芝生観察日記 第83話

芝生観察日記の第八十三話です。

平成30年9月23日(日)

<~ Road to 2019&2020 ~>

 

  9月18日(火)、今年も秋から春に向けた利用への準備として冬芝の種をオーバーシードしました。ハイブリッド芝に張り替えて初となる重要な作業であるとともに、来年のラグビーワールドカップに向けて多くの試験的要素を兼ねた作業です。とはいえ、作業の流れは大きく変わりません。

092301.jpg  まずは、播いた冬芝の種が発芽し易い環境にするためサッチングリールを使って夏芝の密度を梳いて、種が地面に接するようにします。この時、通常はバーチカルモアを使うことが多いいのですが、ハイブリッド芝に代わったことでバーチカルカットを始め、いくつかの作業に制限があるため今回はサッチングリールを使うこととしました。

092302.jpg

   何となく芝生に隙間があるのが判りますか。種の大きさはわずか数ミリなので、これだけ隙間があれば十分です。しかし、冬芝の生育を考えると本来ならもう少しスッキリと梳きたいのが本音です。と言うのも、温暖化の影響か、最近は10月中旬、時には10月末でも30℃近くまで気温が上がることが多々あり、暖地型芝の休眠が遅れる傾向にあります。そのため、オーバーシード後に暖地型芝の勢いが鈍らず、発芽した冬芝の生育を抑制してしまうことがあります。また、オーバーシード後の養生期間が2週間程度しか確保できないため、あまり暖地型芝を梳き過ぎて、傷めてしまうリスクにも配慮する必要があります。このような点を考慮して慎重に作業を計画的に進めます。

   今回のサッチング掛けは、地表面から5mm上げた設定としました。

092303.jpg

 そして、スピードシーダーを使ってオーバーシードを行います。これは毎年の定番です。播種する種は今年もペレニアルライグラスです。播種量も㎡辺り30gと、これも例年通りです。

   来月、10月27日(土)には、来年のワールドカップに向けたテストマッチとして、ニュージーランド代表vsオーストラリア代表という前回大会の決勝戦で対戦した両国による「キヤノン ブレディスローカップ2018」が開催されるため、播種量をやや多めに播きたかったという想いもありますが、今年張替えたばかりのハイブリッド芝の負担を考慮して例年通りの播種量に落ち着きました。

092304.jpg

 そして、播種から5日経過した今日の状況です。2日前に発根を確認し、昨日発芽したと思ったら既に2cm程度に達しました。ツンツンと上に伸びた針のようなライグラスの幼少芽が判りますか。

  スポーツの秋、なかなか理解され辛い冬芝の養生期間。でも一年の内で最も大事な期間なのです。

  来週には陸上の全国統一かけっこチャレンジ2018を経て、本格的にスポーツターフとして使用するのは、10月5日(金)のJリーグ(横浜F・マリノス対コンサドーレ札幌)となります。理想は、一つの種から3葉が出た状態であればベストなのですが。。。

  ようやく芽生えた冬芝の赤ちゃんを丈夫で元気な子に育てていきます。成人するのは来春です。

  また、生育過程を報告します。

 

 明治安田生命J1リーグ第26節浦和レッズ戦翌日の9月17日(月祝)に、日産スタジアム・横浜F・マリノス共催"選手と体験ツアー"を開催しました。今回は「喜田 拓也選手」・「山田 康太選手」を迎えてのツアーです!

 入場してすぐに参加者のみなさまを縦2m・横3.6mほどのデジタルサイネージがお出迎えしました。早速、記念撮影をする方もいらっしゃいました。

0917_選手体験①.jpg 参加者の皆様はVIP席に座り、グリーンキーパーによる芝生のここだけの話に耳を傾けていました。

 

0917_選手体験②.jpg  その後記者会見場に移動し、記者になりきってのインタビューを行ないました。

 

0917_選手体験③.jpg 参加者からは「試合日のルーティン」や「いつ頃からプロサッカー選手を目指していたか」、「結婚願望はあるか」など様々な質問が出ました。

 ここで選手からのサプライズです!じゃんけんをして勝ち抜いた方に選手サイン入りのグッズをプレゼントしました。

 

0917_選手体験④.jpg

おめでとうございます!!

 

 続いてみなさんお待ちかねの選手プレー体験です。喜田選手のリフティングや山田選手のフリーキックを間近で体験しました。最後にP.K対決を行ないました。 

0917_選手体験⑤.jpg

リフティングから・・・

0917_選手体験⑥.jpg

頭にのっけて・・・

0917_選手体験⑦.jpg

背中にのっけて腕立て伏せ!!

0917_選手体験⑧.jpg

立ち上がってリフティング!!!

0917_選手体験⑨.jpg

山田選手のフリーキック

 参加者のみなさんからは選手のプレーを体感するたびに、大きな歓声が上がっていました。

 日産スタジアムでは、今後も横浜F・マリノスと共にスタジアムを体験できる企画を行ないます。実施の際は、HP・メールマガジン等でお知らせしますので、ぜひご参加ください。

新横浜公園インターンシップ日記

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

 新横浜公園(日産スタジアム)では、次世代育成支援と青少年世代との協働の一環としてインターンシップ生や、中学生の職業体験の受け入れを行い当公園の管理、運営に関わる就業体験の場を提供しています。

 今回は、インターンシップに参加された学生の方々の実習日記をご紹介いたします。

 写真1.jpg はじめに、Jリーグの試合のハーフタイム時に芝生修繕作業を手伝わせていただきました。

 芝生がえぐれてしまった所に砂をまき、踏んで慣らすという作業です。

 そうすることにより、元の芝生と絡み合って綺麗な芝生に戻るそうです。

 スタンドやテレビで観ると、そんな荒れていないように感じますが、近くで見ると芝が削れていました。

 ハーフタイムの間だけではすべて修繕できませんでしたが、臨場感のあるピッチに立ててすごくワクワクしました。

 

 芝生のお話では、グリーンキーパーさんのお話を聞いて芝生の魅力にどんどん引き込まれていきました。

 私は、部活動でサッカーをしているのですが、選手が気持ちよくプレーできる環境を整えるグリーンキーパーの仕事も視野に入れたいと思います。

 

 

 次に、フォトギャラリーの作成に携わらせていただきました。

 写真は、展示用の写真を撮影した際に見つけた新横浜公園内にある田んぼです。

 田んぼでは、ボランティアスタッフの方が稲刈りに向けた準備をしていました。

 ボランティアスタッフの方が、育てているお米だそうです。

 お話を聞くと、秋の収穫が楽しみだと笑顔で話してくださいました。

 帰り道には、道端に落ちていたゴミを拾いながら歩く人の姿を見つけました。

 新横浜公園は、多くの方に支えられている公園なのだなと感じました。

 プロスポーツ選手が練習する姿を間近に見ることができたり、自然に触れることが出来る公園は他にないと思います。

 そんな新横浜公園の魅力が伝わればいいなと写真を撮りました。

 撮った写真は、スタジアム内2階通路内の柱に展示されています。

 沢山の方々に見て頂けると嬉しいです。

写真2.jpg

 今年の夏は、2校の学生の方々をインターンシップ生として受け入れ様々な体験を経験していただきました。

 当公園では、子どもたちがスタジアム及び公園の管理、運営に興味を持ち、将来の夢へとつながる契機となることを目指し、今後も積極的に次世代育成支援と青少年世代との協働に取り組んでまいります。

観察日 : 2018年 9月6日(木)

場 所 : 大池

生きもの: ミサゴ、チュウサギ、ジュンサイハムシ

記事作成: 阿部裕治(NPO法人鶴見川流域ネットワーキング)

 

 強風や高潮で近畿地方を中心に大きな被害をもたらした台風21号。その後の公園の生きものの様子が気になり、急きょ観察に行きました。

 亀の甲橋を歩きながら公園全体を見渡していると、小机大橋下流の上空にトビでもチョウゲンボウでもないタカを発見。お馴染みのオオタカだろうと決めつけて見ていると、、、なんとミサゴでした!あまり出会うことのないタカです。ミサゴは魚食性で、獲物を捉える瞬間を期待していましたが、残念ながら期待に応えてはくれませんでした。でもここでは久しぶりに観察することができたため、嬉しい観察のスタートになりました。

DSCN2197.jpgミサゴ

 8月中旬の大池の水面は、ヒシの葉でほぼ緑色でしたが、この半月ほどで茶色に一変しました。一面の茶色にとても目立つ真っ白な鳥が3羽。チュウサギです。(コサギやダイサギもいるため、詐欺にあわないようにご注意を)ここでは、枯れたヒシの上にいる姿が最近の風物詩になってきました。チュウサギは夏期にやってくる鳥で、ヒシは10月に入ると水面から消えてしまうため、この光景を見ることができるのは今だけです。ぜひ、会いに来てください。

DSCN2216.jpg

チュウサギ 目立ちすぎます

 コサギ、チュウサギ、ダイサギは、名前の通り大きさが違います。コサギは、(くちばし)が黒く、あしゆびだけが黄色。写真のチュウサギとダイサギは、嘴が黄色ですが、婚姻色では黒くなります。

コサギ多目的遊水地141209.jpgコサギ

DSCN2235.jpgダイサギ

IMG_1763.jpgヒシはほぼ緑色(8月17日)

DSCN2193.jpg一面茶色になったヒシ(9月6日)

 ヒシを茶色に一変させている原因は、ジュンサイハムシです。ジュンサイやヒシを食草としている昆虫です。葉についている黒っぽいイモムシが幼虫で、葉の表面を食べられると枯れていくため、右隣りのスペード型の葉はまだ幼虫に食べられていないので、青々としているのが分かります。大池にはどれほどのジュンサイハムシがいるのか、ぞっとするような数になりそうで推定するのもこわいですね。

RIMG1028.jpgジュンサイハムシ

ミサゴほか場所.jpg

観察日 : 2018年 8月28日(火)

場 所 : 園内水路付近、メドウガーデン付近

生きもの: ヒメアトスカシバ、コガタスズメバチ、セグロアシナガバチ

記事作成: 横山大将(NPO法人鶴見川流域ネットワーキング)

 

 長いこと猛暑が続いています。そのせいか、今年は例年に比べ昆虫が少ないように思います。やはり、昆虫たちにとっても、今年の暑さは耐え難いものなのかもしれませんね。

 さて、今回はそんな暑さの中でも元気に飛び回っていた縞模様の昆虫をご紹介したいと思います。この日は、暑かったものの曇りがちの天気だったため、昆虫たちが比較的多く出てきていました。公園内の水路周辺を見て回っていると、黄色と黒の縞模様の昆虫がつる植物の葉っぱの周りを飛んでいました。「ハチだ!」と思い、気をつけながら近づいて、じっくり観察してみると何だか様子が違います。 

180828_ヒメアトスカシバ.jpgヒメアトスカシバ

 模様はスズメバチやアシナガバチにそっくりですが、触角の形や脚の毛の量、顔つき等々が大きく違っていました。これは、ヒメアトスカシバというスカシバガの仲間のです。ハチの仲間に擬態して、天敵から身を守っているため、このような見た目だと言われています。見つけてしばらく、カメラを構えて近くにいましたが、羽音も「ブーン・・・」と低い音で、ハチそっくりで、大変驚きました。驚いて見ている私を尻目に、ヒメアトスカシバは、水路の奥の方へと飛び去っていきました。

 擬態の素晴らしさの余韻を感じつつ公園内を歩いていると、今度もつる草に昆虫が集まっています。花が咲いていたので、花粉や蜜を食べに来ていたようです。すると、「ブーン・・・」という低い羽音が聞こえてきました。「またヒメアトスカシバかな?」と思い振り返ると、今度は本物のハチでした。しかもコガタスズメバチとセグロアシナガバチの2種類。おっとっと・・・。

180828_コガタスズメバチ.jpgコガタスズメバチ

180828_セグロアシナガバチ.jpgセグロアシナガバチ

 コガタスズメバチは「小型」とはいえ、日本ではわりと大きなスズメバチの仲間です(オオスズメバチとくらべて小型という意味ともいわれています)。これから秋にかけては、気が荒くなることがあるので注意が必要です。セグロアシナガバチは、日本国内では最大級のアシナガバチの仲間で、都市部の公園や緑地でも普通に見られます。どちらも刺すので、怖いといえば怖いですが、基本的にはこちらからちょっかいを出さない限りは刺してきませんので、ご安心を。ハチがいたら、あわてず、静かにその場を立ち去るようにしましょう。

 これから涼しくなると思いますが、生きものたちはまだまだ元気に活動をしています。身近な自然に目を向けて、フィールドワークをお楽しみ下さい!

ヒメアトスカシバほか.jpg

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11