サクラソウ前線63

 今年もサクラソウの花が咲き始めました。

 横浜さくらそう会が苗を提供し、横浜市立小机小学校の5年生が校庭で里親として一年間育て、6年生となって卒業する前に新横浜公園の水路際に植えて卒業していくという取り組みも今年で10年目となりました。

 この活動は、私たち新横浜公園指定管理者が公園内で活動する団体に対して助成する市民活動支援事業の一プログラムとして行われています。

 当初、「新横浜公園サクラソウ自生地復活プロジェクト」という事業名でしたが、今では「新横浜公園に桜草の水辺をつくろうプロジェクト」として小机小学校さんが主体となって活動していただいています。

 そもそも、新横浜公園とサクラソウ、そして小机小学校の接点はというと、その昔、新横浜公園がある鶴見川の流域付近にはサクラソウの自生地があったという歴史を「横浜さくらそう会」さんが文献から探し出し、我々指定管理者に語ってくれたところから始まります。その中で、「小机」という名のついた野生種が存在したといことで、是非「小机」という野生種を含むサクラソウの自生地を新横浜公園に復活させたいという「さくらそう会]さんの熱い思いを小机小学校さんにも共感していただき、このプロジェクトが始まりました。

 今年の1月に6年生が植えてくれた苗も可憐な花を咲かせてくれています。

 サクラソウが見られるのは北側園地の1号水路と3号水路です。今年は昨年の猛暑の影響で少し花付きが悪い気がしますが、4月下旬頃までは白やピンクの花が咲きますので是非足を運んでみてください。

サクラソウ(白).jpgサクラソウ(ピンク).jpg

0414-01.PNG

2019年桜開花情報(満開継続中)

 皆さんこんにちは。前回ご報告したように新横浜公園の桜は先週末(4月6日、7日)に満開を迎えました。多くの方にご来場頂きありがとうございます。

 さて、その後の状況ですが、みなさんもご承知の通り、週明けより再び寒波が入ってまた気温が一気に下がってしまいました。非常に寒い日が続いていましたが、決して悪いことばかりではありません。

0413-01.jpg           小机F脇のソメイヨソノはまだ満開に近い状態

0413-02.jpg             葉っぱの進行も停滞気味です

 ここ数日風も強かったので、散ってしまったのでは?とお考えの方も多いかもしれませんが、見てください。まだまだ十分にお花見できる状態が維持されて葉っぱのここ数日風も強かったので、散ってしまったのでは?とお考えの方も多いかもしれませんが、見てください。まだまだ十分にお花見できる状態が維持されています。

0413-03.jpg

           1週間前と葉っぱの量は増えていません 

0413-04.jpg

                 4/12(一枚上の写真))4/6(こちら)のソメイヨシノ

 4月10日は朝から冷たい雨となり夜には霙交じりの真冬のような寒さとなりました。翌日には気温が上がるとの予報でしたが、その後2日間も北風の強い寒い日でした。

0413-05.jpg              花びらもしっかりとついています        

0413-06.jpg           まだ沢山の花びらがしっかりと残っています

 開花の遅かったヨコハマヒザクラは残念ながらほとんど散ってしまい、葉桜となってしまいました。

0413-07.jpg

           散ってしまい葉桜となったヨコハマヒザクラ  

0413-08.jpg               僅かに花も残っています 

 新横浜公園に勤務して20年を超えていますが、ここまで桜が長く花芽をつけていたことは記憶にありません。3/25に開花してからすでに3週間近くが経過しています。桜(花)の寿命は通常1週間と言われていることからも、今年の長さには驚かされます。今週末が最後のチャンスです。ぜひ新横浜公園にお越しください。 

0413-09.jpg               北側園地の桜並木  

0413-10.jpg            スタジアムをバックに花見しませんか

    

 

                        

 

                                                                                           

2019年桜開花情報(満開)

 皆さんこんにちは。開花して以降気温が下がってしまい、10日以上経過してもまだ満開となっていませんでしたが、週末にようやく満開といえる状態となりました。

桜満開_1 2019.jpgF小机脇のソメイヨシノとヤマザクラ(ほぼ満開)

桜満開_2.jpg

北側草地広場廻り水路沿いの桜並木

 例年であれば、開花して7日程度で満開となるのですが、今年は開花した直後に急激に気温低下したこともあり、25日の開花から満開(4/6)となるまでに12日を要しました。

時間がかかったことで、長く花見が出来たとも言えますが、早く花をつけていた所には葉も出てきてしまい、場所によっては葉桜となっていました。

桜満開_3.jpg

よく見ると所々に葉っぱもみえます

桜満開_4.jpg満開に見えるソメイヨシノ

週末は天候にも恵まれて暖かな絶好の花見日和となりました。多くのご家族連れが新横浜公園にお弁当を持って来場されていました。

桜満開_5.jpg

数多くの(簡易)タープが並んでいました。

桜満開_6.jpg

思い思いの楽しみ方を満喫されていました

桜満開_7.jpg

桜の木の下で。

桜満開_8.jpg

一家団欒を楽しまれていました。

 多くの方が新横浜公園へ足を運んで頂きました。ありがとうございます。そろそろ春休みも終わり、新年度を迎えられている方も多いと思いますが、もう少しだけ桜も頑張って咲いてくれているようです。都内の桜はほとんど散ってしまっているようですので、お時間のある方は是非、新横浜公園にお越しください。

桜満開_9.jpg

まだ蕾も残っています

桜満開_10.jpg

また気温が下がって花も散っていません

2019年桜開花情報(満開直前)

 皆さんこんにちは。4月に入りましたが、まだ寒い日が続いていますね。新年度が始まったばかりで体調を崩さないよう、気を付けましょう。

2019桜開会情報(満開直前)_1.jpg小机駅からの導線沿いのソメイヨシノ(七分咲き)

2019桜開会情報(満開直前)_2.jpgきれいに咲き乱れています

 

 新横浜公園では3月25日に桜が開花となりましたが、その後気温が低くなってしまったこともあって、1週間以上経過してもまだ満開にはなっていません。

 

 通常、開花から1週間で満開になると言われていますが、新横浜公園内の開花状況は、早いもので七~八分咲き、ものによっては三~四分咲きのものもあります。

 

 日産フィールド小机と第3駐車場の間にあるソメイヨシノは三~五分、ヤマザクラは五~六分程度の開花状況です。

 2019桜開会情報(満開直前)_3.jpgF小机脇のソメイヨシノ。まだ三~四分咲き

2019桜開会情報(満開直前)_4.jpgソメイヨシノと山桜が交互に植えてあります。

 

 スタジアム脇にはヨコハマヒザクラも植えてあります。開花は遅かったのですが、現在はソメイヨシノより進んでいます。

2019桜開会情報(満開直前)_5.jpgヨコハマヒザクラは五~六分咲きでしょうか。

2019桜開会情報(満開直前)_6.jpg濃いピンク色の花が青空によく映えています。

 

 3月中はかなり進行が遅かった北側園地内の桜でしたが、現在は六~七分咲きにまで進んでいます。今週末には満開となりそうな状況です。

2019桜開会情報(満開直前)_7.jpg北側園地内のソメイヨシノは七~八分咲きに。

2019桜開会情報(満開直前)_8.jpg芝生も徐々に緑色になってきています。

 

 ドッグラン場内のソメイヨシノも六~七分程度になっています。まだ、芝生は茶色いですが、ワンちゃんと桜の写真など如何でしょうか。

2019桜開会情報(満開直前)_9.jpgフリーエリアのソメイヨシノ

2019桜開会情報(満開直前)_10.jpg小型犬エリアのソメイヨソノ

 

 明日辺りから気温が上がり、20℃前後となる予報が出ています。一気に開花が進むことが予想できます。今週末には満開となっていると思われますので、まだ花見をしていない方、是非新横浜公園にいらしてください。

観察日 : 2019年 3月25日(月)

場 所 : 大池周辺

動 物 : ツグミ、キンクロハジロ、ミシシッピアカミミガメ

記事作成: 横山大将(NPO法人鶴見川流域ネットワーキング)

 

 朝夕はまだ冷え込みますが、日中はかなり暖かくなってきました。生きものたちの動きも活発になってきて、観察する楽しみが増えてきました。

 

 今回は大池周辺を中心に観察してきました。大池の周りには菜の花が植栽されていますが、そこから私のほうをじーっと見ている鳥がいました。

DSCF4039.jpgツグミ

 

 何度かブログに登場している「ツグミ」ですが、割と大きな鳥で目を引くので、見かけるとついつい写真を撮ってしまいます。私もカメラのファインダー越しにツグミをじーっと見ていましたが、こちらを気にしながら数歩進んでは止まってこちらを振り返り、また進んでを繰り返していました。やはり、自身より大きな生きものに見られていると落ち着かないのでしょうね。あまりにもこちらを気にしていたので、こちらからその場を去りました。その足で、大池の際までやってきました。すると、岸の枯れ草の上に白黒のカモが座っていました。

DSCF4045.jpg休憩中のキンクロハジロ

 

 金色にも見えるつぶらな瞳、黒と白の羽であることから「キンクロハジロ(金黒羽白)」という名前がついたそうです。鶴見川の河口域(鶴見区生麦)では冬の間よく見られますが、私が新横浜公園で見かけたのは今回で2回目だったので、嬉しく思いシャッターを切りました。枯れ草の上に座り、ひと休みしているようでした。その後、私に気づいたようで、慌てて飛び去っていきました。驚かせてしまったようです・・・。キンクロハジロが飛んでいった大池の奥の方に目を向けると、カメが気持ちよさそうに甲羅干しをしていました。

DSCF4046.jpg甲羅干しをするミシシッピアカミミガメ

 

 皆さんご存知、ミシシッピアカミミガメ。テレビでは「超危険な外来生物」とか、「見つけたら駆除!」などと、悪い意味で脚光を浴びてしまっている大型のカメ類ですが、ペットとして飼育されていたものが飼いきれないからと逃され、日本各地で増えています。つまり、このカメを「悪役」に仕立て上げてしまったのは最期まで面倒を見るという責任を果たせなかった飼い主なのです。2020年をめどにミシシッピアカミミガメの飼育規制を見直す動きが出てきています。(現在すでに飼育している方は、飼育規制がかかっても申請書を出せば最期まで飼育を続けることができます。)これを機会に、生きものを飼育している方々と生きものとの関わり方をぜひ見直して、どちらにとっても幸せな結論を出せれば良いのではと思います。

 

 これから暖かくなり、生きものたちの動きもより活発になります。多くの生きものたちの生活の場となっている新横浜公園に是非お越しください!

キンクロほか場所.jpg

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11