観察日 : 2020年 5月27日(水)

場 所 : 水路、大池など

生きもの: オオヨシキリ、アオサギ、スッポン

記事作成: 阿部裕治(NPO法人鶴見川流域ネットワーキング)

 

 季節は春から初夏へ。草木の緑は濃さを増し、ずいぶん茂ってきました。公園内の水路に生えているアシやオギもこの1ヶ月で大人の背丈ほどに伸びています。この時期の植物の成長は本当にあっという間ですね。

1.jpg2.jpg

水路の植物の様子    4月23日    →    5月27日

 

 スケボー広場付近の水路に近づいてくると「ギョギョシギョギョシ」という大きな声が聴こえてきました。夏鳥のオオヨシキリです。今年も無事に新横浜公園に渡来してくれました。アシ原の中からヤナギの木が突き出て生えており、その辺りから鳴き声が聴こえます。しかし、目視や双眼鏡で探しても姿はなし。しばらく様子を伺っていると、アシがガサガサっと動き、葉の隙間からオオヨシキリが見えました。フィールドスコープをあわせているうちに、飛んでしまいましたが、そばにあるメタセコイアの上の方にとまり、難なく撮影成功。

 新横浜公園では、水路の一部にオオヨシキリエリアを作り、一昨年は巣を1つ、昨年は2つ確認することができました。今年も巣作りに期待したいです。(参照:生きもの観察日記323

3.jpg

オオヨシキリ

  

 続いて大池に向かうと、水面にはヒシが点々と出始めてきていました。昨年の夏はヒシが覆っていない場所が割と広く見られましたが今年はどうなるでしょうか。今日はアオサギが多く、アメリカザリガニを捕食する場面も撮影できました。

 4.jpg

大池  水面にポツポツとヒシが見られます。

5.jpg

アメリカザリガニを捕食するアオサギ

  

 双眼鏡で水辺を流し見ていると、水際に灰色っぽいツルッとしたような物体を発見。みなさんは何だと思いますか?過去に見ているあの生きものだと確信はあったものの、しばらく見ていても全く動かず、だんだんと確信への疑いが大きくなってきました。じりじりとした暑さとも闘い10分程たったとき、ズルズルっと物体が動いて水の中へ。灰色の物体は、確信通りスッポンでした。

 今回は、オオヨシキリ、スッポンと忍耐戦が続きましたが、これからの暑い季節は要注意ですね。緊急事態宣言が解除されましたが、再度コロナウイルスの感染が広がらないよう、ひとつひとつの行動に注意し、熱中症にも十分気をつけて観察を楽しみましょう。

 

6.jpg

ツルッとした感じのこの物体はなんでしょう?

  

7.jpg

スッポンでした!

map.png

芝生観察日記 第95話

芝生観察日記の第九十五話です。

令和二年6月3日(水)

<~ Road to 2019&2020 ~>

 Jリーグの再開日程が発表されました。

 日産スタジアムでは、2月23日に開催された開幕戦以来、新型コロナウイルスが猛威を振るい、政府による感染拡大防止策として緊急事態宣言が発出されたのを受けてJリーグも開催を見合わせていました。

同時に、東京2020オリンピックも延期となり、日本だけでなく世界中で外出自粛を余儀なくされています。

 しかし、Jリーグが無くても、オリンピックが無くても芝生は伸びます。そして、いつ再開されても選手が最高のパフォーマンスができるように芝生の管理に滞りはありません。

 とはいえ、緊急事態宣言下で不要不急の外出が制限されていたため、我々の出勤も交代勤務となり、ひたすら冬芝から夏芝へ移行させるトランジション作業を厳選して行いました。

1_2月23日ガンバ戦.jpg

 昨年のラグビーワールドカップで傷んだピッチも、2月23日の開幕戦は見事に冬芝に覆われて濃緑の緑で美しいピッチに回復しました。

 当初は、この試合の翌日から7月23日に行われる予定だった東京2020オリンピックのサッカー競技に向けて緩やかにトランジション作業を進めていく予定でした。しかし、Jリーグが中断し、再開の見込みが立たない情勢となったため、急遽計画を変更して強制的なトランジション作業をすることとしました。

 判りづらいと思いますが、2月末から5月末にかけて月毎の芝種のトランジション状況をお見せします。

2_2月メイン全景.jpg2_2月北コーナー接写.jpg

2月末 メインスタンド2階部より全景   芝生接写

3_3月メイン全景.jpg3_3月北コーナー接写.jpg

3月末 メインスタンド2階部より全景   芝生接写

4_4月メイン全景.jpg4_4月北コーナー接写.jpg

4月末 メインスタンド2階部より全景   芝生接写

5_5月メイン全景.jpg5_5月北コーナー接写.jpg

5月末 バックスタンド2階部より全景   芝生接写

 2月の段階では殆どが冬芝でした。3月にはトランジション作業や気温の上昇により少し夏芝が芽を出し始めます。4月になると過去に経験のない作業にチャレンジした結果、冬芝が衰退して夏芝が目立つようになりました。そして、5月になると初夏のような気温と強い日差し、そしてこれも初めての試みとなるシートによる保温やアンダーヒーティング稼働という例年はできない取組みによって夏芝が急激に拡がり始めました。

 写真では伝わり辛いのですが、冬芝から夏芝に移行する経過で、緑度の濃淡があるの判りますか。

 ここからはどんな作業をしたのか、トランジション作業の様子をご紹介します。

6_2月27日コアリング(2).jpg6_2月27日コアリング2.jpg

 2月末に行ったコアリングです。外径26㍉(内径17㍉)とかなり太い穴を抜きました。12月、1月に続いての実施です。カーペットタイプのハイブリッド芝にはNGと言われているのですが、我々が抱える課題をクリアするには、、、、色々賛否はありましたが思い切ったチャレンジをしちゃいました。

7_2月バーチドレン.jpg7_3月苗補植.jpg

 お馴染みのバーチドレン掛け(左)は、グラウンドが硬いと評されるハイブリッド芝の硬さの改善、発根促進のほか、透水性も改善します。3月には、例年5月、6月辺りに実施している夏芝(セレブレーション)の苗植え(右)を行いました。ティフトン419の苗に比べ、茎が太いため作業も思考錯誤でした。

8_2月シート.jpg8_4月シート.jpg

 そして、シート掛けです。2月から5月初旬まで殆どこのシートに覆われていました。我々もピッチ全面を見る機会がなかなかありませんでした。通常は、11月から2月くらいまで、冬芝を霜や凍結から護るために設置するものですが、今年は、夏芝の萌芽と成育を促進させ、トランジションを早期に進めることが狙いでした。3月、4月になると気温が上がり、シートの下で芝生が蒸れて病気が出るリスクも承知の上で、必用な対応をして臨みました。

9_5月目砂散布.jpg

 5月には、夏芝の地上茎(匍匐茎)を伸ばすため目砂散布を2回実施しました。ハイブリッド芝にはNGなのですが、夏芝特にセレブレーションの生育を調整する上で目砂は有効とされています。この辺りが難しいです。

10_5月匍匐状況.jpg

 そして、これが現状です。冬芝は殆どなくなりました、夏芝が地上茎(ランナー)を伸ばして密度を増やしています。夏芝は、地上茎(ランナー)と地下茎(ライゾーム)が幾層にも重なりあってマット状のクッション層を形成して強く、弾力のある芝生になります。今はまだ、絶対数が足りず、下の砂が透けて見えます。

 現在芝の刈高は10㍉。冬芝が優先している間は、ゴルフ場のグリーン並みに8㍉で刈っていました。

 Jリーグの再開が7月4日に決まったので、残り1か月で完全な状態に仕上げていきます。

 懸念されるのは、梅雨入りです。強い日照と25℃以上の気温が必須な夏芝にとって、日本の梅雨は決して生育適期とは言えません。この先は、シート掛けやヒーティングも使えないため日常の管理でベストを尽くしていくだけです。

 ACLや開幕戦のほか、この間に及ぶトランジション作業など芝生観察日記でお伝えしたい情報は山ほどありましたが、緊急事態宣言下で、様々な場面で自粛が求められていたので書き出しては止め、の繰り返しでお蔵入りも何話かあります。しかし、東京2020オリンピックに向けた芝生作りは我々の記憶だけで留めておくのはもったいない。是非みなさんにもお伝えしたいと思い、Jリーグの再開が決まったことを機にまとめてお伝えしました。

 スタジアムのお問い合わせフォームに、芝生観察日記のアップを望まれる声も寄せられました。「こんな時だからこそ芝生の生育具合を見て、心を穏やかにしたい」大変励まされました。

 引き続き、報告していきますね。次回をお楽しみに。

観察日 : 2020年 5月8日(金)

場 所 : 水路、バタフライガーデン、テニスコート付近

生きもの: クワコ(幼虫)、ジョウカイボン、ベニシジミ

記事作成: 横山大将(NPO法人鶴見川流域ネットワーキング)

 

 緊急事態宣言が5月末まで延長され、室内で過ごす時間が更に増えることとなりました。なかなか外に行けず、自然観察が好きな方の中には室内で過ごすことに、そろそろ飽きてきた方も少なくないでしょう。そんな方の暇つぶしに一役買えたら・・・と考えながら毎月記事を書かせていただいています。今月号もよろしくお願いします!

 5月に入ってから気温が高い日が続いています。そのためか、公園内の昆虫たちの数も増えているようでした。水路沿いを歩いていると、ツヤツヤした葉をたくさんつけたクワの木が生えていました。その葉をよく見ると、薄いベージュ色のイモムシがちらほらとついていました。「クワコ」の幼虫です。

 クワコ幼虫.jpg

クワコ(幼虫)

 過去の記事(生きもの観察日記316号)でも登場してもらったガの仲間のイモムシで、毒はありませんのでご安心ください。前回は1匹だけしか見つからなかったのに対して、今回はざっくりと見ただけでも10匹ほど見つかりました。名前の通り、クワの葉を食べて成長します。クワの葉を食草とするガ類で有名なものといえばカイコですが、これは絹糸を取るために「クワコ」を家畜化したものだと言われています。なので「クワコ」はカイコの野生種ともいえます。機会があれば「クワコ」とカイコの体型や顔つきを比較してみてください。

 さて、多くの人が行き交う公園内。イモムシを愛でて10分余りですが、すれ違う人から怪訝そうな目を向けられ始めたので、移動します(確かに大柄な男が小さいイモムシにず~っとカメラを向けていたら怪しいですもんね・・・)。今度はバタフライガーデンにやってきました。様々な花が植栽されていますが、今日は風が強くチョウ類はあまり見られませんでした。そんな中、ふと足元を見てみるとカミキリムシのようなスレンダー体型の昆虫がいました。「ジョウカイボン」という名前のコウチュウの仲間です。

 

ジョウカイボン.jpg

ジョウカイボン

 

 自然観察会などで参加されたお子さんたちがよく「カミキリムシ捕まえたー!!」と言って持ってきてくれるのですが実はこれカミキリムシとは遠い仲間で、何に近いかと言われればホタルに近いんです。といってもお尻が光ったりはしません。前翅(ぜんし)が青緑色のものはアオジョウカイ、真っ黒なものはクロジョウカイと、割と多くの種類がいます。その中でも最もよく見かけるのはこの「ジョウカイボン」です。名前の由来については諸説あるようですが、「ジョウカイボン」は「浄海坊」と書き、これは歴史の教科書に出てくる平清盛のことで、平清盛が高熱で亡くなっており、原因が毒なのではないかというところから結び付けられた名前だそうです。しかし、「ジョウカイボン」には毒がなく、よく似た見た目で体液に毒を持つカミキリモドキの仲間と間違えてつけられたとされています。でも、カミキリモドキの体液も触れば水ぶくれや炎症は起こしますが、ちょっと触ったくらいで致死量というような猛毒ではないので安心してくださいね。ただ、触ったら手を洗いましょう。

 「ジョウカイボン」についての文章が長くなってしまいました。最後に、よく見かける小型のチョウ類「ベニシジミ」がテニスコートの近くにいたので、写真を撮ってみました。

ベニシジミ.jpg

吸蜜(きゅうみつ)するベニシジミ

 

 このチョウは近づいてもなかなか逃げません。色合いがオレンジと茶色、グレーといった配色のため、昆虫の苦手な方からドクガの仲間と勘違いされてしまうこともありますが、この「ベニシジミ」には毒どころか我々に害を与えるようなことはしないので、あまり邪険にしないでやってくださいね。

 生きものたちの動きもかなり活発になってきました。観察に出かけたいのはやまやまですが、不要不急の外出は控え、手洗い・うがいをしっかりしてなんとかこの状況を切り抜けましょう。

map.png

サクラソウ前線65

さいた!サイタ!!桜草が咲いた!!!

皆さん覚えてますか?

小机小学校の6年生が「桜草」の芽を

植裁してくれたことを...

1setsumei.jpg2sagyou.jpg

あれから、あっと言う間に数か月が過ぎて

大変 お待たせいたしました

3sakurasou.jpgついに咲きました「桜草」

どうです!この可愛いらしい

よそおい... そして

子どもたちの気持ちがこもった 

華麗で堂々としたたたずまい

とても素敵でしょ(ウン!)

 

残念ながら、今年はあまり観る機会が

ないかもしれませんね... 

         

それでも、新横浜公園の名物として

もっともっと定着させて

多くの皆様にお披露目できるように

「これからも子どもたちと一緒に

頑張っていきたい」 

と思っています。応援してくださいね

 

 桜草...学名で「プリムラ・シーボリティ」といいます。サクラソウとカタカナで書くときは野生種(昔から日本に自生していたもの)、平仮名のときには人の手によって作りだされた園芸種をいいます。

「小机」という希少な野生種もあり、公園ではその保存にも寄与しています。

4map.jpg1号水路、3号水路の辺りで見られます。

 

観察日 : 2020年 4月28日(火)

場 所 : 大池、水路付近

植 物 : ハルジオン、オオジシバリ、ユウゲショウ、サクラソウ、ハナウド

動 物 : ツグミ、スズガモ、ハシビロガモ、コガモ、オオバン、セイタカシギ

記事作成: 阿部裕治(NPO法人鶴見川流域ネットワーキング)

 

 外出自粛により、室内で過ごす時間が多くなると、気温を肌で感じる機会が減り、季節の変化を感じることも少なくなりますね。前回の観察から約1ヶ月、サクラは葉桜になりましたが、足もとの野草はたくさん花を咲かせていました。

 

1ハルジオン.jpg

一面に広がるハルジオンの花

2オオジシバリ.jpg

オオジシバリ(キク科)

3ユウゲショウ.jpg

ユウゲショウ(アカバナ科)

 大池の岸辺はハルジオンのお花畑。他には、タンポポに似たオオジシバリやマツヨイグサの仲間のユウゲショウなどが見られます。遊具広場近くの水路では、サクラソウが咲いていました。「新横浜公園に桜草の水辺をつくろうプロジェクト」として横浜さくらそう会さんが主体となって10年以上活動されていたものを、昨年度より小机小学校さんが主体となり、地域のみなさんと協力してお世話をされています。

 4サクラソウ.jpg

サクラソウ(サクラソウ科)

 

 野球場そばにあるバタフライガーデンの裏手は、大人の背丈以上に成長したハナウドが白い花を咲かせて満開の様子でした。鶴見川の上流域から下流域にかけての川辺でも同様にハナウドを見ることができます。セリ科の植物で、キアゲハの食草になっています。

 5ハナウド.jpgハナウド(セリ科)

白い小さな花をたくさん咲かせます。

 大池の野鳥は、この冬も多くのカモの仲間などがやってきて賑わっていましたが、100羽以上いたオオバンは30羽ほど、冬鳥のカモの仲間はスズガモとハシビロガモ、コガモが数羽のみで、種類も数も大分減っていました。広場の方では、ツグミを6羽見かけました。これらは冬鳥ですので、今シーズンはこれで最後になるでしょう。繁殖を終えて来シーズンやってくるまでのしばしのお別れです。

6オオバン.jpg

オオバン(クイナ科)

7スズガモ.jpg

スズガモ(カモ科)

8コガモとハシビロガモ.jpg

コガモ(カモ科/左)とハシビロガモ(カモ科/右)

9ツグミ.jpg

ツグミ(ヒタキ科)

 

 別れもあれば出会いもあり。春は旅鳥に出会える季節でもあります。旅鳥は、春と秋に渡りで日本を通過する鳥で、シギやチドリの仲間が代表的です。大池でカモやオオバンの様子を観察しているとスリムで足の長い鳥が飛来して対岸で着地。セイタカシギでした。本種は、旅鳥または留鳥で、東京湾岸では繁殖記録があります。旅鳥で通過中の個体か留鳥の個体かは分かりませんが、やってきてくれたことが嬉しいですね。

 5月上旬になると夏鳥のオオヨシキリが渡ってきます。水辺のアシ原などで「ギョギョシ、ギョギョシ」という特徴的な大きなさえずりが聴かれます。次回の観察日記に登場するかご期待ください。新型コロナウイルスの感染を広げないよう、野外でも密集、密接、密閉(テント等)の状況をつくらないよう気をつけていきましょう。

10セイタカシギ.jpg

セイタカシギ(シギ科)

長い足が特徴なのですが、半分以上が水中に入っています。

map.png

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11