観察日 : 2021年 8月12日(木)

場 所 : テニスコート裏手のスロープ付近、水路周辺、大池周辺

生きもの: ウズラカメムシ、ヒメウラナミジャノメ、シオカラトンボ、ヒメアトスカシバ、アオモンイトトンボ

記事作成: 横山 大将(NPO法人鶴見川流域ネットワーキング)

 

 立秋を過ぎ、暦の上では秋。でも、来る日も来る日も猛暑。本当に秋を感じるのはまだ先だなぁ、と思う今日この頃です。筆者は暑さにめっぽう弱いので、まだ涼しい朝8時前から観察をスタートしました。

 公園内に降りていく道中、スロープ脇の茂みに目を向けるとイネ科植物の穂に1匹の昆虫がしがみついています。これはカメムシの一種、「ウズラカメムシ」です。

CIMG1236 (2).jpg

イネ科植物の穂にしがみつくウズラカメムシ

 

 名前の由来は皆さんもよくご存知、鳥のウズラから。背面の模様や尖った頭部の形状がウズラとそっくりだということでこんな名前になったといわれています。イネを食害するので米農家さんからは嫌われますが、頭でっかちでどことなく可愛らしいカメムシです。

 水路の方に移動してみました。すると早速、茂みの隙間をひらひらと小さなチョウが飛んできました。タテハチョウの仲間、「ヒメウラナミジャノメ」です。花の蜜を吸いにやってきたようです。

P8120544 (2).jpg

吸蜜中のヒメウラナミジャノメ

 

 小さな体と、翅(はね)の裏にある波模様と目玉模様から「姫裏波蛇の目(ヒメウラナミジャノメ)」という名前が付けられたとされています。人によってはこの目玉模様が気持ち悪いと感じるかもしれませんが、ジャノメチョウやヒカゲチョウ類の種を調べるのに大変重要な模様でもあります。目玉模様の付いたチョウを見かけることがあったら、苦手でない方はぜひ、何という種類のチョウなのか調べてみてください!意外と楽しいですよ!

 水面の開けた水路に移動してみると、トンボがたくさん飛んでいます。新横浜公園をはじめ、池のある公園ではよく見かける「シオカラトンボ」です。

P8120615 (2).jpg

葉っぱにとまったシオカラトンボのオス

 

  飛ぶスピードが速いので、どこかにとまってくれるのを待つことにしました。待つこと5分。目の前の葉っぱにとまってくれました!すかさず連写。いつ見ても惚れ惚れするカッコ良さ。複眼の透き通ったブルーも引き込まれそうな美しさです。

 次はクズが茂った水路に移動です。葉っぱの上に何かいないかな~、とゆっくり歩いていたところ、黒と黄色のしましま模様が目に入りました。ハチのように見えたので、遠巻きにじっくり観察してみると「ヒメアトスカシバ」というガの仲間でした。 

CIMG1360 (2).jpg

交尾中のヒメアトスカシバ(左:オス/右:メス)

 

 今回、初めて交尾中のペアを観察できたのですが、オスとメスで体色が随分と違うことに驚きました。ヒメアトスカシバはドロバチ類に擬態しているといわれていますが、オスの方はあまりハチっぽくないですね。もちろん、ガなので刺してくることはありませんので、もし見かけてもそっとしておいてあげてくださいね。

 最後に大池の周辺を観察します。足元を細身のトンボがたくさん飛んでいます。イトトンボの仲間、「アオモンイトトンボ」です。  

CIMG1392 (2).jpg

交尾中のアオモンイトトンボ(上:オス/下:メス)

 

 よく、ハート形に例えられるアオモンイトトンボの交尾を間近で撮影できました。しかしよく見ると何となく違和感が。オスは腹部の第8節が全体的に水色、メスは腹部が全体的に黒色なのですが、2匹ともオスっぽい体色なんです。後で調べたのですが、メスの中には成熟するとオスそっくりの模様になる「オス型」という型が少ないながら出現するそうです。 "生きもの好き"になって20余年、まだまだ知らない事の方が多いですね。日々勉強です。

 今回は多くの生きものを観察できたので、少々長くなってしまいましたが、これでも観察できた生きものたちのほんの一部です。特に昆虫を観察するには最高の時期でもあります。熱中症や新型コロナウイルス感染対策等々、充分な対策をしたうえでフィールドワークを楽しんでください!

map.jpg

新横浜公園メールマガジンにて4月9日(金)~8月13日(金)まで毎週金曜日配信予定の「オリンピックコラム」を記事にしました。今回が最終回です。ぜひご覧ください。

  

19回テーマ:「オリンピックの振り返り」

 東京2020オリンピック競技大会が8月8日に閉会しました。横浜国際総合競技場(日産スタジアム)ではサッカー競技が行われ、男女の決勝戦を含む12試合が開催されました。大会期間中はスタジアム周辺への入場を制限させていただきましたが、迂回にご協力いただき誠にありがとうございました。大会終了後の撤去作業にあたり、8月中は一部通行できない箇所がございます。引き続き、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 さて、ここ横浜国際総合競技場ではこれまで2002FIFAサッカーW杯、2019年ラグビーW杯、そして今回の東京2020オリンピック競技大会と世界三大スポーツの決勝戦が開催されたことになりました。この実績は世界で初めてとなり、世界で唯一のスタジアムとなります。オリンピックでは無観客での開催となりましたが、日本が世界に誇るスタジアムとして、次の大きな舞台で皆さまをお迎えできるよう、引き続き努力してまいります。

 いよいよ8月24日からは東京2020パラリンピック競技大会が開幕します。残念ながら横浜国際総合競技場では競技は実施されませんが、テレビ画面の向こうで活躍する選手たちをみなさん一緒に応援していきましょう。

 

 

 

最新ニュースやイベント情報をメールでお送りします。新横浜公園メールマガジンにぜひご登録ください!

メルマガ登録画像.jpg

ご登録はこちらから!!

新横浜公園メールマガジンにて4月9日(金)~8月13日(金)まで毎週金曜日配信予定の「オリンピックコラム」をまとめて記事にしました。今後も随時まとめていきますので、ぜひご覧ください。

 

第17回テーマ:「明日は男子サッカー準々決勝」(2021年7月30日配信)

 

 明日は男子サッカー準々決勝の4試合が横浜国際総合競技場を含む4会場で行われます。横浜国際総合競技場では、20時から韓国vsメキシコが行われます。準々決勝からはノックダウン方式となり、難関のグループリーグを突破したチーム同士の一層白熱した戦いが見られることでしょう。

 明日、横浜国際総合競技場で戦う両チームは、2012年のロンドン五輪のグループリーグ初戦でも対戦しており、スコアレスドローでしたが、その大会で最終的にメキシコは優勝しました。

 今大会のメキシコは、オーバーエイジの3選手に加え、ライネス、アギーレ、ベガと実力者が揃っており、GKのオチョアは経験豊富で韓国がどのようにゴールをこじ開けるかが注目ポイントです。

 一方の韓国は、グループリーグ初戦のニュージーランド戦には敗れたものの、第2節4-0、第3節を6-0で勝利し、好調をキープした状態で決勝トーナメントに挑みます。どんな試合になるのか、今からとても楽しみです。是非観戦をお楽しみください。

 次回は決勝戦前日の配信ですので、東京2020オリンピック男子サッカーの決勝戦についてです。

 

(参考文献)2021年7月現在

Jリーグ 東京オリンピックマッチレポート:https://www.jleague.jp/match/olympic/2021/072506/recap/#preview

 

 

第18回テーマ:「明日は男子サッカー決勝」(2021年8月6日配信)

 

 本日、このあと21時から女子サッカーの決勝戦、スウェーデンvsカナダが横浜国際総合競技場で行われることになりました。そして明日は男子サッカーの決勝が横浜国際総合競技場で行われます。二日続けてオリンピック決勝が行わることになりました。

 ここまで横浜国際総合競技場では、東京2020オリンピックの男子サッカー、女子サッカー合わせて10試合が行われ、残すは今日と明日の決勝のみとなりました。明日の決勝の対戦カードはスペイン対ブラジルです。

 スペインは、準決勝で延長戦の末、日本に勝ち決勝へと駒を進めました。スペイン伝統のポゼッションサッカーは今大会も健在で、高いキープ力とテクニックで相手ゴールに迫るサッカーは、日本戦でも多く見られました。

 一方のブラジルは、3大会連続の決勝進出で大会連覇を目指します。今大会はここまで3失点と守備陣も非常に好調です。

 決勝戦にふさわしい強豪国同士の注目の一戦。皆さんはどちらが優勝すると思いますか。両チームともに横浜の地で歴史に残る戦いを見せてくれると思うので、皆さん自宅から観戦を楽しみましょう。

 次回は、オリンピックの振り返りです。是非ご覧ください。

オリンピックコラムは新横浜公園メールマガジンにて連載中です。ぜひご登録ください!

メルマガ登録画像.jpg

ご登録はこちらから!!

観察日 : 2021年 7月28日(水)

場 所 : 水路周辺

植 物 : ミソハギ、タコノアシ

動 物 : アブラゼミ、ニイニイゼミ、オオヨシキリ

記事作成: 阿部裕治(NPO法人鶴見川流域ネットワーキング)

  

 連日の厳しい暑さ。熱中症対策で濡れた手拭いを首に巻いて観察をスタートしました。6月下旬のニイニイゼミから、7月中旬になるとアブラゼミの鳴き声が加わり、園内はセミの声で大賑わい。木の幹や枝葉、草にはセミの幼虫の脱げ殻も多く見つかりました。日が沈むと、地中で過ごしていた幼虫は地上に現れ、羽化して成虫になります。アブラゼミは、翅(はね)が伸びきるまで50分ほどかかりますが、とても感動的なのでぜひこの夏に観察してみてください。自宅のそばなどで、抜け殻がある場所をあらかじめ日中に確認しておきましょう。

 

 IMG_0069.jpgIMG_9843.jpg

ニイニイゼミ(左)とアブラゼミ(右)

 

IMG_2410.jpg

アブラゼミの羽化(7月16日、20時前後)

 

 バタフライガーデン近くの水路に来ると、赤紫色をしたミソハギが咲き誇っていました。花は、例年8月末頃まで見ることができます。ミソハギのように目立ちませんが、タコノアシも開花中。花には、たいてい花びらがありますが、タコノアシにはありません。秋になって赤く色づいた姿は、まさにゆでだこのようです。

 

 IMG_9971.jpgIMG_9980.jpg

今年もミソハギが満開

 

s-IMG_9996.jpgs-DSCN9930.jpg

タコノアシの花   紅葉したタコノアシ(10月)

 

  水路沿いを修景池の方にすすんでいくと、オオヨシキリのような声が水路の中から聞こえてきました。初夏に渡来したオオヨシキリは、「ギョギョシ、ギョギョシ、ギョギョギョギョ、、、」といったようにさえずりますが、その声にはまだ遠く、練習中といった感じです。炎天下、鳴き声がするヤナギの木を見ていると、鳥が1羽飛び出て行きました。モズです。オオヨシキリの声真似をしていたモズだったのかと思っていると、再びヤナギから声が。姿を確認するとオオヨシキリでした。この夏に遊水地内で生まれた子でしょうか。秋の渡りまで元気に暮らして、無事に南へ渡って行ってほしいですね。

 

IMG_0017トリミング.jpg

ヤナギの樹冠で鳴いていたオオヨシキリ

 

 

map.jpg

新横浜公園メールマガジンにて4月9日(金)~8月13日(金)まで毎週金曜日配信予定の「オリンピックコラム」をまとめて記事にしました。今後も随時まとめていきますので、ぜひご覧ください。

 

第14回テーマ:「男子サッカー注目選手」

 オリンピックのサッカー競技において出場資格があるのは原則、23歳以下の選手たちです。 ただし、東京2020大会では1年延期となった影響で24歳以下の選手に出場資格が与えられています。これらの選手に加え、オーバーエイジ枠として年齢制限のない選手を最大3人までメンバーに加えることが認められています。

 6月18日(金)、森保一監督よりのサッカー競技(男子)登録メンバー18名とバックアップメンバーの4名が発表されました。横浜F・マリノスからはFWの前田大然選手が選ばれました。前田選手は今シーズンのJリーグにおいて現在得点ランキング5位。全10得点中、横浜国際総合競技場(日産スタジアム)で半分の5ゴールをあげるなど相性も良く、横浜国際総合競技場で日本代表戦が行われる7月28日(水)フランス戦での得点に期待がかかります。

 また、MFの三好選手と久保選手は過去に横浜F・マリノスに在籍、オーバーエイジ枠で選出されたMFの遠藤選手は横浜出身です。ここ横浜で磨いた技術を世界の舞台で発揮する選手にぜひご注目ください。

 次回のテーマは「女子サッカー注目選手」です。お楽しみに。

 

 

第15回テーマ:「女子サッカー注目選手」

 なでしこジャパンの愛称で知られる女子サッカー日本代表。先月、高倉監督より東京2020オリンピック代表メンバーが発表されました。前回のコラムでご紹介した男子サッカーは年齢制限がありましたが、女子サッカーにはありません。過去最高の成績は2012ロンドン大会での準優勝。今回選ばれたメンバーの中でロンドン大会を経験しているのは岩渕真奈選手と熊谷紗希選手の2名。岩渕選手のポジションはフォワード。背番号10番を背負い、得意のドリブルを武器に得点を狙います。熊谷紗希選手のポジションはディフェンダー。チームのキャプテンであり、守備の中心選手としてもチームを統率します。また、ディフェンダーの宮川麻都選手は横浜国際総合競技場がある横浜市港北区のサッカークラブにも在籍していた地元にゆかりのある選手です。熊谷選手とともにディフェンダーとして相手チームの突破を防ぎ、ゴールを守ります。

 ワールドカップ優勝やオリンピック銀メダルなど、世界最高の舞台でも好成績が記憶に新しいなでしこジャパン。勝利を目指す代表選手たちを一緒に応援しましょう。

 次回のテーマは「神奈川県ゆかりの選手やメダル期待選手」です。お楽しみに。

 

 

第16回テーマ:「神奈川県ゆかりの選手やメダル期待選手」

  昨日、横浜国際総合競技場でもオリンピックの男子サッカーの試合が行われ、いよいよオリンピックがスタートしました。

 そんな今回のテーマは神奈川県にゆかりのある東京2020大会でメダル獲得の期待が高い注目選手2名をご紹介したいと思います。

 まず1人目は女子体操競技代表の村上茉愛(まい)選手です。村上選手は神奈川県相模原市出身です。リオ五輪団体4位、翌年の世界選手権ゆかで日本女子63年ぶりの金メダルを獲得している、日本女子体操界のエースです。東京2020大会の代表選考の全日本とNHK杯を制し、本戦でのメダルにも期待がかかります。

 2人目の注目選手は、ソフトボール日本代表のキャプテンの山田恵里選手です。山田選手は神奈川県藤沢市出身です。日本の安打製造機で「女イチロー」と呼ばれ、その名の通り、国内リーグでは首位打者を4度も獲得しています。日本は現在アメリカに次ぐ世界ランキング2位で、本戦でもアメリカが最大のライバルとされています。金メダル獲得には、前回の北京五輪での優勝を経験しているエースの上野選手と山田選手のベテラン勢の活躍と若手の台頭が不可欠だと思います。横浜の地でオリンピック連覇の悲願を達成して欲しいと思います。

 以上、私が選ぶ注目選手2名です。皆さんはどの競技、どの選手に注目していますか。残念ながら多くの競技は現地での観戦はできませんので、家のTVから出場選手に声援を送っていきましょう。

 次回のテーマは「男子サッカー準々決勝」です。お楽しみに。(Y)

 

(参考文献)2021年7月現在

NHK 東京2020オリンピック 神奈川ゆかりの選手: https://sports.nhk.or.jp/tokyo2020/prefectures/kanagawa/athletes/

世界野球・ソフトボール連盟:https://www.wbsc.org/ja/news/japan-unveils-olympic-softball-roster-for-tokyo-2020

公益財団法人日本ソフトボール協会:http://www.softball.or.jp/national/woman/tournament2021/

オリンピックコラムは新横浜公園メールマガジンにて連載中です。ぜひご登録ください!

メルマガ登録画像.jpg

ご登録はこちらから!!

前の5件 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12