍っていない場所に集合していたのですね。カワウは2羽各々が何回も潜水して餌を捕えようとしていました。浮上後、嘴に魚をくわえているところを1回見ることができたのですが、カメラはあと一歩間に合わず、撮れませんでした。

 今後も新横浜公園の生きものを楽しく分かりやすくお伝えしていきたいと思います。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

map.jpg

新年のご挨拶

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

 令和4年 本年もよろしくお願いいたします。

 昨年、ここ新横浜公園の横浜国際総合競技場では東京2020オリンピックのサッカー競技が開催されました。新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、残念ながら無観客となってしまいましたが、男子決勝の他、急遽会場が変更になり開催した女子の決勝を含め全12試合の熱い戦いが繰り広げられました。

 これにより、サッカーワールドカップ、ラグビーワールドカップ、オリンピック3つの大会の決勝会場となった世界で唯一の競技場となりました。(「Final Stadium×3」)

 私たちはこれからも、みなさまに多くの笑顔と感動を届けられる施設として努めてまいります。

 新型コロナウイルス感染症の収束が見えない状況ではありますが、来場される皆様の感染対策のご理解・ご協力も引続きお願いいたします。

 一日も早く、7万2千名のお客様で賑わうスタジアムが戻ってくることと、皆様のご健康とご多幸をお祈りしております。

20220105.jpg

前の5件 8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18