新横浜公園市民活動支援事業の「日産スタジアム運営ボランティア グリーン&グリーン部会」主管による「かかし作り体験」を84日に開催し、5組の家族にご参加いただきました。

 

 布を巻いたりして顔や体の肉付けをしたあと、古着を思い思いにコーディネートして着せていきます。靴下も履かせてあげました。

①P1090041.jpg②かかし作り_105.jpg③P1090048.jpg 

 最後にお顔を描いて、かかしさんへのメッセージも書きました。「ちゃんとお米を見はっておいてネ~」

④P1090057.jpg⑤かかし作り_004.jpg⑥かかし作り_002.jpg⑦かかし作り_001(集合写真).jpg日産スタジアムで記念写真

⑧P1090329.jpg⑨P1090330.jpg田んぼに立てられたかかし達

⑩図面_page-0001.jpg

ラグビーコラム第1回~第4回

 新横浜公園メールマガジンにて6月14日(金)~11月8日(金)まで毎週金曜日配信予定の「ラグビーコラム」をまとめて記事にしました。今後も随時まとめていきますので是非ご覧ください。
 
 
【第1回テーマ:「観戦の楽しみ方」】
 
 6月12日(水)でラグビーワールドカップ開催まで残り100日となりました。今週から新横浜公園メールマガジンでは、特別企画として、ラグビーに関する様々なテーマでコラムを掲載していきます。掲載期間は大会終了まで全22回の予定です。ぜひお楽しみください。
 
 第1回目のテーマは「観戦の楽しみ方」について取り上げます。ラグビーは、イギリスで生まれ、紳士的な振る舞いが求められる独自の発展を遂げてきました。観戦方法も独特で、日本では「ノーサイドの精神」として広く知られ、敵味方関係なく試合を楽しむ文化が根付いています。例えば、観客席ではホームとアウェイの仕切りがなく、隣同士で一緒に応援します。また、両チームの選手に良いプレーが出れば、お互いに拍手を送り合います。開催国として観客の規範となるような振る舞いで大会を一緒に盛り上げていきましょう。
 
 ちなみに、日本では試合終了のことを「ノーサイド」と呼んでいますが、世界では一般的に「フルタイム」という言葉が使われています。
 

 次回からはラグビーの基本的なルールを紹介します。
 
 
【第2回テーマ:「ラグビーのルール(1)人数・得点」】
 
 ラグビーは15人対15人で行います。時間は前後半40分ずつプレーし、ハーフタイムは10分です。ラグビーの基本的なルールは、相手陣地のラインまでボールを運ぶことで得点を得るスポーツです。攻撃側はパスをつなぎながら走って前進します。守備側は前進してくる相手をタックルで止め、相手の進行を防ぎます。攻撃側がボールを手で持ち込んで相手陣地まで運ぶことをトライと呼び、5点獲得します。トライ後、ゴールキックを成功させると追加で2点獲得します。また、プレー中や、キックでの再開時にゴールキックを成功させると3点獲得することができます。キックで3点を積み重ねていくのか、パスをつないで5点を獲得するのか、攻防の駆け引きが観戦のポイントです。
 
 
【第3回テーマ:「ラグビーのルール(2)サッカーとの違い」】
 
 複雑なラグビーのルールを理解するにはサッカーとの比較が便利です。今回は明確に異なる3点を紹介します。1点目はパスの出し方です。ラグビーでは、相手ゴールに対して前にいる選手に手でパスを出すことができません。そのため、キックやランで前進し、トライを目指します。2点目は試合時間の違いです。サッカーでは、反則などでプレーが止まる際にも時計は動き続け、ロスタイムとして調整する一方、ラグビーでは、プレーが止まれば時計を止め、終了時間が来た時点で、審判からラストプレーがコールされます。
3点目は、ボールの違いです。円形のサッカーボールに対して、ラグビーボールは楕円の形をしているため、バウンドが不規則になります。ボールの行方は選手や観客にもわからず、一つのプレーが勝敗を大きく左右します。その不確定要素が、観客のハラハラ・ドキドキを生み、見ている人の心をつかみます。勝利を決定づけるバウンドの行方にご注目ください。
 
 
【第4回テーマ:「ラグビーのルール(3)スクラム・反則」】
 
 ラグビーの重要な局面の1つであるスクラム。スクラムとは、フォワード8人が体を組み合って押し合い、ボールの獲得を狙うセットプレーの一つです。押し合う際には、力を逃がしたり、崩したりするプレーに反則が設けられ、純粋なパワーとパワーを競い合う、迫力あるプレーが魅力です。
 
 スクラムに代表されるようにラグビーには様々な反則があり、一目でわかりにくいものも数多くあります。反則には大きく分けて2種類あり、選手のミスに対する反則と相手の邪魔や危険な行為に対する反則に分けられます。例えば、ボールを自分の前に落としてしまうミスを「ノックオン」といい、相手に攻撃権が移ります。また、パスを出した後の選手や首にタックルするなど、怪我に直結するプレーに対しては重いペナルティが課せられ、退場処分や、10分間の一時退場「シンビン」が適用されます。激しく体をぶつけ合うからこそ、お互いの体を守り、公平性を確保するために厳しく制限されるルールはラグビーを複雑にみせます。しかし、限られたルールの中で必死に前進していく選手の姿は人の心を動かします。ぜひ日産スタジアムでその激しさを体感ください。

 

 ラグビーコラムは新横浜公園メールマガジンにて連載中です。ぜひご登録ください!

メルマガ登録画像.jpg

ご登録はこちらから!!

 

観察日 : 2019年 8月17日(土)

場 所 : 大池付近

植 物 : ヒシ

動 物 : カルガモ、ツクツクボウシ、サトキマダラヒカゲ

記事作成: 阿部裕治(NPO法人鶴見川流域ネットワーキング)

 

 台風10号が通過した影響で週末はかなり気温が上がるという予報。どれほどの暑さになるのだろうと覚悟して観察にでかけましたが、覚悟しすぎたおかげかそこまでの暑さには感じず、風もあり少しホッとしました。

 

 毎年この時期になると大池一面を覆っているヒシですが、今年は長梅雨の日照不足のためか成長が進まず枯れてしまった場所が多くあります。昨年8月の状況と比較しようと写真を探すと今回の観察日とちょうど同じ8月17日でした。違いが一目瞭然ですね。近くでヒシを見ると白い小さな花を咲かせているものが多々ありました。

DSCN6179.jpgIMG_1763.jpg大池を覆うヒシの様子(上:今回  下:昨年8月17日)

DSCN6254.jpgヒシの花

 

 そんなヒシのそばで4羽仲良く食事中のカルガモ。主にウキクサなどを食べているのかなという感じでした。カルガモの様子をたまに見ながら、ヒシの状況をスケッチしていると「バサ バサ バサッ」と羽音がして目の前を見るとカルガモが1羽。カメラを少し近づけて写真を撮っても臆するようなことはなく、人馴れしている感じ。ごはんをねだりに来たのでしょう、少ししてもらえないことを悟ってか飛び立っていきました。

DSCN6218.jpgDSCN6222.jpg目の前にやってきたカルガモ

 

 この前までセミの声はアブラゼミとニイニイゼミがほとんどでしたが、8月中旬に入るとツクツクボウシも賑やかになってきました。大池の様子を見ながら歩いていると、前のヤナギでツクツクボウシが鳴いていたため、抜け殻があるか幹をぐるっと見て回ると、膝ぐらいの高さの場所にありました!アブラゼミよりも小さく、背筋がピンと伸びたような感じです。そして同じ木の根元にサトキマダラヒカゲも見つけました。大きさは、アゲハよりも少し小さく、食草はイネ科で主にマダケやアズマネザサなどのタケ・ササ類。樹液によく集まるようですね。見かけると樹冠の方を飛んでいることが多くなかなか写真に撮れませんでしたが、今回はしっかり撮ることができました。

 

 あと一ヶ月もすると冬鳥のシーズンがスタートしますね。来月の観察も楽しみです。

DSCN6237.jpgツクツクボウシの抜け殻

DSCN6248.jpgサトキマダラヒカゲ

ツクツクボウシほか場所.jpg

 82()、「新横浜公園四季折々のいきもの観察会」(協賛:株式会社春秋商事)今年度2回目の観察会を行ないました。

 

 今回は「バナナトラップは魅惑の匂い?夜の新横浜公園探険隊!」と題し、事前に仕掛けたトラップ(罠)に集まる昆虫たちとセミが羽化する様子を観察しました。

 

 講師はNPO法人鶴見川流域ネットワーキング(以下npoTRネット)さんです。

 

 観察に行く前に今回仕掛けたトラップの作り方を教えていただきました。基本の材料は、バナナ・ドライイーストなど。チャック付きの袋を使って空気を抜き、アルコール発酵させるのがポイントです。これでみんなも昆虫が集まるトラップを作れますね。

2019生きもの観察会②_1.jpgnpoTRネット阿部さんより昆虫トラップの作り方についてレクチャー中

 

 みんな説明をしっかり頭に入れて、早速公園内での観察会です。まずは、セミが羽化するポイントに行きました。時間は18時すぎ。日が落ちていないためまだ明るく、セミが羽化するには少し早い時間です。そこで、最初はセミの幼虫と抜け殻探しを行いました。

2019生きもの観察会②_2.jpgセミの幼虫と抜け殻を捜索中

 

 このポイントでは幼虫がまさに地面から出てくる瞬間に立ち会うことができました‼参加者からは「がんばれ!」と声援があがっていました。またアブラゼミやニイニイゼミの抜け殻をいくつか見つけることができました。

2019生きもの観察会②_3.jpg幼虫が地面から出てきています!

2019生きもの観察会②_4.jpgちょうど地面から出てきた幼虫

 

 続いてあらかじめ仕掛けておいた昆虫トラップポイントに向かいます。

・・・とその途中で偶然にもカブトムシのオスに出会うことができました!とても幸先の良いスタートです。

2019生きもの観察会②_5.jpgカブトムシ①(オス)

 

 いよいよ昆虫トラップポイントに到着です。

 

 最初のポイントではカブトムシのオスを1匹見つけることができました!参加者からは「おぉー!!」「ここにいるんだ!!」などの声が上がりました。

 2019生きもの観察会②_6.jpgカブトムシ②(オス)

 

 どんな生きものに出会えるのか期待を持ちつつ次のポイントに向かいました。ここではクロカナブン/シロテンハナムグリ/カブトムシ(メス)×5に出会うことができました!今年はメスではありましたが、前回に続き「カブトムシ大集合!」を観察することができました。

2019生きもの観察会②_7.jpgクロカナブン(「黒い」ですね)

2019生きもの観察会②_8.jpgカブトムシ大集合!

 

 次のポイントに行ってみると、、、なんとノコギリクワガタ(オス)×1/コクワガタ(オス)×2・メス×2/カブトムシ(オス)×1を見つけることができました!!

2019生きもの観察会②_9.jpgノコギリクワガタ(オス)

2019生きもの観察会②_10.jpgコクワガタ(オス)

2019生きもの観察会②_11.jpgカブトムシ③(オス)

 

 今回はカブトムシのオスに合計3匹出会うことができました。

 

 完全に暗くなった20時頃、セミの羽化を観るポイントに行きました。・・・なんとここではセミの羽化する瞬間に立ち会うことができました!!

 

 見渡してみるとあっちでもこっちでも羽化しており例えるなら「羽化のバーゲンセール」でした。子どもたちからは「がんばれ!」「初めて見た!」との歓声があがっていましたが、保護者の方々も夢中になって観察していました。

2019生きもの観察会②_12.jpg羽化しています(※奥でも羽化しています)

2019生きもの観察会②_13.jpg大人も夢中!

2019生きもの観察会②_14.jpg羽化直後(左:アブラゼミ/右:ミンミンゼミ)

 

 次回の四季折々の生きもの観察会は914()開催です。この日は、時間内で何種類生きものを見つけられるか、みんなでチャレンジします。皆様のお申込みをお待ちしております。観察会の様子はまた、ブログで紹介します。

 

 なお、今回観察会のために特別にトラップ設置を行いましたが、普段は無断でのトラップ設置は禁止となっております。また、公園内で捕まえた昆虫は放してあげるなどの配慮をお願いいたします。

観察日 : 2019年 7月30日(火)

場 所 : 園内水路付近

生きもの: アブラゼミ、カブトムシ、オオナガコメツキ、ヤブキリ、ヘイケボタル

記事作成: 阿部裕治(NPO法人鶴見川流域ネットワーキング)

 

 今年は梅雨が長く、夏を待ち遠しく思っていましたが、梅雨が明けたらこの猛暑。早く秋にならないかなと思っているこの頃です。(気ままなものですね。)日中は、暑さが厳しいため、今回は19時くらいから夜の公園を観察しました。

 

 日が沈んだおかげで日中より暑さがやわらぎますが、湿度があり歩いていると汗がじわじわと出てきます。セミの幼虫が地中から出てきていたり、羽化し始めているのもいるだろうと思い、足もとや木の幹、枝葉を確認しながら見て回ると、メタセコイアの葉裏で動いているアブラゼミの幼虫を発見。そこには、抜け殻もたくさんついていました。50分後にまた来てみると、羽化を始めていて体の半分以上が出てきていました。

RIMG2414.jpgこれから羽化するアブラゼミはどれでしょう?(抜け殻は3つあります)

RIMG2450.jpg

50分後、羽化を始めていました

RIMG2394.jpgアブラゼミ 成虫(当日別の場所で撮影)

 

 観察会のために先日仕掛けたバナナトラップの様子も見てみました。暑さで乾燥しているものもありましたが、まだ匂いを発しているトラップにはカブトムシの雌とオオナガコメツキ、ヤブキリが集まっていました。オオナガコメツキは全国的にみられ、樹液に集まってくる昆虫。ヤブキリは成育するに従って木に登ったり肉食性が強まってくるようで、トラップに集まっている小型の昆虫等を狙っているのでしょうか。

RIMG2427.jpgカブトムシ雌(奥)、オオナガコメツキ(手前)

RIMG2422.jpgヤブキリ

 

 7月20日(土)にヘイケボタル観察会(市民活動支援事業)を行い、今年は成虫を15頭ほど観察することができました。それから1週間以上経っているので、1~2頭見れればいいかなと思い現場に向かってみると、、 観察会のときと同じくらいホタルが光っているじゃないですか!数えてみると12頭でした。今年も無事に羽化してくれるか心配でしたが、予想以上に長く出続けてくれていることにとても驚きました。

 

 夜の新横浜公園も生きものの魅力いっぱいですね。セミの羽化は意外と身近な街路樹等でも見ることができますので、ぜひ日中に抜け殻の様子を確認しておいて夜観察してみてください。新横浜公園内は、許可なくトラップの設置はできません。昆虫を採集した場合も持ち帰らずに放す配慮をお願いします。

RIMG6978.jpgヘイケボタル

オオナガコメツキほか場所.jpg

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11