芝生観察日記 第124話

芝生観察日記の第百二十四話です。

令和四年2月21日(月)

 

 2月19日(土)、J1リーグの開幕戦となる横浜F・マリノスvsセレッソ大阪戦が開催されました。

 天候は、曇り。時折小雨がぱらつき、気温も10℃を割る底冷えする中での試合は、マリノスが前半1点ビハインドで迎えた後半に2点を取返し、一時は逆転しましたが、後半45分に再びセレッソ大阪が得点して、結果は残念ながら2対2の引き分けとなりました。

P1340835.jpg

 それにしても、今年の冬は本当に寒いですね。各地で大雪となり、ここ横浜でも毎週のように降雪予報が出て、既に積雪も2回確認されています。

 この寒さは人間だけでなく、芝生にも影響が出ています。

 先週行われたスーパーカップの朝もそうでしたが、氷点下の朝が珍しくないこの冬は、基本的に作業をする時や雪予報が出た時以外は、保温のためシートを掛けています。

 この日の朝も、開門前までシートを掛けていました。

 近年は、温暖化の影響により暖冬傾向でしたが、今年は冬らしい冬となっており、日産スタジアムのある新横浜公園の池が凍り、各所で霜柱が立っています。

P2.jpg

 ここ最近の冬は、暖冬により夏芝(暖地型)ティフトン419に限らず、公園のノシバやコウライシバも完全に休眠せず、地際では緑の茎や葉が見られますが、今年は冷え込みが厳しく、完全に休眠しています。ただ、夏芝にとっては完全に休眠した方が、養分の消費が少なく、春の目出しがスムーズになるはずなので楽しみです。

 それでは、冬芝(寒地型)はどうなのかというと冬芝も寒さが好きなわけではありません。夏芝のように休眠して葉が茶色く退色するわけではありませんが、氷点下となるような環境では緑色こそ維持しますが、養分吸収は停止し、生育は殆どしません。そのため、スーパーカップ後の1週間で芝刈りはわずか2回と少なく、芝生を刈ると言うよりゼブラ模様の刈り目をつけたり、清掃目的で飛び散った芝カスを回収する意味合いが大きいです。

ホーム側22.jpgアウェイ側22.jpg

 現在、日産スタジアムのピッチを緑で覆っているのは冬芝ですが、上記のとおり生育していないので先週のスーパーカップで傷ついた部分も全く回復していません。

 この先、冬芝が動き出すのは3月上旬ころ、夏芝は遅れて4月中下旬ころです。それまでは、傷口を手当てし、誤魔化しながら試合を消化していきます。春はもう直ぐそこまで来ています。

 上の写真はセレッソ戦後の状況です。左側がホーム側(北西)ゴール前、右側がアウェイ側(南東)のゴール前の状況です。

 昨年12月4日のJリーグ最終戦後、先週のスーパーカップまで約2カ月間で1回イベントで使った以外は、ほぼシートを掛けて養生していましたが、冬季の利用は回復しないので傷んだままです。

 特に、アウェイ側はつい最近まで1日に2時間程度しか陽が当たらない場所なので、芝生の生育がホーム側と比べて劣るため、ストレス耐性が弱く、傷み易く、回復し辛い場所です。

 写真を見比べてみると、ホーム側が緑色を維持しているのに対して、アウェイ側は白っぽくなっています。実際現場で見ると、その違いは歴然です。

 ゴール前以外は、この試合で目立ったダメージは残りませんでした。先週のスーパーカップ時の表面硬度が、83ポイントと若干硬さを感じたので、19日の試合前にバーチドレンを掛けた結果、試合当日の表面硬度は78ポイントまで改善され、選手からも好評だったようです。

 しかし、この時季は芝生自体がまだ動いていないので、我々的には物足りなさを感じています。

 次戦は、明後日23日の川崎フロンターレ戦です。

 誤魔化しながら、凌いで春を待ちます。

察日 : 2022年 2月9日(水)

場 所 : 園内水路周辺、大池周辺

生きもの: シジュウカラ、エナガ、メジロ、クイナ、タシギ、キジバト、ムクドリ

植 物 : ホトケノザ

記事作成: 横山 大将(NPO法人鶴見川流域ネットワーキング)

 

 日中は気温が10度を超える暖かい日が少し増えてきました。観察を行った日は若干雲が多いながらも晴れ。さて、今回はどんな生きものに出会えるでしょうか?水路の岸辺で花を咲かせたホトケノザを見ながら、観察スタートです!

DSCN1335.jpg

公園内の水路周辺で花を咲かせ始めたホトケノザ

 

 ホトケノザが咲き始めたのを見ると、春がもうすぐそこまで来ていることを気づかされます。赤紫色の特徴的な形で、何回見ても美しい花だなと見入ってしまいます。

 美しいホトケノザに気を取られていましたが、水路の対岸から「ガサガサッ」「カサカサッ」と音が聞こえてきます。何か生きものがいるようですが、1匹や2匹ではありません。十数匹いるようです。カメラを構えてファインダーを覗いてみると、「シジュウカラ」の群れがエサを探していました!聞こえた音の正体は彼らが枯れ草をつつく音だったようです。

 P2090296.jpg

 エサを探すシジュウカラ

 

 スズメを少し大きくしたようなサイズのシジュウカラ。羽は青みがかった灰色をしていて大変美しい小鳥です。冬場は、オギやアシの葉と茎の間でくらすカイガラムシという昆虫の仲間をエサとしています。今回見かけたのはそのカイガラムシを探している最中だったのですね。シジュウカラの様子をしばらく見ていましたが、色や大きさの違う小鳥が混じっていることに気が付きました。白っぽい小鳥と黄緑色の小鳥。どうやら「エナガ」と「メジロ」のようです。

 

P2090170.jpgメジロ_.jpg
 

カメラを見て首をかしげるエナガ        枯れ草にとまったメジロ

 

 どちらも、シジュウカラと同じく、エサとなるカイガラムシの仲間を探しに来ていたようで、枯れ草をつついていましたが、カメラに気が付くとエナガは近くの木に移動してこちらの様子を怪訝(けげん)そうな顔で見ていました。メジロは少し離れた場所へ行き少し警戒しているようでした。驚かせるつもりはなかったんだけど・・・ごめんね・・・。

 小鳥たちとはお別れし、水路沿いを歩いていきます。すると、どこからか見られている気配が。目を凝らすと、「クイナ」がこちらを気にしながら水路を歩いてきました!

 

P2090080.jpg

水路を歩くクイナ

 

 クイナは、公園内大池にも多くいる真っ黒な鳥オオバンに近い仲間です。枯れ草に紛れて最初は全く気が付きませんでしたが、灰色がかった頭が見えたので何とか気が付くことができました。保護色ってすごいなぁ、とただただ感心するばかりでした。

と思っていたら、今度は別の方からまた何となく視線を感じます。どこにいるんだろう・・・。

 P2090115.jpg

 どこに何がいるか、わかりますか?

P2090130_.jpg

枯れ草に上手に溶け込んだタシギ

 

 上の写真のほぼ中央。じぃ~っとして動きませんが、「タシギ」が。1羽隠れていました。クイナにも負けず劣らず、隠れるのが上手なのでなかなか気が付きませんでした。

 さて、今日は思っていたよりも多くの鳥が見られたのでそろそろ撤収です。来た方向とは逆に水路沿いを歩きます。天気が良かったので、「キジバト」が日向ぼっこ中でした。

P2090239.jpgP2090091.jpg

日向ぼっこをしたり・・・          水浴びをしたり・・・

  

P2090255_.jpg

 木の上で目を瞑っていたり・・・

 

 日向ぼっこをしているだけかと思いきや、近くで別のキジバトたちが様々な姿を見せてくれました。その可愛らしさに、眼福眼福(がんぷくがんぷく)です!

 キジバトから少し離れた場所では、「ムクドリ」たちが枯葉の隙間をつついてエサを探しているところでした。時間的にはおやつでしょうか?集団でちょこちょこと歩き回る姿は、何回見ても飽きない可愛さですね。

P2090501_.jpg

エサを探すムクドリの集団

 

 今回は、1本の水路周辺だけで7種もの鳥を観察できました。新横浜公園の水路は、都市部でくらす鳥たちにとって、とてもくらしやすい環境となっているようでした。

 まだまだ厳しい寒さは続きます。冬鳥観察に出かける際は、風邪や新型コロナウィルス対策に加え、防寒対策を万全にして、フィールドワークを楽しんでください!

map.jpg

 

芝生観察日記 第123話

芝生観察日記の第百二十三話です。

令和四年2月8日(火)

 

 暦の上では、立春を過ぎ、春となるわけですが、10日頃には大雪予報も出ており、今年はまだまだ真冬並の天気が続きそうです。

 そんな陽気ですが、今週末12日(土)には、Jリーグの幕開けを告げる「FUJIFILM SUPER CUP 2022が開催されます。日産スタジアムでは、2017年以来の開催となります。

 残念ながら我らがF・マリノスは出場することはできませんが、中立地として「川崎フロンターレ」と「浦和レッズ」の選手の皆さんが、最高のプレーができるように準備を進めています。

 特にピッチの作業は、10日の大雪予報に備えて前倒しして行っていきます。

ゴール設置2.jpg

 今年になって初めての本格的なサッカーの試合となるため、まずは埋設式のサッカーゴールの設置を行いました。

レーザー距離計2.jpg 日産スタジアムでは、Jリーグ開幕前や国際大会の前には、ゴールポストが規定の高さ2.44mをクリアしているかレーザーの計測器で測り、差異がある場合はポストの高さの修正を行います。稀に、メジャーを持ち出して実際に計測するマッチコミッショナーの方が居られるので念には念を入れています。あまりにも差異が大きい場合は、芝生を部分的に剝がして調整しますが、今回は微調整で済みました。

全景2.jpg この冬は、当初寒暖の差が激しく、オーバーシードした冬芝の生育が思うようにいきませんでしたが、その後は比較的天気が安定し、気温は低めだったものの長期間保温シートを掛けることができたので冬芝のコンディションも良い状態となっています。

芝生接写2.jpg

 後は、雪次第となりますが、本当に予報通りに大雪となれば、みんなで除雪する覚悟はできています。

 蹴春到来!冬季オリンピックも盛り上がっていますが、Jリーグも始まりますよ。

 お正月恒例の「新横浜公園 凧揚げの日」を開催しました。昨年は緊急事態宣言下で中止としたため、2年ぶりです。開催を待ち望んでいたところ一昨日に雪が降り、新横浜公園でも大きな雪だるまを作れるくらい積雪がありました。願いは届き、昨日からは晴れて、当日は草地広場の雪はすっかり溶けて日差しのある暖かな日となりました。

DSCN7943.jpg

  日産スタジアムボランティアが凧作り、凧揚げ、正月遊びのお手伝いをしてくれます。障子紙と竹ひごを使った、脱プラスチックの「凧作り」をしました。凧に好きな絵を描いて作ります。風があまり吹いていなかったのですが、みなさん走ったり、上手に風をとらえて揚げていました!

DSCN7938トリミング.jpg

新横浜公園キャラクターの「芝犬」を描いてくれました

 

IMG_4290.jpg

今年の干支の寅、上手ですね

DSCN8041.jpg

羽根つき「そ~れっ」

 

DSCN8061.jpg

けん玉「こうやるんだよ」

 

DSCN8080.jpg

大きなコマが回ったね!

 

DSCN8053トリミング.jpg

ボランティアさんお手製の牛乳パック竹とんぼ

 

DSCN7930トリミング.jpg

田んぼからアマビエかかし達も遊びに来ていました 

 IMG_4348.jpg

 ご参加いただいたみなさま、ボランティアさんありがとうございました。草地広場は、凧揚げの日以外でも凧揚げにご利用いただけます。ほかのご利用者様や木に凧を掛けないよう気をつけてお楽しみください。

芝生観察日記 第122話

芝生観察日記の第百二十二話です。

令和四年1月17日(月)

 

 令和四年最初の芝生観察日記となります。

 15日、今年最初の利用となるラグビーリーグワンディヴィジョン1第2節「横浜キヤノンイーグルス vs コベルコ神戸スティーラーズ」の試合が行われました。

 横浜キヤノンイーグルスにとっては、ホストゲーム初戦となる負けられない一戦です。

 スタンドには、日増しに感染者数が増すコロナ禍にも関わらず、しっかりした感染対策の下、11,233人の観客が詰めかけました。                                                            

s-ピッチ全景.jpg

 試合当日は、快晴となり氷点下の厳しい朝でした。日中も気温の上がり方は鈍く、キックオフの14時半でも10℃を少し超える程度の底冷えする天候でした。

s-ゴールポスト.jpg 日産スタジアムでラグビーが開催されるのは、2019年のワールドカップ以来となります。

 17mのラグビーポールも決勝戦以来となりますが、改めて見ても大きいですね。

 試合は、横浜キヤノンイーグルスが55対21の圧勝で、過去の対戦成績で分が悪かったコベルコ神戸スティーラーズを破り、開幕から2連勝を飾りました。

 s-試合前センター.jpg        

 当日のピッチコンディションは、年明け5日に22㍉で刈込みを行って以来、この試合のために刈込みは行わなかったので凡そ25㍉程度の草丈であったと思います。

 サッカーと比べて、ボールを転がすのが主の競技ではないので、芝の葉先が綺麗に揃っていることより、選手の体への負担を軽減するため弾力とスクラムを組んだ際に足元をしっかり支えてくれる強度が求められます。そのため草丈を長くして、芝生の弾力を増させると同時に強度を強くするのが狙いです。

 今回の刈らない対応が功を奏してか、試合前の表面硬度は80.5ポイントと理想的な値でした。

 とはいえ、ワールドカップの時はハイブリッド芝でしたが、現在は天然芝に戻っているため強度的な部分では若干不安もありました。

s-南スクラム箇所1.jpgs-スクラムダメージ接写.jpg

 写真は、スクラムが組まれた場所のダメージ状況です。細かい傷は目立ちますが、スパイクが横ずれしたような傷跡もなく、強度はまずまずだったと思います。

 個々の傷も、深く抉れたり、陥没するような傷は少なく、試合を通じてスクラムを組む場面が少ない試合だったので想定以上に良い結果で終われたと安堵しています。

 2月に入るとJリーグが開幕します。今年は、その開幕を告げる「FUJIFILM SUPERCUP2022」が2月12日に予定されています。

 ラグビーによる傷は、その頃までには目立たなくなるよう養生管理を行っていきます。

 サッカーとラグビーが共存するためには、的確な管理作業は勿論ですが、コンディション的にお互いの試合に影響が出ないように綿密なスケジュール調整が欠かせません。

 4月には、横浜キヤノンイーグルスの試合がもう1試合予定されています。前後のスケジュール調整をしっかり行い、サッカーとラグビーが共にベストコンディションで迎えられるように我々の試行錯誤は続きます。

 今年も、どうぞよろしくお願い致します。

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11