芝生観察日記 第101話

芝生観察日記の第百一話です。

令和二年7月29日(水)

<~ Road to 2019&2020 ~>

 

 22日の夜に行われた横浜ダービー後の状況をお伝えします。当日、ブログを書いている時間帯は新横浜公園周辺の上空に線状降水帯が発生して、激しい豪雨の中でした。予報では、試合の時間帯も雨予報でしたが、天気は急速に回復して午後には快晴とまではいきませんが、強い日差しが照り付けて気温、湿度共に上がり、汗ばむ中での試合となりました。超が付くくらい排水性に優れた日産スタジアムのピッチは、急速にウエットからドライに変わっていきました。

①試合前全景.jpg

 当日の芝刈高は、前日に12㎜で刈ったまま迎えました。試合前の表面硬度は81Gm。基準値を若干上回りましたが、コンディション的には全く支障のない範囲でした。

②試合による傷(1).jpg③試合による傷(2).jpg

 試合後は、こんな感じの傷が全体に散乱しました。FC東京戦の時と同様に夏芝特有の傷でした。地表を這うランナー(匍匐茎)をスパイクで引っ掻くイメージなので毛羽立ったように見え、画面上は相当荒れた印象を受けると思いますが、刈込めば綺麗になり、天気さえ良ければ1~2週間で傷は回復します。

④試合後Hゴール前.jpg⑤試合後のメイン側フィールド.jpg

 また、これだけ連日雨が降り、当日も60㎜近い雨が降る中、通常は地盤が緩んで選手が踏み込んだ箇所は凹んで凸凹になりますが、さすがハイブリッド芝は根を補強しているため試合後も表面は滑らかでした。

 試合後の状況はこのくらいにして、ようやく梅雨明けの便りが聞かれるようになりました。あと少しの辛抱です。

 しかし、今年の夏は短そうです。限られた時間を大切に、そして有効に管理に反映させなければなりません。この夏から秋にかけた状態が来夏の状態に繋がります。

⑥サッチング作業(1).jpg⑦サッチングリール(1).jpg

 まずは、梅雨明け前の準備作業です。刈カスの他、病気や日照不足、その他の自助作用で篩い落とされた葉(サッチ)が表面に堆積しているため、サッチングを行いました。サッチが過剰に堆積すると病虫害の温床に繋がるため適宜除去しなければなりません。

 今回は、3連芝刈り機(3連モア)のユニットをバーチカルユニットに変更したタイプの機械でサッチングを行いました。各ユニットにはタングステンチップの刃が付いた45枚のブレードが装着されており、そのブレードが高速回転で芝生を掻き上げて、サッチを除去します。

⑧作業前_加工後.jpg⑨作業後_加工後.jpg

 作業前後の写真です。表層に堆積したサッチの除去だけでなく、芝生の密度も減少しています。夏芝は、適切な時季にランナー(丸で括った部分)を切ることで、そこから新たな芽が出てきます。回収されたサッチは、刈カスと違い茶褐色に枯れた葉なのが分かります。

⑩作業中_加工後.jpg⑪サッチカス(2).jpg

 長梅雨による日照不足と多雨で、芝生が受けているストレスは計り知れません。この時季に更新作業を行うことは、リスクを伴います。燦燦と陽光を浴びる中で勢い良く生育する芝生であれば更新作業後の回復状況も想定できますが、今年のような天候は想定通りに行かない恐れもあります。

 今年は、全国のグラウンドキーパーや芝生管理者さんが苦悩していることでしょう。芝生の管理は、グラウンドキーパーが10人いれば10通りの考え方、管理方法があります。なので、今回このタイミングでサッチングを行うことに悲観的な考えを持つ方がいても不思議ではありません。

 それぞれが管理する芝生を取り巻く様々な環境や条件を熟知する管理者さんが、豊富な経験と知識、技術を持って実施可否の判断をしなければなりません。

 今回の実施可否は、日産スタジアムのキーパーチームで慎重に議論を重ね、このタイミングでの実施を判断しました。勿論良くなるという自信を持っていますが、天気ばかりはどうにもなりません。梅雨明けを切に願うばかりです。

 我々が判断した結果を随時お伝えしていきます。

来週梅雨明けが見込まれますが、今年の梅雨は例年より長いです。

また、長いだけでなく、雨が降る日が多く降る雨量も多くなっています。

植物は太陽の光で光合成をして養分を蓄えますが、今年の梅雨は日射量が少なく、十分に成長できない植物が多いと思います。

 

そんな中、勢いよく成長している植物もいます。

新横浜公園U字橋花壇に植栽しているサンパチェンスです。

 

199U字橋花壇サンパチェンス (2).jpg

水を好むサンパチェンスは多くの水をあげると、その分大きく生長します。

高さは50cmほどですが、まだまだ成長途中です。

夏の暑さにも強く、春から秋まで長い期間、多くの花を咲かせて公園を彩ってくれますが、サンパチェンスは見た目だけでなく、環境浄化植物として、環境にも良い植物です。

光合成をするときに、二酸化炭素を吸って酸素を吐き出しますが、他の植物に比べ二酸化炭素を吸収する量が多いとされています。また、自動車の排気ガスに含まれる大気ガス(二酸化窒素)やシックハウス症候群の原因ともなるホルムアルデヒドを吸収してくれます。

見た目も綺麗で、環境にも良い優れた植物です。環境に良い植物を植栽し、公園としても環境改善に貢献できればと思います。

199U字橋花壇サンパチェンス (1).jpg

梅雨が明けると夏本番になり、猛暑になる日も増えてきます。

こまめに水分補給をして、熱中症に気を付けましょう。

199U字橋花壇サンパチェンス(4).jpg

芝生観察日記 第100話

芝生観察日記の第百話です。

令和二年7月22日(水)

<~ Road to 2019&2020 ~>

 

 外は雨、新横浜上空は線状降水帯の真っ赤な雨雲が通過中で、激しい雨となっています。

 排水性に優れている日産スタジアムのピッチは、これくらいで水溜まりができることはありません。

 昨日、一昨日と久しぶりに晴れ間が覗き、芝生にとっては貴重な陽光となりました。

 たった数時間ですが、このわずかな陽光でも芝生の顔色は上向きます。

 それでも。12日のJリーグから10日が経過しましたが、この間連日の曇り空で必ずと言っていいくらい雨も降り、深刻な日照不足となっています。

①_ピッチ接写.jpg②_跡.jpg

 日照不足は芝生の抵抗力を低下させ、様々な障害が発生します。最たるものが病害であり、懸念していたことではありますが、また新たな病気が発生しました。

 写真のように、円形状の病斑で、「リゾクトニア病菌(Rhizoctonia Diseases)」が原因です。一般的には「ブラウンパッチ」と称されています。日産スタジアムでこれだけ鮮明なパッチを形成したのはあまり記憶にありません。それだけ芝生の体力が低下しているということになります。

 既に、対象の薬剤を散布し、回復に向かってはいますが、天候が回復して芝生が元気にならなければ再び発病します。

 日照不足の影響は、病気だけではありません。12日の試合で傷ついた部分の回復が一向に見られません。通常であれば、晴天が一週間も続けば芝生で埋まってしまうのですが、今は全くです。

③_回復.jpg④_跡.jpg

 この先一週間の天気予報を見ても、晴マークは見られず、梅雨明けもまだ先のようです。記録を取り始めた1951年以降の関東甲信越地方の梅雨入りの平均が6月8日、梅雨明けが7月21日となっています。今年は梅雨入りが6月11日で平均的でした。過去を遡れば8月4日の梅雨明けが最も遅いようですが、今年はそれに匹敵する長梅雨になるかもしれません。問題は期間だけではありません。梅雨の間に降った雨量を見ると今年は各地で豪雨災害が発生していますが、平均的な梅雨の2倍~3倍の雨量となっており、芝生の軟弱化に拍車をかけています。

 今夜、Jリーグ再開後2試合目となるF・マリノスvs横浜FC戦が開催されます。実に13年ぶりとなる横浜ダービー。必然的に激しい試合となることは想像に難くありません。

 今降っている雨も試合までには落ち着く予報ですが、ピッチコンディションはウエットです。ダービーということもあり、きっと芝生も荒れることが想定されます。

 試合当日のブログの割には、両チームに全く参考になる情報ではありませんでしたが、試合後の状況は、また次回報告します。

 

平成8年から始めた芝生観察日記もお蔭様で、サラッと百話に達しました。誰もお祝いはしてくれませんが、見ていただける人がいる限り、引き続き書き綴っていきますのでよろしくお願い致します。

観察日 : 2020年 7月11日(土)

場 所 : バタフライガーデン、大池周辺、第2駐車場ピロティ階段下

生きもの: アオメアブ、シオヤアブ、ハグロトンボ

記事作成: 横山大将(NPO法人鶴見川流域ネットワーキング)

 

 7月ももう中盤に差し掛かろうとしていますが、まだ梅雨は明けず雨の降る日が続いています。長雨の影響で各地の河川氾濫や水・土砂災害の様子が連日報道されています。被災された地域とお住いの皆様におかれましては、一日も早い復興ができることを心よりお祈り申し上げます。

 さて、今日は曇り時々雨の予報。雨続きだったので、観察に行くしか無い!と思いお昼過ぎ、公園に向かいました。公園には到着したものの、風がめちゃくちゃ強いです・・・。この感じだとチョウや鳥は厳しそうかなぁ、と考えながらバタフライガーデンに向かいます。植栽されている花を見ながら歩いていると後方から黄色っぽい色をした20mm後半くらいの大きさの虫が飛んできました。「スズメバチか?」と思いましたが、草の茎に止まったその姿を見るとハチとは全然形が違います。大きな眼、短い触角、毛むくじゃらの体。アブの仲間のアオメアブでした。

 

アオメアブ.jpg

風に飛ばされないように茎にしがみつくアオメアブ

 

 アブとはいっても、このアオメアブをはじめとするムシヒキアブの仲間は皆さんのイメージするような血を吸うタイプのアブとは違い、コガネムシやハチ、トンボといった昆虫をエサとするアブなのです。残念ながらエサを捕まえる様子は撮影できませんでしたが、公園内ではよく見かけるので機会があればぜひ観察してみて下さい。ちなみにアオメアブ(青眼虻)の名前の由来は、眼が青緑色をしているからだそうです。そのまんまでわかりやすくて良いですね。

 あまり近づくと逃げてしまいそうだったので、アオメアブとはここでお別れです。そのまま園路に沿って大池の方へ進みます。大池の周りも随分と草が茂ってきました。そこを歩くと、小さな昆虫がたくさん出てきます。バッタやコオロギの子ども、小型のカメムシやガの仲間、そしてハチ・・・かと思いきや、またムシヒキアブの仲間でした。1日に2度も騙されるとは、なんたる不覚・・・。しかし、先ほどのアオメアブとは少し様子が違います。眼の色が青緑色ではなく、黒っぽいのです。これは、シオヤアブ(♀)のようです。

 DSCN0417.jpg

草の中から出てきたシオヤアブ(♀)

 

 シオヤアブは雌雄の見分け方が比較的簡単なムシヒキアブの仲間です。♀は写真のように腹端が黒っぽくなっていますが、♂は腹端に白い毛束が付いています。♂の白い部分が塩が付いているように見えたことからシオヤアブ(塩谷虻)という名前がつけられたそうです。となると、♀は全然「シオヤ」ではないのでは?・・・まあ、それは置いておきましょう。

 なんだか、アブ特集みたいになってしまいましたが、気を取り直して移動してみます。スケボー広場裏の公園からスタジアムへ上る階段の近くに差し掛かった時、トンボが飛んでいくのが見えたので追いかけてみました。フェンスの向こうに行ってしまいましたが、地面に止まってくれたので写真に収めることができました。ハグロトンボです。

DSCN0431.jpg

ハグロトンボ

 

 イトトンボの仲間と勘違いされることがありますが、ハグロトンボはカワトンボの仲間で、イトトンボよりもかなり大きいです。名前の由来は翅が黒いことから。翅に色がついているトンボって意外と少ないんですよね。公園の横を流れる鶴見川の流域では今から2,30年前、生息数が激減しましたが、最近ではよく見られるようになりました。実際に鶴見川では幼虫(ヤゴ)もよく採れ、繁殖している様子も窺えます。

 梅雨明けはもう少し先になりそうですが、生きものたちは着々と夏に向けての準備を進めています。自然観察に行かれる際には、天候と新型コロナ対策を万全にして、ソーシャルディスタンスを保ちつつお楽しみ下さい!

MAP.png

芝生観察日記 第99話

芝生観察日記の第九十九話です。

令和二年7月14日(火)

<~ Road to 2019&2020 ~>

 

 Jリーグ再開後初のF・マリノスの試合が行われました。

 試合は残念ながらFC東京に苦杯を喫しました。

 当日は、久しぶりに太陽光が差し込む貴重な好転となりましたが、湿度が高く、気温も30℃を超えて猛暑日に迫る汗ばむ陽気でした。しかし、日照不足だった芝生にとっては願ってもない天気となりました。

 ちなみに、分かり辛いですが日照不足による影響を受けた芝生とそうでない芝生の比較をみてください。

①-6月30日(定点).jpg<6月30日> 

2-7月12日(試合前).jpg<7月12日>

 6月末には葉が密集して下地が透けて見えなかったのが、試合当日は葉の密度が減って薄茶色の下地が透けて見え、粗く見えます。我々の業界では下葉を「篩う」とか「落とす」という表現をします。

 これは、日照不足で光合成ができないため、芝生自ら生命を維持する手段として体力の消耗を抑えようと、不要な葉を篩い落とした状態です。つまり薄茶色に見えるのは篩い落とされ、枯れ始めた葉なのです。

 ぱっと見、2/3くらいに減っている印象です。とはいえ、地下茎と根があるので試合には影響を与えません。そして、スタンドから見る分にはゼブラ模様も出て綺麗でした。

③-試合前全景.jpg

 この日、会場の内外で新型コロナウイルス感染症対策が徹底されていました。それは、フィールド内も例外ではなく、選手が触れるゴールポストやコーナーフラッグもスタジアムのスタッフがアルコールで丁寧に消毒を行っていました。

 今後、このような光景がスタンダードにならないことを願うばかりです。

④-ゴール除菌.jpg⑤-フラッグ除菌.jpg

 選手のウォーミングアップが終わり、いよいよ選手の入場です。暗転からいつも通りのトリコロールギャラクシー。スタンドは1階層のみ、アウェー側のスタンドは開放されず、ソーシャルディスタンスがしっかり確保されていました。そこは、DJ光邦さんの声とアンセム以外聞こえない不思議な空間でした。

⑥-試合前ギャラクシー.jpg

 当日の芝刈高は12㎜。夏芝を採用しているスタジアムとしては、この時季の平均か、多少短いかもしれません。ただ、Jリーグ発足当初に比べると全体的に芝生の刈高は低くなった印象です。

 当日の天候は晴れ、芝生面はドライでした。近年、J1チームの多くがパススピードを上げるため試合前に散水を行っています。

 ヨーロッパは勿論、国際試合では当たり前となっていますが、管理上は傷む要因となるので撒きたくないのが本音です。

⑦-散水.jpg

 日照不足で、芝生の密度が減少し、決してベストコンディションではありませんが、冬芝から夏芝へのトランジションを終え、Jリーグの再開に間に合ったということで、一定の手応えを感じました。

 試合後のダメージは、バミューダグラス特有の毛羽立つような傷が散見されました。どれも小さい傷ばかりで、丁寧に砂を入れ、刈込みを行ったら殆ど目立たなくなりました。ハイブリッド芝ということもあり、凹みもありませんでした。

⑧-試合後の傷(1).jpg⑨-試合後の傷(2).jpg

 次の試合は、22日の横浜FCとのダービーです。

 天候さえ安定してくれれば問題なく回復するのですが、この先の天気を見ても厳しそうな予報です。

 日照不足によるストレスを緩和させるサプリ等を撒きながら梅雨明けを祈りたいと思います。

 本来であれば後10日で東京2020が開催される予定でした。近年の天候を考えるとピンポイントで芝生のコンディションを整えることの難しさを実感しています。

 来年の夢舞台を最高の状態で迎えられるように思考錯誤は続きます。

前の5件 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12